京都薬用植物園 研修……続き2

続いて案内されたのは、「漢方処方園」。

「葛根湯」、「八味地黄丸」などお馴染みの漢方薬がその構成生薬ごとに植栽されたベッドがあります。
漢方を知るには絶好の教材です。


a0219573_205737100.jpg

「葛根湯」は、


a0219573_20591475.jpg

文字通り、この葛の根の葛根。
これに加えて
麻黄、桂皮、芍薬、甘草、タイソウ、ショウキョウの七つで構成され「葛根湯」となるということや、
体力が落ちているときには、葛根と麻黄を除いた「桂枝湯」がよいと説明がありました。

一人ひとりの体質や症状により足し算、引き算をして処方する漢方…薬学というと難しいけれど、こういう生きた植栽を見ながら説明を受けると身近に感じ、自然と好奇心がわいてきます。



a0219573_21194969.jpg

最後に展示棟へ案内されました。



a0219573_21225091.jpg

まるで異人館のような展示棟は、明治41年、野口孫市設計の洋館。
もとは、神戸市東灘区にあったものを震災後こちらに移築されました。


a0219573_2128698.jpg



a0219573_2129335.jpg

床材の寄せ木は、各部屋毎にデザインが異なるという凝りよう。

二階の格子窓越しに京都市内が見えます。
ここは、比叡山の裾野。
曼殊院、修学院離宮などにも近く史跡と自然に恵まれた場所です。

ここまで来られたのなら、離宮は事前申し込みが必要ですが、曼殊院や詩仙堂などへ足をはこんでみられては如何でしょう。




研修会は、2時間弱を3名の職員さんが交替で案内して下さいました。

今回は行けなかった「樹木園」、「ツバキ園」、そして温室にも行きたいと思います。


さて、私はこの薬用植物園の近くに長らく住んでいたので、懐かしくて写真を撮ったのでご参考に、
バス停からの風景を紹介します。


「京都薬用植物園」

左京区一乗寺竹ノ内町

075ー781-6111

次回、11月にも研修会あります。詳しくは「京都薬用植物園」で検索してください。  参加費は無料

by marrone-marrone | 2013-09-26 22:03 | 京都おでかけ | Comments(0)

京都薬用植物園 研修会つづき1

研修会。香辛料園、民間薬園に続いて中央標本園へと案内は進みます。


a0219573_21224241.jpg

桂皮…ニッキの木。
もう少し説明をしっかり聞いておけば良かったと思うのですが、、、
実は他のことに気をとられてこのあたりで私はメモをとるのを止めてしまいました…。




a0219573_21272043.jpg

「オニバス」…昔から興味のある植物で、これに乗っかってみたいと子どもの頃に憧れていました。

ところが、これは「オニバス」。これより更に大きいのが「オオオニバス」で、それになら乗れる??かどうかは定かではないが…とにかく「これには、乗れません。」とこちらが思っていたことを先に言われてしまって…、心を覗かれたようで動揺するではありませんか。。

それから、葉裏を覗ているこの少年が、さっきから物凄く植物や漢方に詳しくてびっくり!
職員の方が植物名を言い終わらぬうちに反射的にその名を言うんです。
漢方にも詳しい!
私が漢字を読めないものまでサッと読みます。 お見事!
それから…


a0219573_21481286.jpg

シマヘビがいました。
緊張しているのか固まってこっちを見ている…
へびをこんなにじっと見るのも、見られるのも滅多にないこと!
もう、メモをとってなどいられないのです。。。


a0219573_215230100.jpg

旺盛な葉を茂らせているのは、ウコンです。



a0219573_2153737.jpg

予め用意してある根を切って見せて下さいます。



a0219573_2156352.jpg

綿の花が咲いています。
これが日本古来の綿で、奥には外国種の綿も植栽されていました。
日本の綿花は、繊維が短く機械織りに適さないという理由で希少種になっているそうですが、最近の研究で繊維の中が中空になっていると言うことがわかったとか。
ならば、この日本古来の綿花で手織りでTシャツでも織れば、快適な一枚が…ただし、大変な値段になるでしょうと。



a0219573_2284275.jpg

橙(ダイダイ)の木。



a0219573_22131763.jpg

ぽっとん命尽きた、これも橙。

橙の木について感心するお話を聞きました。
木の手前に今年成った青い実…、奥には昨年成った黄色い実がまだ見えます。
橙は、自分の次の世代がしっかり一人前になるのを見届けて地に落ちるというのです。

途切れることなく木には実がなっている。
代々続くに当てはめての橙。
その縁起をかついで、お正月飾りには橙を用いると言うわけだったんですねえ。
ミカンではちょっといけませんね!

