金沢 ひがし茶屋街散策



a0219573_9544552.jpg

昔、五木寛之さんがこの界隈を散策しておられた映像がずっと心の中に残っていました。

それで、今回金沢へ出かけることになって最初に訪れたのがここ「ひがし茶屋街」
茶屋街の入り口には大型観光バスが停車。
国内外のグループ旅行の人の波の隙間に最初に見つけた「お気に入り」がこれ!


a0219573_1034897.jpg

コールドパーマ……いつからここにあるんだろう。。

写真を構える私の背後から、
「おもしろいもん、撮るねえ~」と年配の男性に冷やかされた。
(私も十分年配ですけど、真面目に撮っているんですよ~!)

このひがし茶屋街は1820年、当時の藩主前田斉広(なりなが)が点在していたお茶屋をここに集めて公認の遊里としたのが始まり。
当時は、板塀に囲われ入り口には木戸が設けられていたそうです。




a0219573_10192118.jpg

建物は、雪国の風雪をしのぐためか開口部が小さく、ガラス戸は二重になっています。

一階は住居、二階が宴席で身の安全とプライバシーを守るため一見さんは固くお断り。
そして一回の宴席は、「お線香二本分」と決められていたとか。
お線香一本45分。
その二本分ですから90分ということです。
この言い回しは現在も使われることがあるそうです。



a0219573_14192348.jpg

お茶屋文化館

ここは、「中や」と言って500円の入館料を払って入って見ました。
撮影禁止でした。

やはり二階がお茶屋のしつらい。
赤い土壁、深く青い土壁で上流町人の社交場となっており、武家や僧侶は立ち入りが禁じられて。。。。
(ホンマかいなあ~??)なんてちょっと思ったりしたら、やっぱり!
なんと!こっそり着替えて変装してまで此処にやってくる者もあったと聞きました。

一階は、黒髪を飾った櫛やかんざし、加賀蒔絵、象嵌、九谷焼の道具類が多数展示されています。
大きな虫眼鏡でその繊細な文様の美しさを見るだけでも価値があります。

さて、表に出れば





a0219573_1436026.jpg

現在は、しゃれたカフェが点在しています。


a0219573_1449549.jpg





そして、


a0219573_1450920.jpg

此処は、金箔屋さんの店舗。
もとは、お風呂屋さんだったのを改装して、金箔をちょこっと施した色々な商品が並んでいました。
ちょこっとですから私にも買えます。
金箔の裏紙を利用したあぶらとり紙や、金平糖にちょこっと金箔。

驚いたのは、パウンドケーキの上が全面金箔っていうの。
眩しすぎて食べれません~。
外国の観光客が多かった。

お店の前は広場のような空間がとってあり、これは昔から変わらず火災の類焼から守るための知恵。
「広見」と呼ばれるそうです。

さて、この後「まいどさん」というボランティアガイドさんと出会い、残り30分を案内してもらうことにしました。
続く。。。

by marrone-marrone | 2014-10-31 15:03 | ひとりごと | Comments(0)

冬先取りの金沢日帰り



a0219573_726224.jpg

金沢の玄関口、どこかで見たような大天井。
それでも圧倒されて興奮するワタシは、  アア、旅久しぶりだなあ。

はい、行って来ました。  日帰りで金沢へ。。

急遽決まってにわか下調べ。
どこへ行くか。
今回は、ひがし茶屋街、長町武家屋敷跡界隈、近江町市場と絞り込みました。



a0219573_7351540.jpg

朝野川大橋から主計(かずえ)茶屋街を望む。

いやあ、寒いわ。
京都は朝から太陽が出てまだ温かかった。
しかし、ここは北陸。
空の色が違う。

それでも、


a0219573_7445334.jpg




a0219573_7454259.jpg




a0219573_746440.jpg

こういう古いその土地固有の建造物を見つけると体はポカポカ熱くなってくる。
すべて現役、お茶の店や薬局だったりする。

目当てのひがし茶屋街はこの国道を右手に入ってすぐのところから始まる。
朝からびゅんびゅん、大型観光バスが走っていたけれど、
平日にもかかわらず観光客が多いのです。

とりわけ、外国からの観光客が多いのには驚きました。
その理由も含め、たった一日ではありますが金沢の魅力を自分の目で確かめてみようと思います。

続く

by marrone-marrone | 2014-10-30 07:59 | ひとりごと | Comments(0)

