今年も紫蘇ジュース

大原の紫蘇、今年は豊作だそうで、
いつも通りの数量で大量に出来ました!

a0219573_21560081.jpg
自家製清涼飲料






豊作で一株に葉っぱがぎっしりついています。
もう本当にぎっしり!
葉も大きめ。


葉を取るとき何とも爽やかな紫蘇の香りが部屋中に漂います。


でも、
9束買ったので、だんだん作業がきつくなってきます。
無言。。。。。。


大鍋で何回炊いただろう。


朝からまたまた大文字山登って、その足で大原。
家に帰ってすぐに作業とは疲れるはずだわ。


でも、
おいしいんですよ!
待ってる人がいるから今年も頑張れました。

a0219573_22101630.jpg
20本も出来ました。




a0219573_22113289.jpg
冷凍してとりあえず子供たちに送ります。



農家のおばあさんに聞いた通り青紫蘇を赤紫蘇より多く使います。
その方が風味がいい。


炭酸水割りが美味しいです!




by marrone-marrone | 2017-07-25 22:18 | 食べ物 | Comments(0)

一撃離脱!

今日も大文字山!

ちょっとペースアップしていい感じで「大」の火床にとうちゃ~く!
何度来てもええ景色。
a0219573_16084799.jpg

腰かけて景色を楽しみながらおにぎりタイム。






へ?!
「。。。。。。。。。。。。。」???



右腕に一瞬、重量感?



と、


目の高さに茶色のまだら模様が浮いていた!






おにぎりを持っていた方のパーカーが、
a0219573_16163771.jpg


穴!



そう、
私はトンビに🍙取られるところだったんだ!


あまりの早業、一撃離脱!
ちょっとした重み以外何も感じなかった。
のんきなもんだ。

夫と私のわずかの間を音もなく背後から奇襲。




夫がとにかく面白がっている。
ずっと「今日はほんまに面白かった」と言い続けている。


鴨川べりでトンビの奇襲というのは知っていたが他人ごとだと思ってた。

夫曰く、
間抜けなおばさんのおにぎりなんてさぞ簡単に取れると思ったのに、
しっかり握ってた。トンビも悔しかったろうに。


その通り!
失敗などしたくないはず。
トンビはちゃんと人を選んでるというじゃありませんか~

たくさんの人が居たにもかかわらず何で私やの、袖に穴開いたやん。

しかし、
すごかった!
ほんまにすごかった。
もうかっこよすぎる。

どうやってこの小さい穴だけ開けて上昇できるの??
トンビ、すごいわ。

ところで、
夫は今もまだ言ってる。
「今日は面白かった」と。


鴨川だけじゃありません。
大文字山でもトンビの一撃離脱にご注意を!



by marrone-marrone | 2017-07-16 16:50 | ひとりごと | Comments(0)

出航です!

発泡スチロールの船。
今日最後の一隻が完成しました!

a0219573_19492703.jpg



すでに完成の船は、家のお風呂で進水式?をしたそうです。
a0219573_19524573.jpg
a0219573_19531685.jpg
いろいろな船ができましたが、
忙しく写真を撮り忘れてしまいました。

制作の進み具合というのは子どもによりまちまちです。
得手不得手もあればその時の調子というのもあって、同じようには進んでいきません。

小さいアトリエでは同じように進める必要もなく、ほぼ皆マイペースで作っています。


途中で諦めてしまわぬように
アイデアを提供し、手助けをする。
今回はそれが忙しかったので、写真を忘れていたようです。




by marrone-marrone | 2017-07-15 20:33 | 子どもアトリエ | Comments(0)

あんみつ。にしんそば。にっき餅。

a0219573_14420019.jpg
祇園祭り間近の京都鴨川。
夕方からのお出かけも暑い。

衣服が肌にまとわりつく。


祇園。
芸舞妓さんが足早に通り過ぎるけれど、涼しい顔したはる。
暑さ対策教えてほしいわ。


a0219573_14500086.jpg
夜やというのに、
あんみつ!

a0219573_14511371.jpg
お店に活けてあるのはヒオウギ。


今年は、八坂さんにお参りしてきました。
a0219573_15000022.jpg





改築中の南座、
にしんそばの老舗「松葉」で。
a0219573_15021059.jpg
ここのにしんは大きくてよう肥えてます。

お出汁に身を半分隠して登場。
奥ゆかしいわ!

