もうパフェは、あきませんわ。。。



甘くて冷たいもん食べたいなあ!


a0219573_83015.jpg



頼んだパフェは、
抹茶アイスにほうじ茶アイス。
ほうじ茶ゼリーに抹茶ぜりー。
杏仁豆腐(?)も入って
フルーツもはいってる。。。

半分食べて、一言。
「お腹の中がカーニバルや。。。」

しかも、冷える。。。

あ~あ、やっぱり餡蜜にすれば良かった。。。

ご親切に、色んなもんいっぱいてんこ盛りにしてくれたはるけど、やっぱり美味しいあんこと寒天と波照間の黒蜜の餡蜜に限る!
もうパフェはあきませんわ…

熱いお茶、もらえますか?

冷えたお腹をさする。

by marrone-marrone | 2014-06-29 08:23 | 食べ物 | Comments(2)

落ちたさなぎのその後

昨日の朝、さなぎは羽化していました。
まだ、暗いうちに羽化していたよう。。


a0219573_630336.jpg


ただ、床に落ちてそのまま既に羽が乾いていました。


一瞬でこの蝶は飛ぶことが出来ないと思ったけれど、出来るだけのことはしてみたい。
羽を動かす度にバランスを欠いてひっくり返ってしまう。
ひっくり返ってしまうことイコール蟻の餌食になってしまう…
a0219573_6591047.jpg

筆立てにドライラベンダーを刺してつかまらせる。でも、落ちる…

カーテンにつかまらせてみる…
a0219573_653820.jpg

これは大丈夫、つかまっている。


今日はアトリエあるけれど、こうしてずっとカーテン下ろしたままにしておこうか…
何にも食べてないじゃないか?
脱脂綿に砂糖水を浸してみる。
でも、そんなことよりただ生きることに必死に羽を動かすも、うまく広げられない。。

その羽音が意外に大きくて、飛びたい、飛びたいと言っているようで切なくなってくる。
暫く考えて、
外に出してやることにした。

よく、蝶がやって来るラベンダーの植え込みに置いてやる…
a0219573_75835.jpg

ここで、ホンモノの蜜の甘美、外の風や光を浴びて!
蝶の時間は私たちよりずっと短い。最後は蝶らしく生きて!

なんだか、午前中はこれに気持ちが向かってしまってあっという間に過ぎてしまった気がする。
夫からも息子からも「蝶はどうなった??」と聞かれる。

残念だけれど、あの蝶は飛べないから命は無いだろう。。

また今日も同じ蝶がいっぱいやって来る。
ひらひら楽しげにラベンダーの周りを飛んでいる。

ムシであろうと人であろうと、一つ命が消えても何でもなかったかのようずっと時間は回っている。
無情と言うより回せ、回せと回ることで悲しみも薄らいでいく。
蝶であろうとワタシであろうと、くるくる回る輪っかの中の一部なんだから。


気を取り直そう。

by marrone-marrone | 2014-06-26 07:39 | ひとりごと | Comments(0)

落ちたさなぎ

プチトマトの枯れた葉を摘んでいたら、指に葉とは違う感触を感じた。
ぷにゅっ!  としている。。。

さなぎ?!

落ちたさなぎは上手く羽化出来ない…そのことは知っていたけれどどうしたらいいのか分からない。

そこで、かつてムシ博士と言われた長男にメールできいてみる。
返信は、いつも遅いか無しが常だが、ムシのこととなれば添付ファイル付きで返ってくる。



a0219573_7331670.jpg

紙を巻いて、こんなポケットみたいなものを作る。
作るのは夫。



a0219573_7355090.jpg

それを割り箸に取り付ける。



a0219573_7363699.jpg

さなぎをそっと入れます。。
この時、背中側を割って出てくるらしいので、入れる向きに注意します。



a0219573_7383890.jpg

雨に濡れないように、そして子供たちに見て貰えるようにアトリエの植木鉢に刺しておきました。

どうか、上手く羽化しますように。。。。

50代夫婦、
さなぎが我が子に重なって、、、
気がつけば必死に応援していたね!

by marrone-marrone | 2014-06-25 07:46 | ひとりごと | Comments(0)

