2014年も有難うございました!

残すところ今年もあと二日となりました。




a0219573_11425192.jpg

おせち料理の材料調達はほぼ整いましたが、
急なご用も入り、今年も弾丸年越し間違いなし!
例年のごとく飯炊き母ちゃんに徹する覚悟を自分に言いきかせているところです。


今年も色々ありました。
災害に見舞われた方々の年越しを思うと、自分の思うようにならない事で愚痴をこぼしたり、先々の心配を口にして周りに不快な気分を振りまくような愚行は慎みたいと思っていますが、なかなか難しい。

a0219573_1143537.jpg

忙しさにかまけて放置状態の庭にぽっつり蕾ひとつ。。。
寒かろうに、自分の咲く時を見据えて頑張っている。
この先は食卓の上で安心してお咲きなさい。
a0219573_11442249.jpg

このバラのように、せっかくだから一生懸命いきたいね!

さて、
私の拙いブログをご訪問くださって、恥ずかしい気持ちもいっぱいですが、
笑ってお許しのほど、感謝しています。

きっと、皆さまもこれからお忙しいことと思います。
一足先にお礼と、どうぞ来年もよろしくお願いいたしますのご挨拶を申し上げます。

どうぞ、皆さまにとりましても来る年が充実の年になりますように願っています。
有難うございました!


by marrone-marrone | 2014-12-29 11:49 | ひとりごと | Comments(0)

サンタさんはやって来ましたか?



a0219573_6275642.jpg

サンタさんは、やって来ましたか?

昨日、車を運転していたら三度見ましたよ!
ピザ屋さんのバイクに乗っていましたね。

子どもの頃にうちにやって来たサンタさんは、「本」ばかりお届けでイヤになりましたよ。
その押しつけがましさから早い段階でサンタさんの秘密を察しました。

「マッチ売りの少女」
「フランダースの犬」
このあたりはまだクリスマスのお話としても。。。

ときには、「安寿と厨子王」という年もありましたね。

楽しい気分で過ごしたいのに、
本を開けると、冬の冷たさと人の冷たさが重なって、心がしんしん冷えていく思いになりました。

おとなになり心も分厚くなりまして、少しはしんしんしなくなりましたが
イブの昨日、島根県で巻き網漁船が沈没したニュース、
滋賀県でトラックのタイヤに空気を入れていたガソリンスタンドの事故、

現実にある悲しみはクリスマスであっても関係なく起こる。
その家族の思いを想像すると、やはり心はしんしんと痛くなる。

本ばかり届けた私のサンタさんは、もしかしたらソコの部分を持ち続けよと願っていたのかもしれないと思いました。
そのサンタさんのお墓参りに昨日行って来ました。
「ほんまは、リカちゃん人形欲しかったのに。。。。。」なんて。

一度だけ、「本」ではない形の包みの年がありました!
願っていたお人形だ!
でも、
リカちゃんではなくて「タミーちゃん」でした。。。
リカちゃんよりごっつくて、顔もイジワル

しばらくそのまま遊んでいたけれど、そのたくましさから断髪して、
「男役」になってもらいました!
今も持ってます!


さて、
あなたのサンタさんは願いをきいてくれましたか?
今なら、
冷たい海の中の漁師を
早く家に帰してあげてください。

その人も誰かのサンタさんなのだから。

by marrone-marrone | 2014-12-25 08:02 | ひとりごと | Comments(2)

ハーフティンバーの門衛所

車整備の待ち時間、
ぶらぶらその辺散歩で見つけました。


a0219573_6483551.jpg




a0219573_6492599.jpg

ハーフティンバー様式ですね。

門に隣接しているので門衛の為の建物でしょうか。



a0219573_6513333.jpg

門柱に「聖ヨゼフ修道院」とあります。

この西隣には聖ヨゼフ整肢園があり地続きになっているようです。


a0219573_704531.jpg

閑静な住宅地に見つけた古い洋館。

うちに帰って調べてみると、
此処は、住友財閥の衣笠別邸だったようです。
西大路までの広大な敷地に洋館と日本家屋が建っていたようです。

戦後の財閥解体で取り壊され、この門衛所が残ったというわけです。
大正9年から激動の時代を見てきたのですね。


私が通りがかった時にも、熱心にカメラを構える男性の姿がありました。


北野白梅町上がる平野神社の南
白梅町があれば紅梅町もあるんです。
この洋館のある場所は東紅梅町というようです。

by marrone-marrone | 2014-12-24 07:22 | 京都おでかけ | Comments(0)

