月餅の水無月

先日、「キル フェ ボン」をアップしましたが、
私的には、至近の距離にあるこちらの方に引き寄せられます。


これ、これ。


a0219573_20372716.jpg

この水無月、味が濃い!
水無月と言えば、三角形と思っていた私です。

これを買うと、ご主人が切りましょうか?と聞いて下さる。
5人ならば、長方形、4人なら三角形となります。

ずっと、長方形切りだったけど、先日初めて三角形に切ってもらった。


感心なのは、どう切っても栗、誰にでもちゃんと入ります!!


a0219573_20374095.jpg

お店は、「キル フェ ボン」の高瀬川をはさんで東側。見えてます。

近くの人でしょうか、入れ物持参で来られてます。


昔、お豆腐屋さんに入れ物持参でお使いに行ったの思い出します。














by marrone-marrone | 2013-04-30 21:12 | 食べ物 | Comments(0)

連休中のエンゲル係数~

ゴールデンウィークをいかがお過ごしですか?


私は、何処へもいかず、ひたすら「食べる」準備をしています。
これは、もう大晦日並みです。

帰省してくる間は、おなかいっぱいになっておくれ~…なんて誰も期待していないであろう手料理を作りまくっております。     

今夜は、餃子140個。


今日は、「包む」作業を手伝ってくれる者あり。その間私は、スコーンとヨーグルトのタルトを焼きました。




a0219573_2039797.jpg

なんで、夜にスコーンもタルトも焼くのか、自分でも訳分かりません……


a0219573_20394279.jpg


パッと思いついた定番おやつがこれだった…
お昼なら分かるが、夜にねえ…

なんか、甘いもんあると嬉しいかなあ…と思うと焼いている。
もう、子どもはいないんだから無くていいのに。
本能だなきっと。

餃子100個以上、一人で包み始めて最後は頭がぼんやりしたことあったな。


「お母さん? ご飯作っている間に、もうお腹いっぱいになるってことない?」

「ぜんぜん!!あー、はよ食べたいー!って思ってる。」

自分の為だけにご飯作って節約生活始めた子も帰って来てるとなると、母は、つい張り切ってしまう。

この間のエンゲル係数、連休明けに大修正~!
健康の為とかなんとか、粗食でいくぞ!
文句は、言わせないよっ!

by marrone-marrone | 2013-04-29 22:05 | 食べ物 | Comments(0)

キル フェ ボン

次男がもらった奨励賞のホテルお食事券を娘と私が使ってランチ。

春からよそで一人暮らし。
ちゃんとご飯、食べてるかなあ??





女子ふたりだから、食後のナニカ行こうよ!という私に娘が「まだ、食べるか!?」
とか言いながら、のってきた。

すぐ近くの「キル フェ ボン」



a0219573_12434736.jpg


いつも店外まで人が待っているのに、この日は、突然の雨ということもあってか席も空いている。


a0219573_124454100.jpg






a0219573_12451246.jpg

はちみつとレモンのタルト



a0219573_12445220.jpg

赤い果物のタルト


a0219573_12462544.jpg

高瀬川のすぐ近く、良い立地にもあるのでお客さんは絶えない。

でも、年のせいか、
クリームたっぷりのお菓子を美味しいと思えなくなってきた。


もう一つ、
年のせいか、
キル フェ ボンでお見かけした素敵なご年配のフランス人の女性…
……確か、確か…有名なデザイナーの……
う~ん
名前が出てこない!


「お母さんも老けたなあ~、だいじょいぶかあ~」と心配されちゃったな。

もうすぐ娘も京都を離れる。
今のうちに私の知る古くさい?京都を教えて!と言っている。


先日、ある集まりの中で教職に就いておられる女性が、娘さんが親元を離れられる前の数日を布団を並べて寝たと。すると、お母さんが寝言で「体操服、持ったかあ?!」と叫んでいたと娘に言われたと笑っておられた。

また、先に親元を離れた息子さんには、食べ物の心配を口にされていた。

教職に就いておられようと、子を案じる親心にはプロもアマもないもの。
母親は、命を生み出す存在だから、その命に関わる食を案じるのは本能というものかも知れないと思った。

でも、この熱い母の思いに反して、
私の周りの男性は、インスタントラーメンとかウインナーソーセージなんかが大好物なんだなあ!

