ほんまに美味しいケーキの店

本当に美味しいケーキの話です。

私個人的な感想で恐縮ですが。。。。





最近は500円かそれ以上の代金を払っても本当に美味しかったと思えるケーキに出会っていません。
年をとると、本当に美味しいモノを選んで食しないと、もう余分な脂肪をストックしておく余地が無いもので。。。笑


見て美味しそうなケーキと食べて美味しいケーキは別物と考え、個人的には装飾的に美しいものは敬遠。
儚く乙女チックなものよりガッシリ筋肉質で寿命の長そうなケーキに目が行きます。
で、出会ったのです!
神戸にしむら珈琲御蔭店で選んだ「アップフェルシュトゥルーデル」の美味しかったこと!
a0219573_15265193.jpg
ほんまに美味しかった~
しあわせな時間。

甘いもの食べた。。という罪悪感が1グラムも感じる隙もない、脳みそと心が素直に喜ぶ充実感。


あまりの美味しさにすぐ隣にあるアトリエでお土産に買って帰りました。
「セセシオン」
にしむら珈琲のケーキの他、焼き菓子も充実しています。
ギフト用、ばら売りと種類豊富、そして価格も良心的です。

御蔭店は駐車場があるので車で行けます。
とは言っても神戸ですからね。
でも、本当に美味しいお菓子を食べたいと思う時、ぐっと我慢しておいてエイヤア~と行きたくなる美味しさです。
a0219573_15512633.jpg
絵を描くことと食べる幸せの感覚だけが取り柄の私が言うのだから、ほんまに美味しいと思ってください。

また、行きたい。。。。。。。。


by marrone-marrone | 2017-03-30 15:49 | 食べ物 | Comments(0)

いちごのバスケットプレート描いてみませんか?

先日アップしたプレートは、
a0219573_21510158.jpg



こんなデザインにしました。
a0219573_21521421.jpg
色々用事があって時間がかかりました!

もうちょっと描き込みたい気もしますが、これは見本。


このプレートを作ってみたいという方の為に実物見本です。
初心者の方でも数回のレッスンで仕上げられるよう考えました。

レッスンの詳しい内容につきましては下記へメールにてお問い合わせください。
mamamasterpiece@gmail.com

by marrone-marrone | 2017-03-21 22:07 | ポーセレン | Comments(0)

ニンニク、忍辱

「暑さ、寒さも彼岸までとはよく言ったもの。。」

これはお寺の和尚人が説法の始まりに言われていた台詞。

子どもの頃ずっと正座して聞いていた、いや、正しくは早う終わらぬものかとうわの空。
説法の締めは「ニンニク、ニンニク。。。」と。
いつもこの言葉が出てくるとあ~、終わる終わる!!と歓喜。

ニンニクは大蒜ではなく、忍辱と書くそうで、
苦難に対し嘆き怒らず堪え忍んで動揺しないことらしい。
a0219573_19583718.jpg
思い浮かんだ情景


今年はとりわけ寒い日が続き、
一昨日は雪は降るし強風は吹く荒天。

たまたま通りかかった中学校は卒業式だった。


そして、
もうすぐお彼岸と言うこともあってか頭の中に、
昔に聞いたあの説法の一節が流れてきた気がした。


ニンニク、いえ、忍辱。
若い人には
これがまた難しいことですが、そのように生きてみようと思ってみるだけでも道が開けることがありますから知って欲しいなと思いました。
荒れ模様の空の下、花道を行く中学生をかつての吾子の姿に重ねて思わず忍辱と言っていました。
自分さえこれが出来ずにいるのにね!



by marrone-marrone | 2017-03-16 18:03 | ひとりごと | Comments(0)

かまぼこ板に描く

かまぼこ板に絵を描きました。

一人二枚
一枚にはお題を設け、もう一枚は自由。
a0219573_12053134.jpg
偶然に出来た色調から彼女は「富士山を描く!」と。

小さいかまぼこ板の中に富士山が。
「きれいやなあ~」

「そよ風が吹いてるねん」と
穏やかな春の海と富士山が出来ました。


a0219573_12105690.jpg
お題は、「自分らしさ」。
すこし難題ながら、好きな食べものや、遊び、将来の自分を描いて、
捨てられるはずだったかまぼこ板が蘇りました。




