「吾子に学ぶ」

疲れがたまっていたのか、こてんとひっくり返ったままで朝になっていた。
それからは、
遠くで携帯が鳴っていたがお風呂に入っていたので出られず。
珍しく息子から。
かけ直すと「どうしたん? 疲れてるんか?」などと聞く。

ちょっと可笑しかった。

子どもに心配されてしまった。
心配するのが親の仕事と教えてくれたのは子供たち。
親に心配されるのが嫌と教えてくれたのも子供たち。

そんなふうに気にしてくれたのはちょっと嬉しいけれど、
微妙だなあ~

そして、ちょっと思いました。
心配は心の中で密かにする方がスマートだなっと。
言われる立場になって気づいた次第。

「吾子に学ぶ」
何かと学ぶことはまだまだ有りそうです。

by marrone-marrone | 2015-04-29 11:40 | ひとりごと | Comments(0)

都をどりに行ってきました



a0219573_7431167.jpg

少し前、まだ桜の咲いていた頃に「都をどり」へ行ってきました。



a0219573_7443435.jpg

花見小路、
歩行者天国並の人通りですが、車は通ります。
とにかく、歩いている人の殆どが観光客です。
ここは、舞妓さんに芸妓さんに最も出会えるスポット。
外国人観光客もいっぱいです。



a0219573_7524716.jpg

花見小路を下がって、左手に「祇園甲部歌舞練場」があります。

約30年ぶりの「都をどり」
華やかやなあ~で終わった若い頃の自分の観劇後の感想、
年をとった今、どんなふうに変わっているのか、
ちょっとわくわくします。


a0219573_825383.jpg

チケット売り場にも外国人観光客が目立ちます。

私たちは、お茶席付き前売り券を購入。
開演前のお点前までの時間は、お土産の購入や芸妓さんの絵画などの作品展示、庭を楽しんだり、華やかな京都の春を楽しめます。
つづく。。。

by marrone-marrone | 2015-04-25 08:10 | 京都おでかけ | Comments(0)

餃子の皮が余ったら

皮だけ余ったら。。
私は、よく納豆を具にして、
またリンゴを甘く煮て、そんなこんなの使い方をしています。


a0219573_2375661.jpg


で、これを油で揚げます。


a0219573_2384813.jpg


この日は先月卒業したアトリエのOGさんが真新しい中学校の制服を着て遊びに来てくれました。

ほんの少しのご無沙汰なのに何だかお姉さんになったように思えました。

このりんごの甘煮餃子の皮包み(?)を一緒に食べました!
今度はもう少し夢のあるお菓子を用意しとくわね~

by marrone-marrone | 2015-04-20 23:16 | 食べ物 | Comments(0)

桜が連れて来る思い出



a0219573_7474386.jpg

このところの低温で桜が長持ちしているようです。(三条木屋町 高瀬川沿いの桜)




a0219573_7515177.jpg

東大路丸太町 熊野神社から歩道に伸びる桜。
外国人観光客が歩を止めて慈しむように見入っていました。

今朝も小雨が降っていますが、
雨もまた良し。

勝手な好みながら、
桜の花色は澄んだ空色より、グレーを含んだ色の方が引き立つ気がしています。


a0219573_812795.jpg


子どもの頃から、はらはら散る桜の木の下に立つと心臓がドキドキして怖いような気持になる。

昔、京都出身の草分け的デザイナーの先生をタクシーに乗ってお迎えに行くという仕事があった。
年齢でも社会的地位でも全く叶わない人とタクシーの後部座席でご一緒する。
青二才の私にお相手など出来るはずもなく、ひたすら沈黙だった。
ただ、満開の桜のそばを通りがかった時、ふとドキドキして怖いような…という独り言のようなことを言ってしまったら、先生が 
それは悪いことではないし、ずっと持ち続けているほうがよいというような言葉を返してくださった。

それ以来、毎年散る桜を見ては自分は今年もまだドキドキするか、と気になってくる。

今年もドキドキしています!

ところで、
こんなことを仰った先生をお迎えに行った後の会議では、
その先生を前に、私は居眠りなんかをしてしまって先輩に叱れれていました。

桜の季節になるとこんなことを思い出しては、その時その時にご一緒した人のことが思い出されます。


a0219573_8331133.jpg

私に限らず、桜は人にいろんな思い出を一緒に連れてきてくれる花だと思います。

by marrone-marrone | 2015-04-08 08:38 | ひとりごと | Comments(0)

抹茶大福!

もう何年も気になっていたお菓子がありました。   長竹の抹茶大福。

私には行きにくい立地にある。。
しかも電話で予約などしておかないと売り切れるとか。

容易く忘れる数多の中でもこれだけは頭の片隅にずっとあった重用案件。


a0219573_16441529.jpg

先日のお花見ぶらぶら、先斗町歩きで茶香房長竹の前を通りました!
ひぇい~!



a0219573_16472212.jpg

突然消える身勝手なワタシ。

中が見えないお店には入りにくいもの。
カウンターを囲んで料理屋さんのような店内。
「あの、抹茶大福ありますか?」と聞くとお客さんに一斉に注目されて、ちょっと困った、困った。

「一つだけあるよ~。」とご主人。

「。。。。一つかあ。。。」

「一箱だけな!」

ほっほう~!じゅうぶんです!!



