夏の夕方   鴨川



a0219573_224464.jpg

土曜の夕方の鴨川。



a0219573_22445813.jpg

川床席の灯りもともれば、一層情緒が増します。




a0219573_22454837.jpg

今夜はゆっくり出来るから、ちょっと下に下りてみよう。

いやあ、びっくり~
これが涼しい~。

橋の上と下では気温が違うよ。

10代の頃、京都駅から鴨川沿いをお喋りしながら歩いて帰ったことがある。修学院まで。
京都で生まれ育った人、京都で暮らした人なら誰しもこの川に思い出があるもの。


穏やかな夏の一日の終わり。
平和で自由な光景。


by marrone-marrone | 2013-07-31 23:18 | 京都おでかけ | Comments(0)

今日の庭

あらっ?


a0219573_2223685.jpg

買い物に行こうとしたら、玄関のバラにカマキリ発見。
アブラムシやイラガの幼虫を食べてくれる益虫。

「ごくろうさん!」と敬礼して出かける…




二日に一度、ブラックベリーを収穫して冷凍。


a0219573_22247100.jpg

全部採り終えたらジャムにします。

今年は、テッポウムシの被害に遭ったから例年より少ない。
まあ、色々あります。









by marrone-marrone | 2013-07-30 22:57 | ガーデニング | Comments(0)

京かまぼこ、てんぷら「いづ萬」



a0219573_7425171.jpg

ランチ会の後、主人と合流。白川から東に歩いていて見つけたこんなお店は、1884年創業のかまぼこ屋さんでした。



a0219573_7431968.jpg

なんだかおいしそうやなあ、とこの呼び鈴押しました。

ヨモギと湯葉巻き、そして菊花ヒロウス。(京都の夏は、鱧。鱧そうめんもありました)

これからまだ寄り道するので保冷剤を入れてもらったら、溶けて濡れないようにと丁寧に丁寧に包んでありました。

大阪や東京のデパートにも並んでいるようですが、ここで出来たてほおばるのもいいのでしょう、食べ歩き出来ますとか店頭に書いてありました。
これ、弾力と歯ごたえ豊富で、こんなに噛みごたえのあるのを食べたの初めてです。
密度が濃い!

「いづ萬」      京都で初のかまぼこ店。添加物、防腐剤を使用しない活け魚を原材料に製造。私たちの買った天ぷらは、11種類あります。

            東山区新橋通東大路西入   075-561-0983   日、祝日休み




a0219573_743409.jpg

さて、いくつもある露地への入り口。気になる…


a0219573_7442450.jpg





a0219573_7445446.jpg

八坂さんに程近いところで入った露地に、こんなお菓子屋さん見つけました。
「甘春堂」…ガラス戸開けると、いきなり商品。おばあさんがお店番。

この後、かき氷でも食べたいという主人に付き合う。
さっき、女子同士でわらび餅食べたばかりなんだけどなあ~。

by marrone-marrone | 2013-07-29 08:39 | 京都おでかけ | Comments(0)

伊藤ダイニングでランチ

女子9名、ランチ会に選んだのは、祇園白川沿いの「伊藤ダイニング」



a0219573_163959100.jpg



京都には、美味しいお店はたくさんありますが、9人が集まりやすい立地にあり、手頃な価格でゆっくりお喋りできるお店となると限られてきます。

今回のお店、桜の季節には予約は一ヶ月前でも難しいということでしたが、
この暑い最中のこと少し前に2階の良いお部屋を取れました。


a0219573_16473254.jpg


しかし、このお店、白川からは見えても、入り口が何処なのか知らなかった…



a0219573_16493866.jpg



a0219573_1650766.jpg

こんな露地をくくっと曲がった所にありました。


お料理は、3000円の黒毛和牛ステーキランチです。
うす~いのや、刻んだタイプのお肉ならたまに食べますが、固まりのお肉は久しぶり!(笑)



a0219573_16565665.jpg

「インカの目覚め」、ジャガイモの冷製スープ。




a0219573_16584196.jpg

たっぷりのサラダと…





a0219573_1705357.jpg

お豆腐のあっさりステーキ。



a0219573_1713465.jpg

メインのステーキ。
おすすめは、ミディアムレアで。





a0219573_1753263.jpg

デザートに出てきた美味しかったパンナコッタ。
きれいに食べたいのに、器が四角でスプーンが丸い!
……うわあ~こら、あかん……

っと心の中でとっても残念がっていたら
ほぼ9人、そろってスプーンと器の音がカタコト増えてくる。

「もっときれいに食べたいのに~」

で、ニコニコサービスの息子ほどの年齢のおにいさんに「スプーンが四角いともっときれいに食べられるわあ~。後の洗い物も楽よっ!」っと言う。
こんなとき、あのミニゴムべらがあればなあ…
バッグの中にマイゴムべら?
いいかも!

