人気ブログランキング |

おかえり!帽子。

新幹線内で忘れた帽子が戻ってきました。


a0219573_22373081.jpg
「くるくる丸めて紙袋に入れて送ってください」

お願い通り広島忘れ物センターから送られてきました。
丁寧にビニール袋に入っていました。


少しは型崩れしているものの、付き合って長いこの帽子。
こうして帰ってきたのだから益々愛着もわく。

帽子の型で整え、ささくれをカットして
これからもよろしく。

帽子の広島迷子旅の料金は620円也。


by marrone-marrone | 2017-08-31 23:03 | ひとりごと | Comments(0)

旅した帽子

東京発のぞみで帽子をわすれてしまいました!


京都で降車してホームを少し歩いて気付く。


おお!ドアは開いている!
戻れるか!?

あかんあかん。
いくら何でも、そんな変な自信、もう若くない。

日本が世界に誇る定時運行を妙なことで汚してはならぬ!
と、言うか帰宅して夫曰く、
「帽子は見つけても発車して、どこまでいくつもり??」と。
ほんまや~


事情を伝えて渡された「お忘れ物をされたお客様へ」という紙は、わら半紙で文字が小さくて老眼には解読不能~
問い合わせの電話番号は小さすぎてつぶれて8なのか6なのか?
こうなったら好きな方の数字で決めるしかない!


電話をかけると、自動音声さんがウェブサイトの問い合わせもあると言う。
それもしたが、機械より人の声がいいの。

大阪までは東海、
広島は西日本と、そんなの知りません!でも、人の声で聞くと仕方ないなあと納得できる。
機械苦手、
喋りは得意!

で、電話ですぐに帽子がどこに行ったかわかりました!
広島にて「保護」されてると。
帽子の特徴を説明するうちに、昔我が子がショッピングセンターで迷子になったのを思い出す。
(兄弟はあの時、母親より早く迷子になっていることに気づき母親の名をアナウンスしてもらいに行った)笑

丁寧な対応で、広島まで受け取り行くか、着払いでお届けかと。


ここまで円滑に進んだのは、指定席だったから、号車や座席番号がわかっていたためです。


広島、私も行きたかったな~
帰ってきたら帽子に広島珍道中聞いてみよう。



by marrone-marrone | 2017-08-30 00:36 | ひとりごと | Comments(0)

冷凍むかん??

新幹線のホームにて。
a0219573_23130064.jpg
え・?



あ、
もしや皮を剝いて冷凍したみかん?


ちょっと見てみたかったな。

「あります」でなく「こざいます」がいいな!

by marrone-marrone | 2017-08-29 23:17 | ひとりごと | Comments(0)

出来ました。

この前のカップは完成して、

a0219573_20223561.jpg



ソーサーは、
a0219573_20234911.jpg
それぞれ色を変えてみました。



これで良かったのか良くないのか、
自分でやっているとわからなくなるんだな、これが。


とにかく、老眼が進んで
眼鏡が二つに、
コンタクトに、
超接近の裸眼というときもあって、
頭に眼鏡二つ乗っけておいて、「眼鏡はどこだ!」笑


さて、
このカップではコーヒーを飲みたいな
そんなことを思いながら描きました。




by marrone-marrone | 2017-08-25 21:06 | ポーセレン | Comments(0)

今、描いてます

a0219573_20074688.jpg
先日買った深川製磁のプレートは……







今日現在、
a0219573_20123002.jpg
こんな感じになりまして。。。


思いつく「秋」を散らしました。
まだ未完成。
このお皿には大きくカットしたきなこクリームたっぷりのシフォンケーキ、乗っけたいな!





同時に
a0219573_20145793.jpg
途中でやめてしまったセットをまた描き始める。



最終的には飼い犬マロンがチラリ、入ります。

変??





by marrone-marrone | 2017-08-25 20:31 | ポーセレン | Comments(0)

展開癖

結婚前、寝具メーカーのデザイン室に勤務していました。

もとになるデザインを価格や用途により展開することも多かったのでいまだに
それが私のものつくりの癖になっているようです。


今描いているカップ、
a0219573_14044600.jpg
一客ずつ別柄で展開。。。


同柄でもええのに展開したくなるというか、気が付いたらしてしまっている。
だから、ああでもないこうでもないと時間ばかりかかって。。。


a0219573_14074145.jpg
売れ筋や価格帯を考えなくてもいい自由なものつくりが出来るようになった今も、展開展開と思っています。

昔付いた癖はなかなか取れないということか。




また、在職中はベビーものやメルヘン調の仕事が回ってくることが多く、もっとク~ルな図案描きたい!(描けないのに笑)と心が叫んでいた。
しかし、それも、
a0219573_14215210.jpg
やはり染みついた自分の癖というのか。


この前の深川製磁、
a0219573_14263729.jpg
昨夜デザインを下描き。
またまた四枚、四季に展開。

展開展開

抜けない展開癖は私の影法師のようについてくる。

by marrone-marrone | 2017-08-19 14:30 | ポーセレン | Comments(0)

アボカド~!

a0219573_13034158.jpg
大きくなりました!