私には、青い未熟な実が我が子に見えてきて…
じゃあ、ぽっとん落ちている萎びた黄色いのが…???
ごくろうさんでした。
ああ、
このあたりで、何だか疲れちゃったなあ~

この後、漢方処方園へと案内は続きます…

by marrone-marrone | 2013-09-25 22:10 | 京都おでかけ | Comments(2)

京都薬用植物園 研修会



a0219573_8491245.jpg




a0219573_8503999.jpg




a0219573_8514934.jpg


こんな素敵な所に行ってきました。

「京都薬用植物園」…
地元では、武田農園と呼ばれていましたが、ここは、武田薬品工業が薬用植物の栽培研究の為に昭和8年に開園した薬用植物園。

普段は、一般には公開されていませんが、事前に指定された日時に申し込めば見学できます。


北白川通り「一乗寺清水町」バス停より徒歩およそ15分。
ひたすら登り道、汗をかきかきたどり着くと門の手前から職員の方が出迎えてくれました。

園内は、八区画に別れていて、見学者は10数名のグループになり2時間弱かけてまわります。
この日は、まず「香辛料園」へ。


a0219573_99843.jpg

「メボウキ」って表記してある植物の前で説明がありました。
これ、見た目バジルですよね!

そう、バジルなんです。
で、職員の方がその種をとって説明されます。


a0219573_911573.jpg

こんなふうに、種を水に浸すと間もなくゼリー状のものが種から出てくるのだそうです。

バジルと言えば、イタリアンに欠かせないハーブという認識しかない私でしたから、この後の話には本当に驚きましたよ~。
日本には江戸時代から薬用植物として使われていたと…
たとえば、目に異物が入ったとき、この種を目に入れて分泌されるゼリー状のもので取り除いたとか!

それで、目を掃除してくれる(?)ほうきというので和名を「メボウキ」と言うんだそうです。

見学開始早々に面白くなってきてウキウキですよ!




a0219573_9254969.jpg





a0219573_9283028.jpg

胡麻…黒ごま、白ごま、金胡麻。これらは植物体そのものが違うということや、
わさび…本わさびというのは日本のわさびですが、辛味は西洋わさびの方が強く、栽培も容易でこちらを原料にしている場合が多いのだとか。

その他、お馴染みのハーブ類も植栽され、その効能も表記されています。

「民間薬草園」では、冬瓜が成っていました。
夏にとれて夏に食べる冬瓜がなぜ「冬の瓜」と書くのか、不思議に思っていましたが…
暗所に置いて冬まで保存できるのでその名が付いたのだとか。


この二つのエリアは、さながらキッチンガーデンという感じで、とても興味深く説明を聞きました。
カメラ、メモ、両手がいっぱい。
ヤブ蚊に刺されてもかゆいところに手も出せないというふうでしたね。


そうそう、この季節なら帽子と虫除けスプレーは必携と我ながら準備万端で行きましたが、正解。
大きめのパラソルを準備してありましたが、傘は周囲の人に邪魔になるので帽子の方が良いですよ。
虫除けスプレーは見学者用に置いてありましたが、見学の後半効き目が無くなるので。

春から夏にかけての参加なら、日焼け止めもお忘れ無く!
足の甲に靴の跡がつきましたよ。

しかし、そんなことを忘れるくらい、植物と人との昔からの深い関係を改めて思う有効な時間を過ごすことが出来ました。
この後、「中央標本園」「漢方処方園」、「展示棟」へと案内は続きます…





a0219573_1055532.jpg

by marrone-marrone | 2013-09-25 10:10 | 京都おでかけ | Comments(0)

秋の思い出

誰しも季節毎の思い出というものをお持ちと思うのですが、
私は、この季節がやって来ると幼かった頃、父と比叡山に登ったことを思い出します。

母は家で片付けでもしていたのか、山登りの思い出には、いつも父が思い浮かびます。

山登りなんかイヤ!  と言えないような小さい頃から登っていました。
よく晴れた秋の日曜日の朝、
自宅から雲母坂まではすぐ。
そこから登って、夕方陽が沈む前に下りてくるのです。


a0219573_17425315.jpg

下りる頃には、ちょっと肌寒い空気になっていて、
ススキの穂が夕陽を透かして光っている光景は、今も目に浮かびます。

その時に近い光の具合とか風とか…五感で感じたことは、年齢を重ねても覚えているんですねえ。



父親との山登りよりもずっと大事な日曜の過ごし方を覚えてからは、比叡山にも登っていませんが、遠くに見える比叡山は、いつも気にしている山です。



私には、幸いこういう変わらない故郷があるけれど、
震災や災害で姿を変えてしまった故郷…
原発事故で近づくことの出来なくなった故郷を持つ人…

身を置き換えると、胸がいっぱいになります。


幼い頃の故郷の風景というのは、家族のようなもので、近くに居ると当たり前すぎて有り難くも思わず、離れてみて或いは姿を変えて初めて「ああ、なんて愛しいものか…」と思うのかもしれません。
自分の細胞の一粒ひとつぶに、あの懐かしい景色が宿っているんだなあと、この季節になると思います。

by marrone-marrone | 2013-09-23 18:02 | ひとりごと | Comments(0)

「パンとおやつのマーケット」



a0219573_833347.jpg

こんなポスターを目にしたら、無理矢理でも予定に組み込んで行くのです!

