ゴッホ展へ急ぐ

財布の中に入れていたゴッホ展のチケット、
会期は日曜までと知る。
a0219573_20110600.jpg
うわっ、
今日しかない。


というわけで、歯医者の予約を取り消して出かけました!

最終週、休館日の翌日。
しかも良い天気。
予想以上に混んでいました。



私は音声ガイドを借りる派。
特に今日のように混雑しているときは、イヤホンつけている方が集中できます。
ナビゲーターは常盤貴子さん。
音楽はフォーレやドビッシー他でした。
音声ガイドが無いと人の流れに流されてええ加減に見終わってしまうのです。




ああ、それにしても、
入場料の高いこと!
a0219573_20113486.jpg
半年先まで観に行きたい展が多数あり、これは困った困った。

今日も水筒にお茶を淹れて、鑑賞後のカフェタイムはがまん。





a0219573_20120535.jpg
国立近代美術館からの眺め
いつ来てもここで
写真を撮りたくなります。
ジオラマみたいです。


コレクションギャラリーも同一チケットで行けます。
大正期の日本画や
河井寛次郎、バーナードリーチなど比較的近い昔の暮しが垣間見られるような作品も並んでいます。


売店で、
a0219573_20121996.jpg
ひまわりの種、買いました。
なんのことやらという買い物ですが、

お嫁さんがひまわりが好きなので!
しかもゴッホの絵のようなひまわりと言っていたので。

咲いたらええなあ~


今週末は、これまた興味津々の「美しい暮らしの遺産、豪商の蔵」展、
ひな人形の展が博物館で。


夏には横山大観もやってくるし、
モーリス展というのもあったな。

美術館の近くに住みたい。。。





by marrone-marrone | 2018-02-27 21:13 | 京都おでかけ | Comments(0)

女子会和食

今日はちょっと女子会。
社会人時代の同期四人でお昼ご飯です。


京都の街中にある比較的新しいホテル、
「ホテルモントレ京都」の「随縁亭」
a0219573_21255545.jpg
白木のお重で運ばれてきましたが下段が一番小さく、
積み重ねると末広がり、モダンで洗練された三段のお重です。

喋っていたらその美しいフォルム、撮り忘れました。



a0219573_21260414.jpg
先附、
蟹と蕗と湯葉の。。忘れました
蕗の香りが口の中に広がって春を味わえます。


a0219573_21263284.jpg
おつゆは、
お初の筍と揚げ麩やら木の芽の。。。
木の芽の香りがこれまた春を感じます。



何食べた、これ食べた、あれたべた~
って、自分が食べてへんのに写真だけ見せられてもなんにも楽しいありませんね?
すいません。

久しぶりに夫留守番でお出かけ嬉しかったんと、
若かった時の友人と食事すると聞くこと話すことに忙しくて
何を食べたのか覚えてないのです。。

けれど、お料理も器もお値段も、そして立地も良心的だと思ったのでアップしました。

烏丸六角街歩きに便利です。
よろしかったらお出かけください。


a0219573_07372896.jpg
デザート。
最中の中はチョコのアイスクリームでした。

お品書き。。持って帰ればよかったのに、
それも、
忘れました!

あの頃の私たちは、各国料理いろいろ食べに行っていましたが、年を重ねて和食になってます。
そして、会話の内容も年をとってきました。
健康、年金、孫、エトセトラ

別れ際は「またね~、一年後!元気でいよな~」



このホテル、街中にあって地下1000メートルから湧き出る天然温泉があるそうです。





by marrone-marrone | 2018-02-25 22:14 | 京都おでかけ | Comments(2)

お雛さん

お雛さんを出しました。
と言っても飾るスペースのない娘に代わって実家である我が家で飾っています。


亡き父は、孫娘の誕生を喜んで
初節句にいろいろ見て回り中京の人形店で買ってくれました。
大事にしないといけないという気持ちは、年をとるほどに深まります。




a0219573_21464552.jpg
昔、自分のお雛さんと言えば、
たまたま抜けたお顔を差し替えて遊んでいました。
叱られました。

今、さすがにそんなことはしていませんが、
新たにしていることと言えば、片付ける時に便箋一枚一緒に入れます。

a0219573_22194170.jpg
そこにはこの一年間にあった子供の変化と自分の気持ちを書き記しています。

一年に一度開ける箱。
そこに入れておけば一年後に読み返せる。
そして、子供のささやかな成長に改めて気づき来年に思いをはせるというわけです。





a0219573_22275219.jpg
まあ、毎年笑ってばかりもおられずに、
泣いたり怒ったり、でした。



a0219573_21472194.jpg
(女官の方が美人だな。)