そやけど、食べ応えあって満腹です。
にしんが主役やね。

お店を出てから夫が「そばの席に女優さんがやはったなあ」
「へ?何ていう女優さん??」

「ほら、あの、」
「誰??」

「ほら。。。」
「そやしだれよ!」
歩いてるだけでも暑くて素っ気ない自分。

で、
結局出てこない。
というか、
そういう世界に関心のない人。
そもそも女優さんということ自体怪しいと思う。
a0219573_15162348.jpg
すっかり日が暮れました。

久しぶりの夜の街。


京都もホテル不足とやらで、
あちらこちらで宿泊施設の新築やリノベーションが盛んです。
にわかにできた、外国人観光客も好みそうな商店も増えました。

個人的感想ですが、
なんとなく足が向くお店というのは「松葉」のような昔からあるお店になります。

その松葉のお隣、「祇園饅頭」のにっき餅
a0219573_15290748.jpg
おいしいですよ!

三条の工場で出来立てを買ってほおばるのもいいですが、
一晩置いたにっき餅は更に美味!

商品のメモ、
三色ラインマーカーでの色分け、
「定期テスト」前夜を思い出すやないですか。

なんかあったかい
なんかなつかしい

あんみつ
にしんそば
にっき餅




by marrone-marrone | 2017-07-15 15:44 | 食べ物 | Comments(0)

お母さんにおすすめの一冊

毎日蒸し暑くて空気が重いですね。
a0219573_11042921.jpg
突然ですが、一冊の本をご紹介


「体質の良い子に育てましょう」
亀山静夫著


平成4年初版

私の母が私にすすめてくれた本でした。
母は食べ物などには気を配っていたので、きっとまたあれはダメ、これはダメということを言いたいんだろうと
もらってもすぐには開けなかった記憶があります。

ところが、
忘れたころにふと開けたこの本の中には子供の健康維持に役に立つ考えが満載でした。
子どもに限ったことではなく、どの世代の人にも当てはまる人生の手引書になるくらいの内容です。




著者は医師で、
毎日の限られた外来診療の時間では語り切れない本質をこの著作の中で語っているようです。





赤ちゃんがやってくる前からできる体の準備、
やってきてからの問題の対処、
問題が起こりにくくするための毎日の食事のことなど、わかりやすく記述。

「母親の役目は心配することではなく励ますことです」
という言葉はしみます。
私の下手な小言より、私の母がしたようにこの本を子供たちに贈ろうと取り寄せました。

今現在手に入るかどうかわかりませんが、
チャンスがあれば覚えておいて手にとってほしい一冊です。



by marrone-marrone | 2017-07-12 11:15 | ひとりごと | Comments(0)

無理は禁物

今日も午後から登山してきました。

a0219573_20513125.jpg
またまた大文字山ですが。


今日も先週と全く同じ!
下山したところで雷雨でした。


遠くで雷鳴、
そして黒い雲。
景色をぼやかす雨の白っぽいカーテンが移動してくるのが山頂から見えます。



けれど多くの人はのんびりくつろいでいます


もう下りよう、
と言って下山中にもまだまだ登っていく人とすれ違います。


私は怖いです。


30分そこらで下りてこられる山でも山は山。


楽しかった!
また行こうよ!

と思える登山を続けるためには無理は禁物ですね。




by marrone-marrone | 2017-07-08 21:26 | ひとりごと | Comments(0)

大文字山足慣らし登山

今日登ってきました。

a0219573_20135153.jpg
お手軽に登れてこの眺望は魅力です。

ふもとには哲学の道、法然院、銀閣寺があります。
降りてきたらご褒美の甘味処も点在!


a0219573_20201659.jpg

しかし!
登る前に?!

久しぶりの登山靴、
登る前から疲れたん。笑





登り始め、すでにきつい。
情けない。
しかし、
そんなとき呼吸で調子をとると楽になる。


a0219573_20552178.jpg
この大文字山は子供と行く初めての登山にはちょうど良いかもしれません。

途中で沢蟹を見つけたり、自分の住む街を見下ろしてのお弁当時間は気持ちがいいです。
お年寄りの一人登山の方も多く見かけました。






a0219573_21024264.jpg
息子が載っているというので買った山雑誌。



今年は上高地より先へ行って、大怪我はしたが家に帰してくれた山の神さんにありがとうを言いに行きたい。
安全登山、無事下山
山を愛するすべての人に!



「鍛えといてや!」と息子に言われて最近歩いています。
そして、来週もまた登ります。


a0219573_21180389.jpg
今日は午後から雷雨になりました。
私たちの下山中にもまだ登っていく人がありました。
お手軽登山とはいえ、心配です。


山の高さに関係なく、雨具、飲み物、食べ物は持って行くのがお約束ですね。

昨日、
久しぶりに覗いた山用品の店、
用具の進化、ウエアーの豊富さにびっくり!
日常着としてもその機能性の高さは使えます。

足慣らし大文字山登山はしばらく続きます。





by marrone-marrone | 2017-07-02 21:52 | 京都おでかけ | Comments(0)