他にもたくさんの力作が誕生しましたが、
いつも写真を撮る暇がなくて紹介できないのが残念です。



かまぼこ板。
捨てられるものに対して「これ使える!」という発想の芽を持てると、
おとなになってからも暮らしがおもしろく彩られていくのではないか。
そんな願いがあってのかまぼこ板でしたが、
そもそもかまぼこ、あまり食べなくなりました。

不足を考え端材も用意しておきましたが、
かまぼこ板に残る匂いをクンクンしながら、作品として蘇ったかまぼこ板は喜んでるなあ~と。


by marrone-marrone | 2017-03-13 12:42 | 子どもアトリエ | Comments(0)

明石で明石焼き

徳島県鳴門市へ出かけ、やわらかいわかめを買うこと、
a0219573_06405402.jpg


そして、
明石に立ち寄りイカナゴを買って帰る、
これが旅の楽しみでした。




明石、魚棚市場
a0219573_06475453.jpg
明石と言えば、
a0219573_06483740.jpg
です。



他にも
a0219573_06493386.jpg

カレイはピチピチ跳ねていました!

海に近いと毎日こんな新鮮な魚介類を食べることが出来るんやねえ。
京都にも美味しいものや美しい食べ物はあるが、
新鮮で立派なものは値段が高く料理屋さんの御用達。
小っちゃいカレイまでトレーにラップにと、見ているだけで息苦しい。

しかし、ここでは素のまま、鮮度が勝負!


結局、目当てのイカナゴは解禁日の二日前と言うことで残念ながら買えず。
すこしがっかり。

さて、気を取り直して、
明石に来たので。。。
a0219573_07015792.jpg
明石焼きです!
初めて食べました。

市場の中にある数件の明石焼きの店は何処も満員。

おだしに浸けて食べるからか、10個で満腹!
明石焼き、美味しいです。




by marrone-marrone | 2017-03-08 07:07 | ひとりごと | Comments(0)

タヌキの道案内

旅に来たなら必ずやりたいことのひとつ、
朝の散歩。


途中出会ったのは、


a0219573_20351559.jpg
鳴門名産ワカメ漁のブイで出来たタヌキさん!カワイイ。

お腹に「う」!とは何だろう??






その前に出会ったタヌキは。。。
a0219573_20414305.jpg
「ず」!
????





これはらっきょう畑の散歩道、観光客が迷わないようにと書かれた道しるべと知る。

逆に歩いていたので「お」「し」「ず」「う」
何の暗号かと思ったら「うずしお」だった。

手ずくり感が和む!



by marrone-marrone | 2017-03-06 21:05 | ひとりごと | Comments(0)

クルクル

a0219573_06473181.jpg


クルクル。。。





a0219573_06483799.jpg

クルクル。。。




a0219573_06495278.jpg
見に来たのは、このクルクル
鳴門渦潮!


舟に乗って渦を間近に見る
白波が立ち、うまく渦が巻きだすと歓声があがる!
海の色の変化が美しい。


洗濯機みたいやなあと思っていたら、
「昔、うず潮という洗濯機があったなあ」と夫曰わく。

by marrone-marrone | 2017-03-06 07:02 | ひとりごと | Comments(0)

「啓蟄」の朝

啓蟄、
春です。




a0219573_19361944.jpg

穏やかな春の海。

今日は紀伊水道に昇る朝日で始まりました。





a0219573_19254101.jpg


日々色々なことが起こります。
たまには広い場所で朝日を浴びるのもいいものです。


京都から2時間ちょっと、
徳島県へやって来ました。



何かあったというわけではありませんが、
刻々と移ろう自然の色彩を見ると唯々感動し、
忘れてしまいがちな目には見えないものへの畏敬の念を思い起こします。






by marrone-marrone | 2017-03-05 20:05 | ひとりごと | Comments(0)