クリスマスレッスン

クリスマスレッスンがスタートしました。
今年は、オーナメント制作。

a0219573_22075210.jpg

普段レッスンに来られていない方や初心者を対象に
2時間完結レッスン。

となると、転写紙を使います。(貼りたい場所にシールを貼るような作業…)

a0219573_22193464.jpg
だけど!
やっぱり手描きもプラスでしょ!

それでこそオリジナル。


a0219573_21583984.jpg
オーナメントは、裏表両面ありますから
裏は、こんな風に手で持ちながら描くしかないんです…

a0219573_22215002.jpg
でも、無事完成。
手描きプラスでそれぞれ違うものが出来きました。


a0219573_06363096.jpg
今年は、クリスマスレッスンの案内が遅れた上に、ブログでもアップ出来なかったのですが、
申し込みがあってほっとしています。

オーナメント以外に2回完結のクリスマスプレートも企画しているのですが、
毎年来て下さるAさん、遅れた案内に「先生、お元気かしら??」と心配したと。

はい、元気です!

何年もクリスマスプレート作っていると、正直、
デザイン考えるのだんだん厳しくなってきます。

そんな時は、たのしみにして下さっているAさんの顔を思い浮かべて無い知恵しぼってでも頑張ろうと思えるわけです。

何かと忙しい11月。
そして、明日から12月ですねえ!

あっという間の一年です。

by marrone-marrone | 2013-11-30 06:57 | ポーセレン

母の手




a0219573_7514581.jpg

この手でずっとご飯を作り働き…
忙しいのに何でも作ってきた手。


とりわけ編み物が好きで、
夜中にガアー、ガアー編み機の音がして、数日すると私の冬のシュミューズやブルーマが出来上がっていた。

着ると毛糸がチクチクして有り難くなかったけれど、
綺麗な透かし模様は好きだった。



a0219573_7581860.jpg

病気になってからは、そういうことが出来なくなったけれど、
もの作りの愉しさは、しっかり受け取った気がする。

今も何か作りたそうな小っちゃいこの手、
可愛らしくて思わずカメラを出した。

by marrone-marrone | 2013-11-28 08:05 | ひとりごと | Comments(0)

晩秋の花

冷え込みが厳しくなった庭でじっと咲いているアルバブレナ。


a0219573_23383222.jpg


春の花は、次々に咲いて楽しませてくれるけれど
秋の花は、数は少ないけれど長く楽しませてくれる。




a0219573_23414485.jpg

ピエール ド ロンサール
今年最後の花

春には見られない複雑な花色が秘められている。
一生懸命さが愛らしく
毎朝声をかけている。

by marrone-marrone | 2013-11-26 23:48 | ガーデニング | Comments(0)

ペンダントトップ

幾つか描いたペンダントトップ。

シニアグラスのチェーンと絡まるのでペンダントはしないしなあ~



a0219573_23553910.jpg

そんな時は、とりあえず周りをくるりと見渡してみる…
で、これこれ!
麦わら帽子に。

夏も冬も!
庭仕事をするとき被る麦わら帽。

もう10年はお供してくれてる帽子へ勲章かな??

by marrone-marrone | 2013-11-26 00:02 | ポーセレン | Comments(0)

Uさんの力作マグカップの完成!



a0219573_9333082.jpg

生徒さんのオリジナル作品です。

旅行されたイギリスの風景のひとこま。
ご主人とペアです。




a0219573_10303110.jpg


古典的な花柄の手描きも、
時には転写紙を使っての手描きプラスというのも、
このように風景など、画用紙に絵を描く感覚で描くのも、

ものが磁器と言うだけで「お絵描き」と同じなんです。
とっても実用的で楽しい!
いろいろやってきて、これに出会って良かったといつも思っています。


風景は、背景などを描いていく手順を押さえれば、とても自由に描いて頂ける。
書き込むほどに良くなっていくので、どこで止めればいいのか分からなくなります。

何年も経ってから、加筆することがよくあります。


Uさん、これで紅茶を飲むたびイギリスの旅の思い出が蘇って、お茶は一層おいしいでしょうねえ!

by marrone-marrone | 2013-11-24 10:44 | ポーセレン | Comments(0)

マグカップ完成。  明日お渡し

ネーム入れ、焼成した復活幼稚園PTAマグカップ、明日お届けです。

皆さんの多様なデザインを拝見して、刺激をもらいました。
一部をご紹介します。


a0219573_21183331.jpg




a0219573_21211713.jpg






a0219573_21245225.jpg




自由な発想、おおらかなデザイン、新鮮です。

忙しい一日のちょっと一休みに明日から使って頂けますね!