四条通りの藤井大丸の屋上で二日間限りのマーケット。



a0219573_8411018.jpg

ちょっと写真では、様子が伝え切れていませんが、結構活気がありましたよ!
京阪神の人気のショップが、なんだか学祭の模擬店感覚で出店。
若い人が頑張っている姿を見るだけで、涙腺が緩むオバチャンのワタシには、目にも舌にも心も楽しませてもらえましたよ。



a0219573_8475038.jpg

気になっていたお店「オステリア バスティーユ」が出店していました。

この、店名おもしろいですよね。
オステリアは、イタリア語。
バスティーユは、パリにある地区名…それでイタリアンなのかフレンチなのかどっちなん??

答えは、どっちもあり!こだわらずに美味しいモノを提供するということらしい。

で、


a0219573_8535120.jpg

自家製レモネードとフォッカチャを買って食べました。
美味しかったですよ!
300円で味は、さすがに本格的。

ランチボックスも興味があったけれど、売り切れでした。。。


昔は、藤井大丸、よく行きました。
今は、もっぱら地下の食材売り場のみ行きますが…

久しぶりに各階の今どきファッションを「見学」だけして…
やっぱり最後は、地下で食材買って出ました。

デパートの屋上も久しぶりです。
町中と言え、見上げた空は秋の澄んだ空色が広がって気持ちよかったですよ!

by marrone-marrone | 2013-09-23 09:06 | 京都おでかけ | Comments(0)

ステキな写真を撮る人…渡辺未知さんグループ展

最近、大好きな駒井家住宅での美しいウェディングフォトを見つけました。
渡辺未知さんと言って、京都、全国、そしてイギリスへも旅するウェディングフォトグラファーという彼女。

講座を持たれているグループ展が開催されているギャラリーへ行ってきました。

河原町松原にある会場のギャラリーは…


a0219573_22484583.jpg

本当に小さな空間で…



a0219573_22513353.jpg





a0219573_22523363.jpg

狭い階段を上がった狭い空間に、可愛らしく展示されていました。

25人それぞれに色、光、ニュアンスのある作品が小さくても心に残ります。

きっと、指導される未知さんという方は、ステキな人なのだろうと想像します。
(ワタナベミチ或いは、駒井家住宅ウェディングで検索してみて下さい)




a0219573_22592079.jpg

そのギャラリーを一歩出れば、河原町通り。




a0219573_2321236.jpg

ちょっと久しぶりに高瀬川。
まだまだ夏の水辺の景色。




a0219573_2353882.jpg





a0219573_236886.jpg

鴨川と高瀬川に挟まれて、こんな昔ながらのおかきの店…

ガラスケースが懐かしい。
あっ、やっぱり湿気るのか、おかきの上にてんこ盛りの乾燥剤…




a0219573_23112395.jpg

車を駐めた寺町通りに戻る。

私が社会人だった頃とは随分様変わりしていたが、念珠の店がそのままに。

今日行った小さいギャラリー、昔ながらの景色
自分が年をとったせいか、もともとの嗜好なのか、小っちゃいもん、古いもんに安らぎを感じます。


話は、ミチさんの写真に戻りますが、
いやあ~、この人にこそウェディングの写真、撮って欲しかったなあ。

そうそう、家族写真もいいね。
時間をかけて丁寧に、最高の一瞬を撮れる人のようです。



この後、今日のお出かけのもう一つのお楽しみ、「パンとおやつのマーケット」へ続く…

by marrone-marrone | 2013-09-22 22:35 | 京都おでかけ | Comments(2)

女子のチカラ

3ヶ月ぶりに娘に会う。
自宅には帰る時間がないので大阪難波、高島屋で待ち合わせた。
一つのデパートを上に行ったり、下に行ったり…5,6時間、ものも買わずに喋って過ごすと言うのは男の人には理解出来ないと思います

お喋り…と言っても、(私は耳を貸す一方ですが)燃料補給は必要


a0219573_8152719.jpg

こんなものが目に入れば、洋菓子は控える!と言った決意は何処か遠くに飛んでいく。


a0219573_8192136.jpg

イチジクのタルトとモンブランのタルト。

メニューに「ヨークシャーティー」とあったので、迷わず頼んだけれど、
全く美味しくなかった。これは、はっきり言ってしまいます。美味しくなかった。



高島屋も大阪店は広くて、品揃えが豊富ですねえ。

ペンハリガンも、ドンと並んだボトルを試せて「さすがに大阪は気前がいいなあ!」と感心。


a0219573_8305535.jpg

19日にデビューしたばかりの「vaara」というオードパルファンを見ているだけの母娘なのに、
係の人がそれぞれにサンプルを下さいました。

京都人の私たちにすれば、「いや、そんなん、一つでよろしいですえ~」です?