ほんまに、男は困ったもんだ。

by marrone-marrone | 2013-04-27 13:40 | 京都おでかけ | Comments(0)

たいつりそう



a0219573_1073160.jpg

たいつりそう

ケンマソウ

bleedeng heart

国によって呼ばれ方が変わる植物は多くあるけれど、この植物は、たいつりそうと私は呼びたい。


a0219573_1074397.jpg

竿にこんなに鯛がぶら下がってるなんて、とっても縁起がいいもんね!

これを英語では、血を流す心臓となる…




a0219573_1075381.jpg

色が変われば、イメージも変わる。

純白のたいつりそうは無垢なハートということかな。


早春、芽吹いて、この時期から夏まで次々に愛らしい花をつけて和ませてくれる。

最後まで咲かせておかないで、摘むのが株にとって良い…
とは聞いたけれど、
昨年ずぼらをしたお陰で、種が落ちて芽吹いている。

しかも、親株は昨年より元気!

うん、うん!   ずぼらもいいもんだ!





by marrone-marrone | 2013-04-26 10:29 | ガーデニング | Comments(0)

なに?



a0219573_224088.jpg


傘を干したり、靴を干したり…

雨の降った翌日は忙しい。

そんな私の後ろをくっついて来るマロンを娘が撮った。


そう言えば、
子供たちが小さかった頃、トイレに行くにも誰かがくっついて来ていたことを思い出した。

by marrone-marrone | 2013-04-25 22:14 | 愛犬 | Comments(0)

柏餅



a0219573_6524140.jpg

もうすぐ端午の節句。

和菓子屋さんの表に「柏餅」、「ちまき」の張り紙が並びます。

柏餅は、出町ふたばのみそあん!


ちょと遠くになったけれど、ついでがあったので買って帰る。

夕方はさすがに観光客が減ってきて、10人足らずの列ですんだ。


a0219573_6511962.jpg

みそあん柏餅は、よそでも売ってます。
だけど、餡が違う。

ふたばのみそ餡は、しっかり、こっくりした味と固めの餡。色も濃い。
お餅もべちゃっと歯にくっつかない、ほどよい固さとお餅の風味がちゃんとする。


a0219573_722293.jpg

で、やっぱり毎度気になる、このブラブラ揺れる大きな鏡…

とっても、接客しにくそうなのにずっとぶら下がってる…

その理由、聞きたくても忙しそうで聞けなかったけれど、家族が聞いていた。

一人の店員さんの答え
「昔からあるけれど、わからない」でした。
(ご主人に聞くしかないね!)

話は、柏餅に戻って……

子どもの頃、桜餅、お花見団子と華やかな季節を過ぎて、
柏餅と聞くと複雑な気持ちになっていた。

「かしわもち」=「鶏肉??もち?」

京都では、鶏肉のことをかしわとも言うので、鶏肉があんこになって入っていると思い込んでいた。

by marrone-marrone | 2013-04-24 07:51 | 食べ物 | Comments(0)

今週のレッスン

今週のレッスン。
Uさんのシェル型小皿…


a0219573_178916.jpg

とても丁寧に描かれていて仕上がりが楽しみ。





Rさんのプレートは、ゴールドとプラチナを塗って、その一部を黒で重ね塗り。
後から削り取って、その部分からゴールドとプラチナが表れるという作品。



a0219573_1781318.jpg

こちらも仕上がりが楽しみ。




仕上がりが楽しみ!とか思いながらレッスン時のお茶のお供に焼いた桜のシフォンケーキ……
a0219573_1783712.jpg


ちょっと慌てて仕上げたところ、クリームの塗り方に出ちゃってる…
仕上がりは…   まずいね~
でも、
生地に桜の葉を刻んで入れた。
その塩気が以外と美味しい。

毎年、桜餅と桜シフォン、そしてもう少しすると水羊羹用に桜の葉は、100枚ほど買って冷凍保存。

新しいことへのチャレンジより毎年同じことを繰り返している。
それが出来ることに感謝している。

by marrone-marrone | 2013-04-20 17:42 | ポーセレン | Comments(0)

BRA Recycle





a0219573_23422779.jpg

可愛い紙袋でしょ!?





a0219573_23424024.jpg

片側のデザインは……ブラジャー!