さて、私はクリスマスのオーナメントを制作中。


a0219573_2364934.jpg

試行錯誤の連続です。
出来たらアップします。

by marrone-marrone | 2013-11-21 23:11 | ポーセレン | Comments(0)

クリスマス用のお茶を求めて

クリスマスレッスンに出す紅茶、
スチュアート麻子さんのブレンドティー「english orchard tea」を買いに高島屋にある「ばらの木」へ。

サロンは満席で外で待つお客さんもありました。
こちらには始めて行きます。
茶葉のあるコーナーに案内して貰って、目当てのティーを探すも見つからず。
あらまあ、完売!
来年以降の入荷とのこと。。。

ならば、違うものをと他の茶葉のサンプルをクンクン。

でも、クンクンではダメなんですよねえ。
鼻と舌は別物ですから。
実際に淹れて飲んでみないと分からない。
優雅にアフタヌーンティーのお客さんに背を向けひたすらクンクン。


「エルダーフラワー」、「フラワーーシャンペン」など、春夏をイメージする。
まあ、春も夏もまたやって来るんだからいいかと、後者を買うことにした。

すると、係の人が「よろしければ、こちらもどうぞ!」とエルダーフラワーをポンと下さる。
え~?!
よろしいんですか?・?ひとつしか買ってないのにもう一つ貰っていいんですか??なんかのキャンペーンですか??
と人の好意を素直に受けられずに念を押すワタシ。

どうやら、10月にブライトンホテルであったセミナーに参加したときにお見かけした顔…
お互い何となく覚えていたようで、かな??


で、infuse tea淹れてみました。


a0219573_22503282.jpg


まず、完売したというenglish orchardは、紅茶葉にグレープ、アップルビーズ、アーモンドが入っています。
アーモンドの香りが冬に似合います。


フラワーシャンペンは、
茶葉にコーンフラワー、ゴールデンサルタナ、アロニアベリー
ちょっと中国茶のような香り

エルダーフラワーは、
茶葉にキンモクセイとエルダーフラワー。
爽やかです。
自分でクンクンして決めたのよりも、こちらの方が好みでした。
食後の口直しにも良さそうです。


基本、香り付きの紅茶はあまり好きではないのに、貰ったから美味しいのかもしれない。

それでは、

クリスマスレッスン、新しいお茶を用意してお待ちしています。

by marrone-marrone | 2013-11-19 23:00 | 食べ物 | Comments(0)

犬も散髪で変わる



a0219573_726045.jpg

お父ちゃんに散髪してもらって甘えるマロン

散髪前なんてワイルド過ぎた。





a0219573_7335970.jpg

通りがかりのよその犬。

こんな風にこっちを見ていると、反応が欲しくなって呼んでみる…
「ポチ?」
「……」

「ジョン?」
「……」

「コタロウ?」
「……」

賢そうに何の反応もないと、
我を忘れて「ワン?!  ワンワン!」
私がイヌになってしまう。


それでも、この子は首も傾けずじっと見ていた。

by marrone-marrone | 2013-11-18 07:43 | 愛犬 | Comments(0)

京都薬用植物園  温室



a0219573_2210426.jpg

先日、行ってきた京都薬用植物園見学会。
温室に身近なお馴染みの薬用植物が数多くあって面白かったのでアップします。



a0219573_22162069.jpg

貴重なバニラビーンズ
花が咲くと職員の方が一つひとつピンセットで受粉されるんだそうです。



a0219573_22185443.jpg

コラの木とは、コカコーラの素とも言えるもので、薬効は興奮剤とか。






a0219573_2233142.jpg




カシューナッツです。
帽子を被った様な実の下の細長いのが私たちの食べているカシューナッツと言われる部分。
現地の子供たちは、帽子の様な部分をつまみ食いするんだそうです。
しかし、カシューナッツはウルシ科の植物。
子供たちの口の周りは真っ赤に腫れてつまみ食いは簡単にばれてしまうんだそうです。