                 「いえ、どうぞどうぞ。」

                 「いや、そうですかあ?ほな、おおきに!」


と、しっかり二ついただいて、しきりに「大阪は、ええわ。」「大阪は、気前がいい。」とそういう話題でまた30分は喋って、お腹もすいてきて、晩ご飯も食べて…
お父さんには、「デパ地下のお弁当にしてもらうわ。」ということに。

元気に持ち場に帰っていく娘を見送り、家に帰れば、デパ地下弁を食べる主人に娘の近況報告。
「で、僕のことは、何か言ってか?」

「……。う?元気か?って」

「それだけ?」

ゴメンナサイ、スミマセン。正直特にナニも…と言いかけてやめた。

翌日、「お父さんによろしく!」  とってつけたような娘からメールが来た。


女性専用車両、女子旅、女子会、女子割引…
溢れる女子優遇にちょっと男子に悪いなあと心の隅に思いつつ、
女子で悪かったと思ったことは…ほぼ無いかなあ。

でも、私の中にも娘の中にも「男子」部分、結構あります。

時々、男子の側に立って物事を見つめる、考えてみることも必要と思っております。

おとうさん、
世の中の男性よ、ありがとうさんです。



by marrone-marrone | 2013-09-21 09:25 | ひとりごと | Comments(0)

アロマポット出来ました



a0219573_2352246.jpg

アロマポットが出来上がったのでキャンドルを灯してみました。






a0219573_2391276.jpg

オイルは、やっぱりラベンダー。





a0219573_23112043.jpg

「なにぃー?」 とマロンが興味津々…




a0219573_2316671.jpg

最近気づいたこと…
マロンの不思議。

それは、決まって午後4時。
あつ~い視線を感じる。

あっ、そうやん~!そうか4時か。

4時は、マロンのごはんの時間。
ゲージに両手をついて胸を張って立ち一心に私の目を見ている…
不思議とちゃんと午後4時。

時計見てるの?読めてるの? まさかねえ、、、

あっ、こう言うのを「腹時計」と言うのね!

by marrone-marrone | 2013-09-18 23:42 | ポーセレン | Comments(0)

プレート完成



a0219573_1284231.jpg


R,Tさんの大皿が完成しました。


ゴールドとプラチナ、そして黒を所々に配して引き締めたモダンなデザイン。
和洋問わず使え、ウェルカムプレートとしお客さんへのインパクトも大…と私も欲しくなるプレートですが、生徒さんの作品です。

お手持ちの白磁に何を描こうか、ご希望を伺いながらデザインを提案するわけですが、
私の意向が優先していないものか、イメージ通りに出来上がったかなどは、自分の作品以上に気になります。
(こう見えて気が小っこいので)……?


a0219573_12274596.jpg

重ね塗りに時間がかかりましたが、シンプルなデザインだけに必要な作業でした。
きれいに仕上がったと思います。

豪華なお料理が似合いそう!


さて、
今朝起きてテレビの映像を見て驚きました。

嵐山の渡月橋が濁流にかろうじて姿を見せている映像。
こんなにまで雨が降り続いていたんですねえ。

長く生きている義父も見たことがないのか、避難勧告が出る前にカメラ持って桂川に行ったというのですから。
アカンでしょ!おじいちゃん。

関東方面に暮らす子に様子を確認したり…

とにかく最近、自然災害の驚異を身近に感じます。

キラキラ輝く水面に手こぎボートが浮かぶ穏やかないつもの嵐山は、茶店も旅館も浸水しています。
これ以上被害が拡大しないことを心から願います。

by marrone-marrone | 2013-09-16 12:53 | ポーセレン | Comments(0)

集中~

何かと用事が出来て描けない毎日…

だけど、今日は描くぞ!と用事は見ないことにして午後に時間を作る。
午後1時から4時までと決める。


a0219573_1211540.jpg

先日柄を考え下書きしたお皿と、
いつか何か描こうと窓辺に置き放しになっていたアロマポット。これに目があってしまった。。。





a0219573_1274625.jpg

ラベンダーを描きたくなって一気に描く。

イメージがわいてきて、集中している時間は、真空パックの中…時間が止まる感じ。

プレートなどはまだ平面に近いけれど、今回のアロマポットのような形には指を突っ込んだり、これでもかと開いたり、、、、左手の超ストレッチです。


この後1回目の焼成をして更に描き足していきます。

by marrone-marrone | 2013-09-14 12:20 | ポーセレン | Comments(0)