a0219573_16551130.jpg

早速家に帰っていただきました。



a0219573_16555684.jpg

いや!濃い!
抹茶の餡が濃い。

抹茶風味程度のお菓子は数多ありますし食べてきましたが、この餡は抹茶そのもの。
甘さも控えてあり主人公はワタシや!と抹茶が胸張ってるわ。

6個入り1300円

一つずつ食べて残りは、じきに京都に帰ってくる子の為冷凍庫に。

なんか気になるなあ。
長竹さん。
ちょっと怖そうに見えて、実は怖い人ではなさそうなご主人も、お店のメニューも気になる。

興味のある方は事前に電話された方が良いかもしれませんね。

茶香房 長竹 〇七五-213-4608

by marrone-marrone | 2015-04-06 17:13 | 食べ物 | Comments(0)

河原町、夜桜散歩

久しぶりに河原町へ行って来ました。


a0219573_743567.jpg

夕方の四条大橋、右手は南座です。



a0219573_771389.jpg



桜が丁度見頃の今の京都は、どこも人がいっぱい!
私だからかも知れませんが、
この地に住みながら混雑する名所に拝観料を払って桜を見にいくのはどうも勿体なくて。。。
それでぶらぶら歩きながらお金をかけずにお花見します。

この日は木屋町、先斗町あたりぶらぶら。


a0219573_7184420.jpg

高瀬川沿いの桜は、四条から南はライトアップされています。

水深10センチほどの高瀬川。酔っぱらって落ちても大丈夫!


a0219573_720544.jpg

最近はこんな風にリノベーションした町家カフェやレストランが増えました。

先斗町。鴨川と木屋町通りの間の細い道。
ここでもたくさんの外国からのお客さんにすれ違います。
扉一枚隔てて…


a0219573_7231293.jpg

どこも人がいっぱいです。
a0219573_7232443.jpg

メニューや価格表も戸口に出ていて入りやすくなりました。

なかでもすき焼きのお店が増えましたねえ~
外国のお客さんを意識しているのかな?
しかし、意外にもおばんざいのお店や居酒屋に入っている人が多くて驚きましたよ。
一方、
新たな感覚の店舗も増える中で、歴史を刻む老舗も健在です。


a0219573_7473352.jpg

a0219573_7474566.jpg

「鳥彌三」は、1788年創業の水炊きの店。ミシュラン一つ星だそうです。




a0219573_885126.jpg

お漬けもんの「村上重本店」
このあたりの地名は船頭町と言うそうで、江戸時代初期高瀬川が開削された頃、此処と伏見を行き交った船の船頭が住み着いたことに由来するのだそうです。



洋風の老舗、


a0219573_892238.jpg

喫茶「フランソワ」
昭和9年創業、文化人芸術家も集まったクラシック音楽とこだわり珈琲のカフェ。
a0219573_893942.jpg


来週は、「都をどり」を30年ぶりに観に行きます。
ちょっと、いや、かなり気張って着物を着て。。。ほんでフランソワでも行きたいなあ。

京都の桜、あと少し楽しめそうですよ!

by marrone-marrone | 2015-04-06 08:27 | 京都おでかけ | Comments(0)

リングピロー 手作り

リングピロ-??
そんなんあるの?

作って欲しいと娘、言う。

最初は素材フェチの箱にあるもので間に合わせるつもりだったけれど、
気がついたら大阪まで材料を買いに出かけていた。


a0219573_2339140.jpg



~母さんは、夜なべをしてせっせと作ったとさ~


a0219573_23484272.jpg

出来上がったピローに置いてみた。
傷も付き、そして入らなくなった自分たちの結婚指輪。

いやいや違うやん~
このピローは娘のもの!

まだ結婚は先のことと思っていたら、いい人に巡り会ってしまった。


a0219573_23545748.jpg

送る為の空き箱にも気付けば手を加えていた。

こういうのを作らせてもらえるようになったんだな、有り難い、有り難い。

ずっと幸せでありますように!
ピローの裏には、二人のイニシャルとブルーのリボンを縫い付けた。

by marrone-marrone | 2015-04-06 01:04 | 手作り | Comments(0)

ムスカリ



a0219573_1065936.jpg

ムスカリが咲いた!

姿形が可愛らしい。

植え放しでも良く咲いてくれて毎年花数が増える。

もう一つ!
好きな理由。


a0219573_10113383.jpg

描きやすい!

by marrone-marrone | 2015-04-05 10:12 | ガーデニング | Comments(0)

「相乗り」




a0219573_9104935.jpg


お互いの「信頼」の上にあることだ。

ん?

「踏み台」の上にあることか。。。。

用意してある。

by marrone-marrone | 2015-04-03 09:17 | 愛犬 | Comments(0)

好きなバランス。  落ち着くバランス。

銀月アパートメントの枝垂れ桜のすぐ側には、ソメイヨシノの美しい疏水のお花見どころがあります。


a0219573_702940.jpg


住宅街の中の人の暮らしの中に咲いている桜が好きです。
観光客も殆ど見かけません。

この疏水沿いに駒井邸があります。
つい最近まで「マッサン」のエリーのスコットランドの家として撮影がありましたね。


a0219573_15203550.jpg




a0219573_15213428.jpg

大好きな駒井邸。

駒井邸には東側に素敵な庭があります。
時を経た住宅を一層引き立ててくれているのが樹木だと思うのです。

半世紀以上前の住宅は、大抵生け垣がありました。
他には石垣、土塀、木塀。

私のぶらぶら歩きは、今や懐かしいこういうものを探して歩いているように思えてきました。


a0219573_1534331.jpg

もうすっかり少なくなりましたが敷地の半分以上が庭で、緑の生け垣に囲まれた…
土と木と人間とのバランスはこのくらいが丁度ではないかと思ったりしています。

by marrone-marrone | 2015-04-02 15:57 | ひとりごと | Comments(0)