まっ
、それは冗談として、
隅っこのパンナコッタだけが心残りでしたが、久しぶりのお肉ランチは、楽しく頂いて帰り…ません。
この後も寄り道いっぱい。



a0219573_17242620.jpg

この界隈、CMや舞妓さんの撮影スポット。
この日も、三組の結婚式を見かけましたよ。  お幸せに!

伊藤ダイニング

お肉は、やっぱり目の前で焼いてサーブされたものを頂くのがベスト。
1階カウンター席がいいかもしれませんね。

電話  075-525ー3235

by marrone-marrone | 2013-07-28 17:34 | 京都おでかけ | Comments(0)

8月のアトリエ……材料調達



a0219573_21365030.jpg

シルクのスカーフです。
これを紅茶で染めます。


左京区大原 「大原工房」


a0219573_21373671.jpg

もう何回来たことだろう…

子供たちが小さかった頃、ここで藍の生葉染めをしました。
手もすっかり藍色に染まって、川遊びのおまけ付きで一日遊んだことを思い出します。

外国から若者が泊まりに来たときも、ここに案内して、やっぱり藍色の手になってもらいました。(笑)






a0219573_21381464.jpg


藍色だけではありません。
自然からたくさんの色をもらえます。
それを、ここで体験できますが、私はいつも忙しく材料調達だけで帰ってしまう…
時間が出来たら、今までチャレンジしていない色を染めてみたいと思っています。





a0219573_2138645.jpg

大原の田んぼの中にあるこの工房からの景色が大好きで、いつもぼんやり見とれています。
このくらい視界がひらけていると気持ちが良い。





a0219573_21385719.jpg

夏休み、お子さんといっしょにでかけてみませんか?
もちろん、おとなにも十分楽しめます。

「大原工房」
075-744-3138




by marrone-marrone | 2013-07-24 21:40 | 子どもアトリエ | Comments(0)

かわいいバスケット

こんな可愛いバスケット、見つけました!



a0219573_1624381.jpg

満期を迎えたデパートの友の会。そのボーナス分は、自分のほしいものを買おう!
で、目に止まったのがこれでした。

手刺繍の可愛らしいカバー付き。



a0219573_15342238.jpg

デザインは、日本の会社で刺繍は、made in Vietnam。
なぜベトナムなんですか?と尋ねると、仕事が確実でこちらが起こしたデザインをそのまま理解してくれるとのこと。それは、かつてフランス領だったことも影響しているとか。



a0219573_15335839.jpg

この可愛らしい丁寧な手仕事のバスケットは、2100円でした。

バスケットはしっかりした柳。
手刺繍のカバーのレースの縁取りは手編みです!

こんなに手間と時間をかけたものが、私にも迷わず買えるお値段で…これ、ベトナムの人には適正な報酬、支払われているのかなあ??
どんな人なのかなあ…

この他にも、ピローケースや巾着などもありましたよ。

丁寧な手仕事を身近に置くと物の扱いも丁寧になります。


伊勢丹京都 家庭用品フロアの催しコーナーで見つけました。

by marrone-marrone | 2013-07-20 21:25 | ひとりごと | Comments(0)

視点を変えると…






a0219573_8253887.jpg


食卓に一輪飾った花、
たまたま裏から見たら、とってもきれい!