挿し芽をした紫陽花、咲きました。



a0219573_19224582.jpg

数年前、京都府和知町の道の駅で買った花束。
可愛いピンク色の紫陽花が組まれていた。

可愛いので、挿し木をしておいたら今年初めて花が咲きました。


a0219573_19265833.jpg

日毎変わる花色が目を楽しませてくれます。

紫陽花と言えばカタツムリとか…
しかし、近頃お目にかかっていない。

先日、無農薬野菜のセットに付いてきた!
「お久しぶり~!」

遙か昔の幼稚園の頃、
大きなジャムか何かの瓶にぎゅうぎゅう詰めのカタツムリを持ってきた外国人の友だちが居た。
そんなものを持ってきたその子をカッコイイと思ったのを覚えている。
昔は、それほどカタツムリがいた。今は本当に見かけなくなった。

で、野菜に付いてきたカタツムリは庭の紫陽花の葉っぱに乗せておいたけれど。。。。

by marrone-marrone | 2014-06-21 19:48 | ガーデニング | Comments(0)

最近のレッスンから



a0219573_11291380.jpg

T.Tさんの大小2枚組のプレート、あと少しで完成です。
自由作品。オリジナルです。
たまたま持っていた雑誌の切り抜きが役立ちました。
アザミがお好きだと言うことで、好きなものには、意欲も愛着もわいてきます。

毎日使うものが、自分で好きなようにデザインできて、作って使えたならそりゃあhappyです!




で、私は…


a0219573_11393953.jpg


同時進行のもう一つ、


a0219573_11403612.jpg



山好きの長男とその彼女に制作始めたばかり。


せねばならぬ事多々あり、また作りたいモノ多々ありで何時完成するのか分かりませんが、
デザインが思いついたら下書きも無しに直接描く。。。
そう言えば、ホント最近紙に描いてないなあ~

by marrone-marrone | 2014-06-21 11:51 | ポーセレン | Comments(0)

ガラス器絵付け

父の日のお父さんの絵付けは、すばらしかったです。
しかし、
子どもアトリエもそれぞれ頑張りました!



a0219573_6303040.jpg





a0219573_6335088.jpg


透明は、有り難い。
トレースの必要がありません。




a0219573_636437.jpg

ガラスを通すと食べものも美味しく見える。

ガラス絵付け、ちょっとはまりそう。。。

by marrone-marrone | 2014-06-18 06:43 | 子どもアトリエ | Comments(2)

父の日の思い出制作

昨日の父の日、
ガラス皿絵付け体験に子どもアトリエのMちゃんがお父さんと参加。
(お子様男子には慣れているけれど、お、お父様だ!)と内心、身構えましたが、


a0219573_21345852.jpg

こんな素敵な作品がささっと出来上がったのです!



a0219573_21374658.jpg

たくましい手指から繊細な線が生まれて、相当描くことがお好きでお上手で、ワタシは何にも言うことがありません。
直ぐ横で、やはり器用なMちゃんは転写紙を使ったパン皿を制作。

父娘、並んでの制作風景、いいですねえ~!
誘ってくれるお嬢さん、いいよと来て下さるお父さん。どちらもお幸せですね!

小学6年生の父の日、
出来たのはお皿だけじゃなく、お父さんと一緒の思い出も。

by marrone-marrone | 2014-06-16 21:55 | ポーセレン | Comments(0)

カフェミュラーの駐輪アイディア



a0219573_9405134.jpg

昨日行ってきた「カフェミュラー」の駐輪スペースです。
いいアイディアでしょ?!

こうして一台、駐めてあったから分かったわけで、


a0219573_9432786.jpg

駐まっていなかったらきっと気づかなかったでしょう。

シンプルでローコストで機能的、さすがです。


今朝はよく晴れてとても爽やかです。
暑くなる前に用事を済ませます。


a0219573_9533853.jpg

まずは、メダカの餌やり。
こういう小っちゃい用事から始めないと忘れてしまうんです。

そして、この時期mustなベリーの収穫。


a0219573_958389.jpg

毎朝このくらいですが、
牧羊犬マロンを庭に出す前に摘んでおかないと丸坊主になってしまうので!