今年最後のアトリエは、お菓子の家作り



a0219573_1072180.jpg


準備段階で不安のあったお菓子の家作り。
まあ、何とか組み立ててもらえました!




a0219573_1084245.jpg

初めての小さい子も経験豊富な6年生のお姉さんに時には厳しく(笑)指導を受ける、
タテ社会の学びも経験したようです。




a0219573_10131326.jpg

持ち寄りのお菓子も、


追加で焼いておいた


a0219573_10142334.jpg

こんなのも…



a0219573_10155860.jpg

とにかくてんこ盛り状態です。



a0219573_10165628.jpg



そして、
a0219573_10174552.jpg

完成したお家の中にキャンドルを灯し…

私がお茶をいれに行っている間に、
お家は見事「解体」され、お口の中へ、持ち帰り袋の中へと消えていきました。


体力的に限界を身にしみて、今年でおしまい!と思ったけれど、
期待されるともう来年のことを考えている。。。




a0219573_10252365.jpg

震災以来中止になっていたロームのイルミネーションが復活。

どうぞ、みなさま心温まるクリスマスをお迎えください。

by marrone-marrone | 2014-12-20 10:30 | 子どもアトリエ | Comments(0)

朝の空



a0219573_6454085.jpg

寒いということを除けば、
朝の空の美しさは冬が一番と思っています。

刻々と変わる空の色、
もっと見ていたいけれど、
朝ご飯、作らなあかんのよ。。。


今日も一日ごきげんよう!

by marrone-marrone | 2014-12-19 06:53 | ひとりごと | Comments(0)

寺町 進々堂で暖をとる



a0219573_95891.jpg

昨日の風で最後の一葉も飛んで行ってしまったことでしょう。

干してあった私のお気に入りの傘も吹っ飛んでいきました!
飛んでいきそうな所を探してもどこにもない。
諦めていたらマロンの散歩途中、離れた車道にひっくりかえっていましたよ。
有り難いことに無傷!
傘も旅するんですね~

そんな昨日の風は雪起こしの風だったのか、
今朝は雪景色です。

こんな日は、スープですね。


a0219573_9151472.jpg

先日、風の強い中を歩いてすっかり冷えたところで、寺町の進々堂でスープセットを注文しました。

ボリューム満点で、芯から温まりました。


a0219573_919714.jpg

サラダもおかわり自由のパン。。。



a0219573_9195017.jpg

紅茶もうれしいポットサービスで、
アア、これでやめておこう!  と思っているのにお姉さんがパンかご持って来られると、
「え~っと。。。」なんてまたまた。

他にもこのサービスのベーカリーカフェはありますが、ボリュームの点では此処がよろしいようで。

「進々堂」
大正2年創業。
店名の進々と言うのは、後ろのものを忘れ、ひたすら前に向かって進み…
キリスト者 内村鑑三の門下生だった創業者の命名

寺町店は、すぐ近くに工場があるようで焼きたてパンを台車に乗せてどんどん運ばれてきます。
寺町には、いろいろお店があって、ありすぎてここでゆっくりするのは初めてです。

っと、言っておきながら。。。
食事用のバケットは、


a0219573_933560.jpg

私はやはり「リベルデ」と頑固に思っていて、この日も立ち寄りました。

薄切りにしたバケットを軽くトーストして、オリーブオイルと岩塩で。
これに、前日のスープ。
うちの命の源です。

さあ、今日も一日ファイト!

by marrone-marrone | 2014-12-18 09:39 | 京都おでかけ | Comments(0)

ヘクセンハウスの準備



a0219573_2205113.jpg

電気スイッチのカバーではありません。


明日は今年最後の子どもアトリエ。
恒例のお菓子の家、クリスマスヘクセンハウスを共同制作。

今日はその準備。
昨日のうちに作っておいた生地を伸ばして型紙に合わせナイフで切って、焼いておく。
組み立てるのが子供たちというわけです。

ああ、しかし。。
今年はこれがきついと思いました。
老眼が進んで夕方の細かい作業がツライ!



a0219573_229847.jpg

何だか、ざっとした仕上がりになってしまって、
これじゃあ「いいお家」が建ちませんなあ~
子供たちからお小言頂戴しそう。。。
お家二軒分、
午後6時、ようやく焼き終えた。