灯りを透かして、この造形美に見とれる…

小っちゃな虫たちからは、こんなふうに見えているんやねえ。

by marrone-marrone | 2013-07-20 08:34 | ひとりごと | Comments(0)

夏の花



a0219573_6382150.jpg

先日、大原の朝市で買ってきた花です。




a0219573_6385288.jpg

大きめの器に、持って帰った田舎の夏色を活けました。


自然は、本当に良くできていると思います。
季節ごとに最も似合う色をもって咲く花を、好きとか嫌いとか勝手なことを言っているけれど、
よくこれほどまでの色、形があるものだと、ただただ感心するのです。

こんなことを思うと、頭に浮かぶのがスマップの歌…

どの花もそれぞれに美しい。
そう認めることで心が広がる気がします。
花に対しても、人に対しても…
自然はいつも最高の先生です。




a0219573_6393555.jpg

暑さでトラブル続きの我が家の庭に一鉢咲いた「ヤマユリ」
早朝、そして日没後のほの暗い庭を照らすシャンデリアのような存在…


思い切ってばっさり、大原の花と共に子どもアトリエのスケッチのモデルになりました。





by marrone-marrone | 2013-07-18 07:15 | ガーデニング | Comments(0)

紫蘇ジュース 作り方



a0219573_2318340.jpg

紫蘇ジュースです。

ここからは、作り方です。


紫蘇の葉……300g(赤紫蘇だけより青紫蘇を半量、またはそれ以上にすると一層風味が増す)
砂糖…………1㎏
水……………2000㏄
クエン酸………25g


葉を茎から外してよく洗って水を切っておく。

大きめの鍋に分量の水を沸騰させ、紫蘇の葉を入れ10分~15分ほど煮出す。


a0219573_2319393.jpg

これは我が家の大量に作ったときの図
赤も青も見分けが付かなくなる。





a0219573_23192090.jpg

煮出したら、一旦火を止め、分量のクエン酸を加えます。
一気にきれいな赤色に変わる。

煮汁を
目の細かいザルやキッチンペーパーで漉す。


再び煮汁を鍋に戻して、ここで砂糖を加え弱火で煮溶かす。


冷ましてから、容器に入れて冷蔵保存。


これは、「原液」。3倍くらいに希釈して飲んで下さい。
暑いときは、水より炭酸水で割る方が美味しく思います。
製氷皿でアイスキューブにしたものをグラスに入れ、上から水を注ぐという飲み方も冷たくて美味しいですよ。
あまり希釈しない濃い目のジュースにゼラチンで固めたゼリー、
かき氷のシロップとしても使えると思います。

以上、紫蘇ジュースの作り方でした。





by marrone-marrone | 2013-07-17 00:00 | 食べ物 | Comments(0)

2013  大原朝市へ

夜中に降った雨が空へと帰って行く。
このパノラマと新鮮な野菜を求め早起きして大原へ…



a0219573_1237755.jpg


毎年、同じ時期に同じことをしている自分は、なんだかお婆ちゃんみたいだなあなんて思う。
梅干しを漬けたら、次は「紫蘇ジュース」、これが私の夏仕事。
ビタミンとクエン酸、見た目も美しい赤色が夏バテに効きます。



a0219573_1238890.jpg

この紫蘇ジュース、青紫蘇を混ぜると更に美味しいよということを2年前に教えてもらってから2種類買い求めるようになりましたが、今年は青紫蘇が見当たらない…



a0219573_12384829.jpg

農家のおばさんが、お手製の青紫蘇だけで作ったジュースをコップに入れて試飲させてくれた…ん!?…
なんて良い香り!   美味しい~!

続いて赤紫蘇だけのものも…う~ん…
青紫蘇に比べ風味が劣る。

こんな歴然とした違いを知ったからには、見当たらなかったからと赤紫蘇だけで帰るわけにはいかないのです!
とは言え、ないものは仕方がない。
諦めて車を出すと、ベニシアさんが肩にかけたかごに青紫蘇を覗かせて朝市に登場!

それを見て、もう一カ所ある朝市へ行ってみる。
ありました!  青紫蘇です!

もうちょっと欲しいなと言うと、おじさんが畑から刈ってきてくれました。
やれやれ、これで美味しいジュースがたっぷり作れます。

ベニシアさんを見かけなかったら諦めて帰っていたなあ。
よかったわ。

朝市のお楽しみは、他にもあります。
新鮮な野菜。
夏は、種類が豊富で彩り豊かです。
最近は、若くて格好いい「farmer」もみかけます。


a0219573_12394576.jpg

そして、食べてしまいたくなるほど元気な花。
これも私の楽しみの一つ。


そして、
前が見えずよろめくほどの紫蘇の束は、この日のうちに8リットル強のジュースに化けました。
もう、葉っぱをむしり取るだけで何時間かかっただろう……
さいごは、頭がぼう~

ジュースの作り方は、簡単。
また次回にアップします。

by marrone-marrone | 2013-07-15 13:34 | 京都おでかけ | Comments(0)