今年は、片付ける前に
a0219573_22343112.jpg

壊れたものを自分で直してみようと思っています。


そんなうまいこといかへんかもしれませんが、やってみよ!













by marrone-marrone | 2018-02-24 23:01 | ひとりごと | Comments(4)

工作順次完成

a0219573_14214512.jpg
工作が順次完成してきました。


a0219573_14224301.jpg
果物の保護ネットはひまわりになりました。



a0219573_14233356.jpg
海の中も走れる車ということで、魚を描きました。


銀色のスプレーペイントをすることで空き箱などのロゴが消えるので、
形を意識して、新たに彩色しやすくなります。


a0219573_14263753.jpg
個性と個々のこだわりがあって、今日はお迎えのお母さん、お待たせしました。


使用したアクリル絵の具が洋服を汚すこともよくあります。
気づいたらすぐにつまみ洗いをして、
a0219573_14322237.jpg
いいお天気だったので干しました!


私のエプロンで続きをやってもらいました。



by marrone-marrone | 2018-02-24 14:37 | 子どもアトリエ | Comments(0)

平日の街歩き

京都の街中歩きはやはり平日がいいでしょうか。。

土日祝日定休の商店や会社が平日は開いている。
昨日見つけたのは、

a0219573_19432698.jpg
「みつはし陶舗」

美術割烹食器専門店ということですが、小売りもしています。

中に入ってみました。
確かに料理屋さんに出てきそうな京焼の器も並んでいます。
そこそこのものから逸品ものまであります。



私はコーヒー一杯我慢して。。。。
a0219573_20015921.jpg
これを買いました。
小振りの抹茶碗サイズ。
ひとつ250円です。
白磁の色が深川製磁の白と似ています。
いい作りです。

手に持った瞬間、
愛しのどら焼きモチーフを描こう!と思いました。


「どら焼き」を描く、
この時点でやっぱりお値段もかわいくないといけませんから。
歩いているだけで出会ってしまう、
平日の街歩きは楽しいです。



ほんまに「どら焼き」描きますし。


by marrone-marrone | 2018-02-22 20:17 | 京都おでかけ | Comments(0)

「スノードン山の残照」。ターナー展へ出かける

a0219573_07394794.jpg
今朝の空です。




小野竹喬の絵を思い浮かべます。
a0219573_07422264.jpg
1999年開催の没後20年記念展の図録より
「残照」


日本画の竹喬の描く空、
水彩のターナーなら今朝の空をどう描くんだろう。。




昨日ターナー展へ行ってきました。
a0219573_22124784.jpg
気になった一枚は「スノードン山の残照」


ひと通り鑑賞した後は、気になった一枚の前まで戻ります。
二度と会うことのない作品を十分記憶して帰りたいと思います。

そして、いつか見る風景にあの時のターナーの絵を思い重ねて愉しむ。。。
ということです。





展が開催中の文化博物館から高倉通りを歩いていたら新しいお店が出来ていたり、
a0219573_07585549.jpg
自家製粉の米粉で焼いたバームクーヘンの店

ちょっと覗いてみました。
ターナーの「スノードン山の残照」の感動が薄れてしまいそうな食欲と好奇心に蓋をして、
見るだけで店を出ました。


入ったら買わなあかん
という思いは、おばちゃんになったら無くなりました。



by marrone-marrone | 2018-02-22 08:07 | 京都おでかけ | Comments(0)

ヒヨドリのピンチ

午後、帰宅して暫くすると、
けたたましいヒヨドリの鳴き声が。

庭を見ると、




a0219573_19481557.jpg
この中にヒヨドリが体をくねらせて動かなくなっている!




急いでシリコン手袋と軍手をはめて庭に飛び出しました。
リンゴを食べるうちに出られなくなったのか、
体が入りきれなかったのか。


「待っててや!今、はさみ持ってくるから生きててや!」

目は開いている。
でも、飛べるかわからへん!