どんどん伸びて、
a0219573_13041489.jpg
天井にあたりそう。

試しに「剪定」したら、
「枝分かれ」して、おもしろい樹形になってきました~。


もとは、食べた後の種を植えたもの。
a0219573_13054282.jpg
こちらは一昨年もの。



お客さんはたいていこう尋ねます、「実はなるの??」


???
食べた後の種がここまで育つことが面白くて実がなるとか、その前に花が咲くとか、
そんなこと考えたこともなく、ただ面白いわあと喜んでいるだけです。
そして、愛おしい(笑)


鉢に植える前に、ヒヤシンスなどの球根花の水栽培の要領で根っこを出してください。
あとは、あきらめず期待して待ってあげて。


by marrone-marrone | 2017-08-18 14:21 | ガーデニング | Comments(0)

ブラックベリーのジャム

庭の片隅に植えているブラックベリーが黒くなったら摘んで、冷凍保存。

お盆ごろに、
a0219573_18260202.jpg
冷凍庫から出してジャムにします。



a0219573_18271130.jpg
ブラックベリーは種が固く食感が良くないので煮てから濾します。

更に量は減ります。


しかし、毎年の作業なのでやめるのが気持ち悪い。
面倒だけど作ってしまう。
カマンベールチーズに添えると美しい。


庭に少し残した実はカメムシとかナメクジとか、
あまり歓迎できない虫が食べるようです。
それもいいやと置いときます。

a0219573_18342784.jpg
今年は、多く成ったので飾ってみました。







by marrone-marrone | 2017-08-16 18:40 | 食べ物 | Comments(0)

サマーカット!

a0219573_17495162.jpg
ちょっとびっくりしました!


a0219573_17510999.jpg
いつものマロン










a0219573_17521348.jpg

「サマーカット」したと夫曰く。



犬用バリカンに買い替えたら、あまりに気持ちよく刈れるからとお盆休みはカットばかりしている。


マロンはどう思っているのかわからないけれど、ええの??
五分刈りの少年みたいやなあ、女の子やのに。





by marrone-marrone | 2017-08-15 18:10 | 愛犬 | Comments(0)

清水寺、千日参り



今年も夕方から出かけました。
清水寺千日参りです。

お盆を迎えて風が涼しくなりました。

a0219573_13153954.jpg
この日一日のお参りは千日分の功徳に相当すると言われ、多くの参拝者が訪れます。

本堂内内陣を拝観し、願い事を書いたろうそくを献灯し、新しいお札をもらって帰ります。
30分ほど列に並びましたが、今年はお参りの列に観光客を多く感じました。

更に列に並ぶことになる「胎内巡り」はやめて、音羽の滝へ。

a0219573_13322453.jpg
滝は三つありまして、

列の手前から、「健康」「恋愛」「学業」のご利益が授かるのだとか??
順を待つ人がある中で思う滝を選んでいるゆとりはありません。
空いた滝の前に立つ。。。

夫は「学業」
私は「恋愛」とは???

ちょっと困りながら頂いてきました!

a0219573_13404522.jpg
舞台は修理工事のため2020年まで巣屋根に覆われています。



a0219573_13453492.jpg
夏の夜の京都清水寺
年間550万人が訪れる屈指の世界遺産。
京都に生まれ暮らしていると、わざわざ人の多い観光名所に行かないわとなるところ。

しかし、行ってこそ感じるその魅力というのもあります。


a0219573_13503226.jpg
清水寺までの東大路から八坂の塔を正面に、
推定創建592年、
その後の焼失で再建が室町時代中期1440年頃という塔を見上げ、
二年坂を通り清水寺へ。

参道の魅力、舞台からの眺め、
清水には人を引き寄せる魅力が確かにあります。

千日参りは16日まで
夜間拝観は16時30分~21時















by marrone-marrone | 2017-08-15 14:39 | 京都おでかけ | Comments(0)