これ、古くなったブラジャーの回収袋なんですって。

今朝の新聞をご覧になった方は、もうご存じでしょう。
私も早速、娘にもらってきてと頼みました。

これは、ワコールとトリンプが不用なブラを回収して、固形燃料にリサイクルするというキャンペーン。
このかわいい専用の回収袋に入れて持ち込めば、開封されないで袋ごと裁断されて燃料として生まれ変わるという。
しかも、持ち込み時に一袋を、50円切手と交換してもらえるなんて。

下着を処分するのって、ポイと捨てればいいというものでもなく、見えないように捨てたいし…。
こんなキャンペーンがあったなんて、嬉しい。皆さんもどうぞ!

ワコールは、ブラのみ回収で22日まで。

トリンプは、ガードル、ショーツ、ボディースーツ以外の下着の全てが対象で5月31日まで。

2社以外の製品でもいいんだそうです。

ところで、この可愛い刺繍は、立体的な刺繍がたのしい、大塚あや子さんのデザイン。

by marrone-marrone | 2013-04-17 00:36 | ひとりごと | Comments(0)

自然からのプレゼント

鉢植えを陽当たりの良い場所に移動させた後に、ヒマワリの割れた種がいっぱい。


冬の間、「ヤマガラ」が食べに来ていたんだった。

ここに置いてあった植木鉢の縁に止まって種を割っていた。


a0219573_2320443.jpg

冬の間だけと思っていたら、早朝「チッチッ」と鳴くのを聞いたので
空の鉢を置いておく…。

やはり、同じように縁に止まって割っていた。
種が無くなるまで置いておこう。


a0219573_2321215.jpg



何もしてあげていないのに、増えてくれるもの…


a0219573_23212795.jpg

クリスマスローズの種がこぼれて芽吹いた。


ここにも。
雑草かと思えば…


a0219573_23215337.jpg





a0219573_2322614.jpg

すぐそばに、鯛釣り草が同じ形の葉っぱを持っていた。


鉢から伸びたランナーが地面に根付いて大株になってきたワイルドストロベリー。


a0219573_23223320.jpg




a0219573_23224811.jpg

春から晩秋まで次々に咲いて、種を飛ばしては増えるわすれな草。




a0219573_2323913.jpg

地下茎でたくましく増えるドイツスズラン…


ほんまに、なんにもしてなくて、増えて嬉しい物だけ増えてくれる。

そういうものを見つけたら、「いやあ~!えらいなあ!うれしいわあ!」
と大きな声で一人喜ぶ。

こんな思いがけない自然からの小さなプレゼントが心を癒してくれる。

by marrone-marrone | 2013-04-16 00:15 | ガーデニング | Comments(0)

マロンのおやつ

久しぶりのマロンです。

もうすぐ4歳。
お父ちゃんは、陽気なボーダーコリー。
お母ちゃんは、ニュージーランドハンタウェイ。
どちらも牧羊犬。


a0219573_1612040.jpg

マロンは、ちょっと面白い犬で、普通に歩くということが滅多にないのです。
「ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!」飛び跳ねる…

夜の公園で、お尻の白いマロンは、まるで鹿のように見える。

言葉は殆ど理解しているよう。
知っている単語はもちろん、会話の抑揚で人の気分を察して怒ったり、慰めたりする。

そして、とっても陽気で社交的なのに、気は弱い。
狭い庭でさえ、私の姿が見えなくなると探しに来る。
少し先に行っては、振り向いて待っている。
犬には「裏切る」とか「騙す」という言葉が当てはまらない。

そんな、マロンのこの時期の「おやつ」がパンジーやビオラ。


a0219573_16121782.jpg

ヒヨドリがむしって行くこともあるけれど、
マロンも食べます。


a0219573_16122634.jpg

ただし、私が指で摘み取ったものだけ食べている。

犬を飼っていると、何かと心癒されることが多くある。

マロンは、まだ若いけれど、すごく楽しくじゃれ合っていても、ふと「犬の命のリミット」を思ってしまう。
それは、人でも同じなんだけれど、
犬は無垢なだけに、身に染み入る。

それが辛くて飼わないという人もあるけれど、
与えてくれる喜びの方が私には何倍も大きい。

いつも犬のことを思ってられないし、淡々と暮らしてはいるけれど、
「さあ、ねんねしようか?」と言うと目を閉じて「寝る努力」を始める…そういう子がそばに居ると
我が子らに手を焼いたことも忘れられるというもの かな??






by marrone-marrone | 2013-04-14 16:54 | 愛犬 | Comments(0)