けたたましい鳴き声はこの子ではなく、近くの樫の木に止まっているもう一羽のヒヨドリです。
必死で励ましていたのか。
私には鳥のことはよくわかりませんが、仲間の異常を知らせている!なんと愛おしい!
なんとかしたげなあかん!
必死です。


夫が時間をかけて小細工した紐をプチン、プチン!
「こんなことするしや!!」もう怒っている。
が、放置したからには私も共犯者だ。
早くしなあかん
暴れたらあかんよ!羽根が折れる。。。
そっと、そっと。。

と?
ヒヨドリ、かしこい!
私が全部切り終える前に見事に脱出した。飛んだ、飛べた!


そして、胸が痛んだ。
可愛いからとメジロだけがリンゴを食べられるように小細工をしたりして。。。

a0219573_20293624.jpg
ヒヨドリだって欲しいんや。
メジロに比べたら厚かましいし、センスない配色であまり可愛くはないけれど、
えこひいきするなんてナンセンス。


帰ってきた夫に早速今日の大事件を報告。

もう細工はしません!
と言いました。


もっと広い心で。






by marrone-marrone | 2018-02-20 20:58 | ひとりごと | Comments(0)

直売所の花


鉢植えのヒヤシンスは頭が重く、倒れそうになっていたので切り花にしました。
a0219573_17491327.jpg
糀を買いに行った帰り道、
直売所でキンセンカを見付けました。

春を告げる太陽のような陽気な花。



街ではお高い枝ものも直売所ではお手軽に手が出る。
a0219573_17445980.jpg
かわいそうに、
白い背景に白い梅とは。
置き場所、変えよ。



キンセンカには青虫がくっ付いてきました。
食べられるかも?
そう思えるほど美味しそうな葉っぱ。



a0219573_18122107.jpg
でも、
枝ものには躊躇いもある。

元の木の姿、
枝を切られてどうなってるんだろう。

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」とも言うけれど、
喜んで買っておいて気になった。


by marrone-marrone | 2018-02-19 18:29 | ひとりごと | Comments(0)

お味噌作り2018

a0219573_21195127.jpg
糀を買いに行きました。



a0219573_21205199.jpg
高速に乗って30分。




a0219573_21251420.jpg
糀を作る農家。
昨年、このあたりに熊が出たと聞きびっくり。
a0219573_21274490.jpg
室の中で育つ糀、

もし私の作るお味噌が美味しいなら、
それは糀がいいから。
糀が味を決めている気がする。


糀をつまみ食い、
美味しい!


a0219573_21314354.jpg
大豆をつまみ食い、
美味しい!


a0219573_21325522.jpg
今年は、少な目の6キロ。



途中お昼寝から起きた夫が手伝う。
春の前の年中行事が無事終わりました。


間違っていなければ、31回目。
幼稚園、小学校のママ友と、
父や母と、
子供たちと、
いろんな人と作ってきた。

あの時はこうだったとか、
あんな話をしながら作ったとか、
思い出しながら、新聞紙で蓋をしてきりっとひもで縛るとほっとするんです。

毎年繰り返せることが年々喜びになってくる、そんなお年頃になりました。


by marrone-marrone | 2018-02-18 22:27 | 食べ物 | Comments(2)

夫とヒヨドリの知恵比べ

ヒヨドリ来なくていい。
メジロちゃんだけ来てほしい。。。
そんな夫が創意工夫の末、改良(?)した、

a0219573_19551208.jpg
エサ入れは、
数分後にヒヨドリに突破されました!



あれから一週間。
夫は更に改良型を制作。

a0219573_21035477.jpg
と言っても、
ハンギングバスケットを二つ合わせた、というもの。
これはいいわ!と思ったのも束の間。


a0219573_21065325.jpg
引っ張り出されて、
そして、食べられている。






a0219573_21092524.jpg

夫の手も借りたい、
今日はお味噌の仕込みの日。

そうやのに、エサ入れに夢中になった後お昼寝したはる。。。
仕方ないし、一人で作り始める。。。。


by marrone-marrone | 2018-02-18 21:17 | ガーデニング | Comments(0)