なんだか怪しげなカタチも出来てしまいました。

意味不明なカタチも紛れていますわ。
どうか、皆さんの創意工夫でもって立派におうちにしてね!

by marrone-marrone | 2014-12-15 22:33 | 子どもアトリエ | Comments(2)

憧れのきもの美人

少し前から着付けの練習に通っています。

先週の先生のコーディネイトです。


a0219573_23274037.jpg

もうすぐクリスマス。
帯にもクリスマスがやって来るんです。

そして、


a0219573_2330910.jpg

半襟もご覧のようなお洒落。

この時期限定。ちょっと贅沢なお洒落です。
真似しようにも出来ないので、せめて写真にと撮らせて頂きました。

こんなお洒落な先生のコーディネイトが私の楽しみです。

年齢に相応しい着こなしや役立つマナーまで、
何を聞いても答えてくださる素晴らしい先生に対して、
私は全くの劣等生です!
初回なんて打ち合わせ、逆をやってしまいましたよ~!
他の方は飲み込みが早いのに、私はもたもた。

情けなく思い、せめて一番に到着して頑張ろうとちょっと努力しました。
そして、ようやく着られるようになりました。

実は、これでも30年ほど前に資格まで取得していました。
そんなこと、きれいさっぱり忘れてしまって、初心の学びです。


ある日のこと、
体をよじってやっとのことで結べた帯。。。
先生、「白い帯やし、お母さんちゃんとパールトーン加工してくれたはるんやなあ。」と仰る。

その一言で、母と反物を選んだ遠い日のこと思い出す。

あれこれ思って作ってくれた着物は、もうちょっと派手になってしまったけれど、
今度着て見せてあげようか。。。
私のことわかるかなあ。

着物美人は無理でも、週一はきもの!
家では割烹着。
外へはコート。
未熟者には有り難い季節です。

by marrone-marrone | 2014-12-15 07:15 | ひとりごと | Comments(0)

ひっくり返って粟餅台無し



a0219573_18575445.jpg

きな粉の粟餅、無残!残念。。。

ふつうに歩いていたのだけれどなあ~



a0219573_1925466.jpg

粟餅は北野の天神さんの南。
今出川通りに面して、懐かしい風情のお店。

お茶と粟餅三つ450円。

おじいさんとおばあさん、以前と変わらずお元気そうで、注文を受けたらお餅をちぎってあんこ、きな粉をまぶしてくれます。



a0219573_1975166.jpg

お餅の中、粟のつぶつぶが美味しいです。

お持ち帰りも出来ますが、
きな粉ばかりだときな粉が溶けて、私のように安倍川餅になります。
お持ち帰りにはあんこがよろしいようで。。。

それから、こちらは少し前、


a0219573_19132945.jpg

着付けのけいこ。
この日は、工芸帯地屋さんの二階でレッスン。
こんな可愛らしいお接待。
提灯型のお盆にお多福のお湯飲み。
京都の商店らしいおもてなしです。

それから、すいません!
お菓子は食べてしまってから写真撮りました。。
鎌餅でした。



a0219573_19291347.jpg

さて、お茶の買い物に寺町へやって来ました。
柳櫻園です。

「惜しげなく毎晩飲めるお抹茶はどれでしょう?」と私。

おすすめは初釜抹茶


a0219573_1934748.jpg

ふくよかで、お菓子が無くとも良いくらいと聞く。

ならばと、いつもよりきばって買いましたが、20グラムしか手がでませんでした。
「惜しげもなく毎晩飲めるお抹茶」と言ったのに!

お正月までお預けです。

by marrone-marrone | 2014-12-14 19:47 | 食べ物 | Comments(0)

最近のレッスン

最近のレッスンです。


a0219573_21113185.jpg

Tさんはマグカップ、ポピーのデザイン。
もう一つ、ムスカリも作られましたが、写真に撮り忘れました。
ブルー系の配色で素敵だったんだけどなあ。





a0219573_21155199.jpg

そして、今はタイルに植物画。
完成後は額に入れてお部屋に飾られるんだそうですよ。




a0219573_21231992.jpg

Uさんは、デミタスカップ。
私が見本に作ったのはグリーン系。
Uさんはローズ系で以前制作されたプレートに合うように

こんなふうに、色を変えるとどんな作品になるのか、
仕上がりが待ち遠しい、

by marrone-marrone | 2014-12-11 21:42 | ポーセレン | Comments(0)