<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

箱根

箱根で見つけた愉快な造形!


a0219573_21020511.jpg
a0219573_21021866.jpg
a0219573_21024007.jpg
木を組んだジャングルジムのような中にこんなネットでできた遊具がありました。

私も入ってみたかったけれど、小学生までです!

造形作家堀内紀子氏と建築家手塚貴晴、由比氏によるコラボレーション作品。
手染めナイロン紐が編まれており、子供が中に入って遊べます。
丁度ハンモックのような感覚でしょうか、

a0219573_21012069.jpg

箱根にはミュージアムが点在していますが、
今回選んだのがこの遊具のある「彫刻の森美術館」
小さい子供連れでも十分楽しめると聞き決めました。




a0219573_21030103.jpg

a0219573_21031025.jpg


a0219573_21035338.jpg
広くて空気も美味しく、
解放感いっぱいで、作品たちものびのび展示。

どこにカメラを向けても絵になる美術館でした。



小さなお子さんからお年を召した方まで、
安全で興味深い理想の美術館でした。


by marrone-marrone | 2017-09-30 15:29 | ひとりごと | Comments(0)

女子トーク!

アトリエの卒業生がやってきました。

私服に着替えて、インターホンの画面に映った彼女たちはまたまた背丈が伸びて、
大人っぽく見えます。


「おじゃましま~す!」
「久しぶりやなあ」


今日はレッスン有ったのでアップルクランブル焼きました。
それを出すと素直に大喜び!
気を使ってか彼女たちもお菓子を持参していて、今回は盛りだくさんのお茶時間になりました。

「もっと食べていい?」
「もうひとつ!」とくったくない。
相変わらずよく笑い、よく食べる。笑


でも、
一つだけ今までと違うのは、
「恋ばな」が出てきたこと(笑)

いつのまにそんな~
とは言ってもかわいらしい話で、
私など年寄りには何の刺激にもならず、お目出度く愛らしい話です。


これから、どんどん成長していく彼女たち、
アトリエの子供たち、自分の孫の将来のドラマが、
平和な舞台で繰り広げられますようにと願います。

受験が終わったらまた会いましょう!





by marrone-marrone | 2017-09-28 20:53 | 子どもアトリエ | Comments(0)

ぬいぐるみ

a0219573_17420963.jpg
まさかのぬいぐるみ、手作り。

絵本「ぐりとぐら」から。



a0219573_17452228.jpg
お話のことはあまり知らなくて、
アトリエの子供たちが教えてくれた情報では、二人は(あ、二匹でしたね!)友だちなんだとか?

いいですねえ。


いい友達の関係って、ちょっと遠慮と言うか気遣いがあって付かず離れずの関係。
これが身内となると遠慮なく物申す。

時には大切なお友達と思えばいいんだな?!
そんなこと考えながら作った。


手元が見えにくくなってきて、aboutな仕上がりです。。。

そこで!
こんなの見つけましたよ。
a0219573_18035755.jpg
糸通しが楽です!


オススメ

by marrone-marrone | 2017-09-22 18:07 | 手作り | Comments(0)

シンプル、美味しいショコラ

a0219573_20424290.jpg
最後の一切れになりました!


ショコラです。
あまりに美味しかったので紹介します。

材料
ココナツオイル100ℊ

ココア(無糖)30ℊ

メイプルシロップ50ℊ


これだけです。


ココナッツオイルにココアを加え泡だて器でよく混ぜる。
滑らかになったところでメイプルシロップを加え更に混ぜて乳化させる。
平らな金属製などの容器にクッキングシートを敷いてショコラを流し、冷蔵庫で冷やし固める。


これは、オーガニック料理教室「白崎茶会」を主宰する白崎裕子さんのレシピです。
簡単すぎて「ほんまかいな???」と思い試してみたらなんと美味しい!

この頃はいろいろな「数値」も気になり始め、
それでも甘いものはほしいので、少しずつ考えを変え始めているところです。


手に入りやすい材料で簡単に、体に負担の少ないお菓子を作りたいと思います。


今回、冷蔵庫に貯蔵してあるブランデー漬けのドライフルーツを刻んで入れましたが、シンプルにそのままでも十分美味しいショコラです。


by marrone-marrone | 2017-09-07 21:41 | 食べ物 | Comments(0)

粘土

粘土に触れて手先を動かす。

それだけで形が出来てくる。

もっと触れていくうちにできた形を変えてみたくなる。
壊す。
また作る。

a0219573_17155816.jpg
目まぐるしく変わる子供の創作意欲を粘土はおおらかに受け止めてくれる素材かもしれない。



でも、
手がヌルヌルしたり汚れることには過敏です。
「手がこんなになったあ~!」と言うので、
「ほんまや!パン屋さんみたいやね!」と返している間に洗いに行っています。

a0219573_17261026.jpg
秋を表現して爪楊枝は栗のイガのようです。



a0219573_17281898.jpg

by marrone-marrone | 2017-09-06 17:30 | 子どもアトリエ | Comments(0)

休日のお茶時間、一保堂

しばらく多忙な時間が続いていたので、今日は外でのお茶時間。

洋菓子もいいけれど、少し体に重い気がして
日本茶、
a0219573_21100349.jpg
寺町「一保堂」


私は茎玉露を。
夫はお煎茶。
a0219573_21332128.jpg
それぞれの茶葉の特性を引き出せるよう急須も選ばれています。

a0219573_21352916.jpg
茎玉露は、二煎目以降急須の蓋を少しずらします。
こうすることで茶葉が蒸れて開きすぎるのを防ぎます。

一保堂では、ぜひお茶の淹れ方の説明を聞いてください。
家ではなかなか意識できない本当に美味しい淹れ方、勉強になります。



さて、お菓子は二人で行けばいつも別種類を出してくれます。
半分っこして楽しめます。


今日は「重陽の節句」も近いことで「着せ綿」




そして、
a0219573_21461317.jpg
「こぼれ萩」でした。


お菓子から秋を感じました。
そして、茎玉露は渋みと甘みのバランス良く、二煎目まで美味しく
後口にジャスミンの花の香りを彷彿とさせる香りが残りました。



あ~生き返ったわ~と大袈裟に喜んで店を出ようとしたら、
入ってこられたのは俳優の國村隼さん!?でした!

よくいらっしゃる様子で、車を停めサンダル履きで小さい車の助手席に。
アウトレイジからいいオヤジさんまで幅広く好演出来る好きな俳優さんです。
今日の國村さんは、後者、
一保堂にアウトレイジでは目立ち過ぎだな(笑)


たまに見かける著名人、
京都ではオフな様子で声などかけられません。
そっと見て、
後でニヤニヤ、「見たでえ~」と。


思いがけずおまけ付きのお茶時間、
さあ、また一週間頑張ります!

by marrone-marrone | 2017-09-03 22:18 | 京都おでかけ | Comments(0)

新学期

秋の気配がしてきました。



最後の力をふり絞って夜に鳴く蝉。
カサッと地面に落ちる音。

物悲しくなるが、
与えられた命を全うして次へつなげている。

終わりは始まりでもある。
そう思わずにはいられない、夏の終わりです。
a0219573_23093490.jpg
一方、
暑さで萎れていた鉢植えが元気を取り戻し始めました。

新学期も始まりました。
アトリエには明日から新しい小さいお友達もやってきます。
今から準備、始めます。

by marrone-marrone | 2017-09-01 23:22 | ひとりごと | Comments(0)