今咲く花

雨の前に庭の花を摘みました。


a0219573_10201880.jpg


この頃は忙しくて以前のようにかまってあげてない。
あと、庭仕事は体力要ります!
それで、テキト~に甘んじている。
それでも咲いてくれるとは、花は可愛いなあ。



a0219573_10275248.jpg

すずらんは昨年あたりから花付きがよくなった。

恥ずかしがり屋さんで、手が届きにくい場所で咲いている。
それを摘むのに一苦労。
片膝折って片膝伸ばして身をかがめ…子ども時代に盛り上がった「ツイスターゲーム」なんて思い出した。



a0219573_10515817.jpg

すずらんの上品な甘い香りが部屋中に漂います。

このすずらん、以前実家の壊れた鹿威しの周りに咲いていたもの。
鹿威しとすずらんがミスマッチ過ぎて抜いて帰った。

何でも花が咲くまで時間がかかる。
子どもといっしょやなあ~。

by marrone-marrone | 2016-04-29 11:01 | ガーデニング | Comments(0)

真珠婚

今日は真珠婚記念日でした~。
30年、一日も休まず(?)夫婦です。

記念日とは言え、今日も忙しく特別に何にも無しのフツ~の日。
ひとついつもとは違ったのは…


a0219573_23492162.jpg

夫が花束を買って帰って来たこと?!
(今日は雨降り) 笑

スターバックスで書いたと言う小さいカードなど添えてある。
特にロマンチックでもないメッセージなんだけど、
「山あり谷あり…」と続くのを読んでいると泣きそうになった。

至らないことも反省しなければならないこともいっぱいあるのに、こんなふうにお陰様でと言われると申し訳なく思ってしまう。

by marrone-marrone | 2016-04-28 00:06 | ひとりごと | Comments(0)

シルバーなマタニティーブルー

「お母さんはサンドバッグ」

とは、思春期の子を持つ親の心づもりと捉えていたが…
我が子の里帰り出産にも当てはまるのかも知れないとこの頃思う。

あまり細かなことを言うつもりはないけれど、それでも毛穴からにじみ出てしまいそうになってる。それを押さえるのにはストレスがたまる一方。
サンドバッグだって年をとればどこか破れて砂がパラパラ…



a0219573_1030366.jpg

合間の時間に縫ってるスタイはなかなか仕上がらない。


「大変みたいよ~」
とか、

「きつくて家出した人もあるのよ!」
とか、

「気を付けていないと体を壊すわよ!」

とか聞いていた。

そんなことないやろ???

いやそうかも?!
そうだ、そうよ!

新米ママにマタニティーブルーがあるなら、新米ババちゃんにも何某かあってもおかしくない。
シルバーなマタニティーブルー?
プチプチ
毎日どこかで忍耐が切れる音を聞きつつ、何とか結び直しての三ヶ月。



a0219573_10484163.jpg

洗う、干す、たたむはいつもの三倍量
洗濯は好きだから平気!
問題は他にある。

それでも、ベビーちゃんを見ると眉間のしわが伸びて心がとろけ出す。
泣く子を抱くと私にはスイッチが入る。
まるでネジを巻いたおもちゃのように歌が出てくる。
「お正月」から始まり
十二ヶ月の童謡の連続パレード!
子どもの頃に覚えた歌は体に染みこんでいる。
歌える歌える!
忘れた部分は頭の中で書き換える。

「こんな歌では寝られへんなあ~?」

「ま、笑って許してなあ~」

と言った途端に思い浮かんで、和田アキ子さんの「笑ってゆるしてっ~」と続く。
この歌へのベビーちゃんの反応がなかなか良くて、娘のいない時に結構歌ってる。
歌は私を助けてくれる!
そして、今日も私はまた歌うのです。

メールを下さっている友人知人の方には返信が滞り失礼しています。
ごめんなさい。
マタニティーシルバー(?)が明けてお会いできる日を楽しみに、
今日も苦し紛れのおもしろいこと探しで「顔晴って」いきます。

by marrone-marrone | 2016-04-21 11:12 | ひとりごと | Comments(3)

祈り

熊本、大分での地震で被災された方へ心からお見舞い申し上げます。

両県とも訪れたことはありませんが、子どもを通して知る人やご実家がある方など気になります。
突然甚大な被害を被る地震。
500回を越える余震への恐怖。
大地に走る活断層の裂け目を見ると、人の暮らしは自然の上に間借りしているに過ぎないと思えます。

被災された方々が被災のストレスから一日でも早く解放される事を願います。

by marrone-marrone | 2016-04-19 07:36 | ひとりごと | Comments(0)

烏丸御池  ビストロ

一方通行の多い京都の道。
主要道路の混雑を避けてちょろちょろよく車で走ります。

車だからよそ見は禁物。
でも、食いしん坊の触覚が気になる店は脳に覚えるよう指令する。
その中の一軒が、


a0219573_932082.jpg

御池通り一筋北、押小路東洞院にあるビストロ「ヴァブール」

ドアを開けて迎えてくれたのは、笑顔の素敵なマダム
5名でのランチ
二階席でゆっくり頂きました。

料理の説明もマダムはもちろん他の方も丁寧です。


a0219573_911580.jpg

前菜です。
種類豊富で人参のサラダのオレンジソースは美味しかった。
季節毎に内容は変わるようで、ワカサギのエスカベシュ、
豚肉とプルーンのリエットはボリュームもあって、この一皿でいいかな??