子どもアトリエ 「お弁当」

今週の子どもアトリエは、粘土。

今回は「お弁当」とテーマを設定してみました。
馴染みがあって想像しやすいと思ったら、やはり色々作ってくれました!


a0219573_20363252.jpg

イカリング、竹輪、海老フライ。
パン粉は、台所から持ってきました。ホンモノですよ!



a0219573_2039883.jpg

「私も、これ作りたい。どうするの?」  と言えば、
少し年長の子が手ほどきする。。。

年齢の違う子どもの交わる場。




一方、6年生の最近の作品


a0219573_20494589.jpg

外国の風景。


間もなく全員完成します。

by marrone-marrone | 2014-10-21 20:59 | 子どもアトリエ | Comments(0)

タルトタタン、焼きました。

台風で一日家の中。
りんごを買っておいたのでタルトタタン、焼きました。


a0219573_656619.jpg

煮たリンゴをケーキ型に詰め込んで、またオーブンで焼く。。。
ああ、  本当に! このお菓子は手間と時間がかかります。

2年前の失敗作は「タルトあカン」と命名~。
とても人様に見せられなかったけれど、


a0219573_73219.jpg

これならいいかな?


りんごは何個使っただろう。。。「大岡越前」の録画したのを観ながら皮を剥いていたから覚えていない。

少し傷んでお安くなったりんご。
届いたばかりの産直の紅玉など。
品種はばらばら。

結果、食感や風味が微妙に違って美味しかったですよ!


a0219573_711472.jpg

よそのタルトタタンは、お値段上等で手が出ないけれど、
おうちのなら、どんどんいけます!


a0219573_717165.jpg


でも、
さっそく切り分けて冷凍。
子供たちにもお裾分け。
レッスンでも出そうかなあ。。。

やっぱり、
誰かの為に作って、誰かと一緒に食べる方が絶対美味しいですからね!

by marrone-marrone | 2014-10-15 07:21 | 食べ物 | Comments(0)

アサギマダラがやって来た



a0219573_850484.jpg

先日アップしたフジバカマ。



a0219573_8512986.jpg

アサギマダラがやって来ました!

朝は一匹だったのが午後には二匹になっていました。
私が側を通っても、遠くまで離れることはありません。

茶色の枠の中にきれいな浅葱色。
美しい蝶です。

この蝶が海を渡って1000㎞、遠くは2000㎞を旅する。
どうか無事に南方へたどり着いて、来年もまたおいで。



a0219573_913798.jpg

フジバカマは、切って家の中に飾っているが、一週間以上経ってもしおれず咲いている。
アサギマダラがこの花を好むには何か理由があるのかなあ。


今年は、テッポウムシにバラを食害されて散々だけれど、
カマキリやテントウムシなど益虫もいるので、やっぱり農薬はやれない。
それに、


a0219573_921656.jpg

植物には虫はつきもの。
その延長に私たちも居るのだから。
とりあえず薬、という気にはなれない。




a0219573_9253964.jpg

風が強くなってきました。
今朝は、アサギマダラは来ていません。

また、台風がやって来ます。
どこも最小の被害ですみますように!

by marrone-marrone | 2014-10-12 09:27 | ガーデニング | Comments(2)

ケーキ焼いたけど



a0219573_531771.jpg

まるまる一個100円でカボチャを見つけて、カボチャ入りシフォンケーキを焼く。

この日は夫の誕生日。
二人だけになったのに、やっぱりホールで焼きましたよ!

ろうそくもつけました!
歌も歌ってあげました!

そやのに、歌の途中で「もういいから食べよ!」  と言われてしまった。。。

だめだめ!あかんあかん!
こんなにしてるのになんでやのん?  という心の呟き。
センスない夫はともかく、
やっている自分をを楽しまないと。

ムカッとするか、ニコッとするかどっちだい?
そりゃあニコッでしょ!!

ああ、それにしても、手抜きなデコレーションや。  アップしたけれど恥ずかしい。。。

by marrone-marrone | 2014-10-11 05:55 | ひとりごと | Comments(0)

はじめまして 小さいお方

4歳の小さいお方をお預かりすることになりました。


a0219573_6294066.jpg


まだ、この世に生まれて4年ですよ!