まあ、こんな小っちゃい用事の積み重ねが暮らすことだと思います。
どか~んと身に余る幸せより、このくらいを続けられていくことが有り難いもんだなあと、
今朝はなんだか殊勝な気分です。

by marrone-marrone | 2014-06-14 10:07 | 京都おでかけ | Comments(0)

京都のドイツでティータイム

今日は、ちょっとドイツでティータイムでした!
京都ですよ!
京都の中のドイツ空間…


a0219573_23453423.jpg

「カフェ ミュラー」と言います。

場所は、川端通り東一条と近衛通りの中間にあるゲーテ インスティトュート ヴィラ鴨川。



a0219573_23511011.jpg

洗練されたスマートな空間と、


a0219573_23524241.jpg

目の前に広がる緑。



a0219573_2354643.jpg

本場ドイツの生ハムやチーズ、サーモンを挟んだプレッツェルサンド
(隙間から中味が落ちて、ちと食べにくいですな。。)

そして、
コーヒーは、ダルマイヤー。
ケーキはチェリーのケーキ。


a0219573_014114.jpg

甘いかと思いきや、ほどよく美味しかったですよ。

何より食べものだけではなく、殆どがドイツメイドの空間なのです。



a0219573_055116.jpg

「あなたが腰掛けている椅子は…」    シュテファン ディーツデザイン。
「あなたを照らす灯りは…」        ERCO。
カトラリーとカフェマシーンは、W M F
食器は、ローゼンタールということです。

当然、ドイツビールも豊富に並んでいましたよ。



a0219573_0161031.jpg

それから、そばには「図書室」があります。
図書室というよりオープンな読書スペースという規模。ざっと見ただけでも料理本や絵本、デザイン書などドイツ語と日本語の本が並んでいて自由に閲覧できます。
そして、これらはカフェで見ることも出来るのだそうです。



a0219573_024048.jpg

さらに、ドイツ映画やドキュメンタリーなどのDVDも観ることが出来ます。

そんな気前のいいのはどいつだ?!

ドイツだよ!


ゴメンナサイ、ネジを締め直します。。

昔は、ドイツ文化センターという名称だったと記憶します。
一体どんな使われ方をしているのか知る由もなかったのですが、プレッツェルにビール、ドイツ菓子が味わえるカフェもあると聞けば出かけるわけです。

平日の午後でしたから、ゆっくり出来ました。
図書室は、是非もう一度足を運びたいと思うアイディアソースが沢山ありました。

アーティストレジデンスだけにアカデミックな雰囲気が漂っています。
全体の落ち着いた色調や機能的なデザインは、京都に居ながらドイツ空間という気持ちになります。

硬いパンや可愛げのないケーキが好き。
黒い飲み物が好き。
こんな私みたいな方にはオススメかも??

「カフェ ミュラー」     075-752-4131
                11時~20時 月曜定休
                パーキング無(北隣にコインPあり)

by marrone-marrone | 2014-06-14 01:05 | 京都おでかけ | Comments(0)

ガラス器絵付け

今週は、ガラス皿への絵付けです。


a0219573_229422.jpg

自由に下絵を描いて、
ガラスは透明ですから下絵通りに絵筆を動かせばいいわけです。

が!
これが大変らしいんです、子供たちには。
お皿は中央部がくぼんでいるので(裏面では出ているので距離感がつかめず)片目を閉じたりして頑張っていましたよ。


a0219573_22165261.jpg




a0219573_22191266.jpg

6年生にもなると、本当に自分が好きなもの、使いたいものが作品作りに反映されてきます。
こういう作品作りとなると、事前にデザインの構想を練ってやって来ます。
いいですねえ!

将来、彼女たちが日々の暮らしの中で欲しいものを自分で作ってみようという発想を持ってほしいと願います。

さて、最近入会された幼稚園のW君の作品です。


a0219573_22405318.jpg

「僕」だそうです。
僕がドカンと主人公です。
小っちゃな体で精一杯で一生懸命が伝わります。





a0219573_2253110.jpg

そして、先週は…
ちょっと立体絵画。
接着に使用したのは、シーリング材でした。
ちょっと余ったので、私も何か作りたくなりました。

ガラス皿は、電気釜で焼成後、来週には皆持ち帰ります。

by marrone-marrone | 2014-06-11 23:13 | 子どもアトリエ | Comments(0)