それはウソ!
出てくればもりもりいけてしまう、いけない胃袋は全部完食。
メイン、あったのですよもちろん!
だけど、「ほっぺたが落ちそう」で撮り忘れました。。

なんの参考にもなりませんね。



a0219573_9184458.jpg

デザートが手元に来てから思い出したようにパチリ!

チョコレートのソースはそれぞれ「絵」が違っていてエッフェル塔もありましたよ。

気軽に楽しめる、でも食材は本格派。
そこは、このビストロが祇園に店を構える本格フレンチのグリル「大仲」の姉妹店ということに納得です。

実はこの前日にお茶だけにやって来ていました。
そのとき、マダムの笑顔がいいなあと思いつつベレー帽と蝶タイに目がいっていました。
そして、
翌日のランチでは、同じく笑顔でのお出迎え。
でも印象がちがう??

オレンジとブルー。
ベレーとタイの色はその日の気分で変えていらっしゃるとか。

毎日の仕事に自分で変化を作ってそれを楽しむ、そんな素敵な工夫がいいなあと思いました。

美味しくて気軽に入れて立地もいい、ビストロでした。

by marrone-marrone | 2016-04-11 09:41 | 京都おでかけ | Comments(0)

これからの庭を考える



a0219573_7274868.jpg

新芽が吹き始めました。

毎年こうしてちゃんと同じ事が繰り返される。

私が手を抜いていても花も咲く。
庭の隅に捨てた古い土から分球して花が咲く。


a0219573_759933.jpg





こぼれ落ちた種が無数の花を咲かせる。
a0219573_832518.jpg



何か好きなものにこだわった若い頃の庭よりも、
どこかに抜け感のある大らかな庭が好きになってきた。

孫が生まれて、これはダメ、それもダメと言うような庭ではいけない。
そう言えば、
なくなった父は孫たちに庭に「川」を作らせてくれた。
砂利をのけられ、バケツに水をいっぱい運んできて川を作る…
怒っていた記憶はない。

これから年をとっていく自分と庭との関係を考える様になってきた。
メンテナンスが楽でローコストがいい。
種苗会社のカタログを見る前に、庭に出て植物の様子を観察する方がよさそうです。

by marrone-marrone | 2016-04-08 08:27 | ガーデニング | Comments(0)

誠に誠に美味しいケーキ

「guran de vanille」
間之町通り二条下がる

前を通りながら一度も入ったことがありません。


10席ほどの席はいつもほぼ満席で席が空くのを待っている人もあります。


とにかく美しいです!


a0219573_21361676.jpg




a0219573_21364341.jpg


丁寧に作られていて、
プレートとの色の調和も素敵です。

空間も、全てが美しいケーキを引き立てるように考えられているように思えます。





a0219573_22241171.jpg

飲み物も美味しいです。


京都の街中、
一方通行の細い道を品川ナンバーの車が駐まりました。
京都に来たらここに来るというお客さんもあるとか。
そんなことは知らなかったけれど、
本当に美味しいお菓子です。

by marrone-marrone | 2016-04-03 23:16 | 食べ物 | Comments(0)

カフェオレ同士

無垢な赤ちゃんの顔を眺めていたら、あっという間に時間が経ってしまう。

私はおばあちゃんだから下手に手は出せない。
(つい口が出てしまいそうになるのを飲み込むのがタイヘン!)

明日はお祝いのささやかなご馳走。
その買いものや頼まれものにデパートをはしごの一日。
歩いた、歩いた~

うちに帰っても息つく暇はない。
ならば!



a0219573_142942.jpg

イノダコーヒで休んで帰ろうか。

紅茶党がなぜだかコーヒーを注文。
だって、コーヒー屋さんだもんね!
でも、カフェオレにしておく。

そして、
お菓子も注文しちゃった!
「ラムロック」

他のケーキより小さめ。
見かけがごろんと頑固そうで、名前もラムロック、疲れているからパンチの効いたもので元気を貰いたかった。

でも、洋酒の効いた風味ながらふわふわの食感に不完全燃焼してしまった。
はあ~

店内はシニアのお客さんが目立つ。
私はまだ若い方。
お向かいのおじいさん「今日はカフェオレにしとくわ!」と常連さんの様子。

おお、お元気や。
あかん、私も元気だそう。
おじいさん?
私にもその元気くださいな。
とか思ってぼんやり見ていたら目が合う??

おじいさん、私と同じイノダ独特のグラスを少しあげて乾杯ポーズ???

まいったなあ~

ま、なんてことない。
対向車に道を譲った時の片手で挨拶と同じや。

でも、おもしろくってちょっと元気貰えた気がする。
イノダで出会ったおじいさん、ありがと。

by marrone-marrone | 2016-04-02 01:26 | ひとりごと | Comments(0)