小さいお手々が動いて、その手元を凝視する一生懸命の目。
まずは彼女のペースを知ることからすすめます。



a0219573_6452480.jpg

あっ、立っていたのね?




a0219573_6474378.jpg

トイレットペーパー芯でいろいろ、考えました。

by marrone-marrone | 2014-10-08 06:50 | 子どもアトリエ | Comments(0)

えっ!?  と思うこと



休日の朝、台所に立っていると
「頭ガ イタイ…」 と起きてきた夫。

「えっ?頭が痛いの~?」 と私。

「エッ???   オハヨウ、マロンチャン!ト言ッタケド??」 (マロンちゃんとは犬のこと)

これ、どないです~?
長年連れ添ってきて、ここまでちぐはぐな会話をしたのは初めて!
お互い外国語、しゃべってるみたい。

お互い好きなことや別の話題を喋って、普通にご飯食べて、出かけて…。

これで思い出した光景があります。
子どもの頃、近所の「コバヤシのおじさん、おばさん」は、夕方になると二人並んで床机に腰掛け二人別々のお話しをしている。「ほな、入ろか~」とかいうおじさんの一言で同時にお尻が上がって二人は家の中へ消えていく…
別々のこと喋ってはるけど、仲はいいんや。。。。と安心した。

ええ~!?そんなふうになってきたの!?


a0219573_9153925.jpg

この日のブランチは、前日に買って来たプレッツェル。

変な会話が聞こえたのか、口を開けて笑ってる?!

なかなかお目にかかれないこのパン。
左京区岡崎にあるベッカライ「PERKEO」、おいしいです。
ドイツを旅してドイツパンに惚れ込んで、食べ歩いた一番のお店で修行を頼み込み、その後マイスター試験に合格したという人のお店です。
お休みが不定なので、お出かけの前にご確認ください。

ベッカライ「PERKEO」    075-752-5577   11時~17時

by marrone-marrone | 2014-10-07 09:30 | ひとりごと | Comments(0)

藤袴、咲きました。



a0219573_7403056.jpg

フジバカマが咲きました。

フジバカマ = 「藤袴」は、万葉集の秋の七草のひとつに数えられる植物です。
私の庭に咲いているのは本種の血を引き継ぐ雑種です。

本種は希少で、環境省の絶滅危惧種に認定されているそうです。


a0219573_753158.jpg

咲いた花の香りは、「蜂蜜」のようです。
そして、子どもの頃によく遊んだレンゲ畑を想像します。

渡りの蝶と言われるアサギマダラがこの蜜を好むのだそうで、京都の大原野で一面に咲く藤袴にアサギマダラ飛び交う映像をニュースで観ました。
絶滅危惧種に認定後、大原野で発見された本種を残して増やすプロジェクトが立ち上がり、
今では小学校や公園などで本種を見ることが出来るそうです。

この蜜をいっぱい吸って、アサギマダラは海を越え台湾など南方へ向かいます。

台風が近づいてきました。
アサギマダラはどうやってやり過ごすんでしょう。。。
人間とて自然という大海原にひらひら舞う蝶の様なもの。

都市の直線の集合の中に身を置き、眠らない夜の中に暮らしていると遠のく自然への意識。


どうか、最小限の被害で食い止められますように!
無駄に恐れず、乗り越えられますように。

そんなことを祈るようになりました。

by marrone-marrone | 2014-10-05 08:29 | ガーデニング | Comments(0)

子どもアトリエ「もうひとりのボク」

9月のアトリエ


a0219573_7222542.jpg

ボール紙を苦心して切って…


作ったのは、


a0219573_7244718.jpg

ほぼ等身大のボクたち。




a0219573_7253993.jpg





a0219573_726744.jpg


作業の中で一番だったのは、
全紙大の紙の上に寝っ転がって体の「型」をとった時。
くすぐったくて笑いが止まりません。。。

お邪魔になる大型の作品は、写真におさめて保存がおすすめ。
でも、しばらくは、
「もう一人、○○くんが居てくれてお母さん、うれしいわあ~」などと言ってみてください。
喜ばせたり、ほめられたりすることがやる気の源ですから!

by marrone-marrone | 2014-10-01 07:37 | 子どもアトリエ | Comments(2)