a0219573_22341165.jpg

パパイヤは、青いうちにこそ薬効があるそうです。



a0219573_22354290.jpg

余りに見事に成っているバナナに興奮してピンぼけになってしまいましたよ。
バナナの薬効は聞いていませんが、熟れていたら皆さんに一本ずつ差し上げたところですなんて…残念すぎます。。。



a0219573_22395057.jpg

アセロラ。
面白いことアセロラは、ご覧のように針金で縛ったりして痛めつけるほどにたくさんの実を付けるのだそうですよ。

他にも身近なスパイスなどもたくさんありましたが、
日にちが経って、撮った写真とメモが一致しなくなってしまいました。。。
やっぱり、復習はすぐにやらないとダメですねえ。

今回で私にとっては2回目になる見学会ですが、植物が私たちの健康を維持して体質を改善したりすることを強く感じました。


ここ、京都薬用植物園は、年3~4回、希望者を無料で案内してくれます。
事前の申し込みが必要。
次回春は、椿園を見学出来るそうです。


a0219573_2253554.jpg

比叡山の山裾、曼殊院に程近くその他の史跡も多い所。
それぞれの季節に訪れても違った景色も楽しめていいのではないでしょうか。

見学の申し込みは、「京都薬用植物園 」でお調べください。

私たちはこの後、雨もあがったので曼殊院へ行きました。



by marrone-marrone | 2013-11-17 22:24 | 京都おでかけ | Comments(0)

秋の京都薬用植物園見学会

先日、京都薬用植物園へ再び行ってきました。



a0219573_945917.jpg

この景色です!


同じ場所でも季節が変われば違った表情を見せてくれる。
特に秋の紅葉を期待して参加。


a0219573_9133156.jpg

紅葉は始まったばかりという感じでしたが、
今回始めて案内された「樹木園」は、標高194、8メートル。
歩を進めるほどに木の葉が色づいて美しい。
その頂上には、東屋があり京都市の北東部、修学院あたりの景色が見られます。


a0219573_9215275.jpg

雨と言って時々降る程度で、水墨画を見るように風情があります。



a0219573_9282785.jpg

セコイヤの大木



a0219573_929458.jpg

樹木園は自由見学になっていて、自分のペースで歩いきます。
で、頂上に到着すると社員の方が待っていらっしゃる。
眺めが余りに美しいので、……ここでお弁当でも食べれば美味しいだろうなあ……と思った瞬間、
ここでの飲食は禁止と書いてありましたね。。。残念



a0219573_9373928.jpg

歩いていると、山の匂い、樹木の匂いを感じどんどん元気になっていく気がします。

私は子どもの頃から山の側で過ごしているのでそう感じるのかも知れない。
しかし、平地で生まれ育った主人は、あ~、しんど。




a0219573_945199.jpg

ここで、もっと樹木に癒される時間を過ごしていたいと思っても
「見学会」ですから、時間に限りがあります。

落ちている松ぼっくりを拾って鼻を近づけると山の匂い。
ポケットに入れて山の匂いのお持ち帰り!


比叡山を背後に位置する京都薬用植物園、樹木好きにはたまらなく素敵な秘密の花園のようです。


今朝、リスがここで木の実を食べていましたよ!と聞きました。


今回の見学会は、樹木園の他に漢方処方園、そして温室を案内されました。

次回春は、「ツバキ園」を案内されるという。
この会は、参加者が毎回多いとのこと。
ツバキ愛好家の絶好の撮影会さながらだそうですよ。

薬用植物園の魅力は、随所にある上、案内して下さる内容がとっても興味深く濃い。
せっかくの説明をカメラのシャッターチャンスに気をとられて聞き逃すのはもったいないと思うのです。

で、最前列で熱心に聞いているとね、「では、ちょっと味見してみますか?」
なんてしぶ~い実を手渡されるんですよ!
それを食べたのが、、主人なんですけどね

by marrone-marrone | 2013-11-16 10:25 | 京都おでかけ | Comments(0)