人気ブログランキング |

ティーコージー

外が寒いので家の中で手仕事。
冬になると増えるティーコージー。


端布が出来ると作ってしまう。


a0219573_2153779.jpg

テーブルクロスを縫ったときの端布で…



a0219573_21532338.jpg

一番よく使うポットには二つ。
ウィイリアム モリスの端布で…




a0219573_21534384.jpg

娘が小さい頃に着ていたユニクロで買ったキャミソール、可愛くて捨てきれずに…
元 キャミソールとは皆、知らない(笑)




a0219573_2154038.jpg

これも何かの端布。
ティーポット型の小さなチャームを付けました。




a0219573_21541448.jpg

20代の頃の勝負服!だったブラウス。
今やピッチピチで袖を通すのもムリムリ~!!

思い出そのまま、後ろボタンそのままに、またまたティーコージー!

こんなに作ってどうすんの??
う~ん。
わからない…

わかっているのは、また作るだろうということかな。


by marrone-marrone | 2013-01-26 22:26 | 手作り | Comments(0)

寒中 庭いじり

寒いっ!
庭いじりは、出来るならしたくないんだけど…

こぼれ種から芽吹いたかわいい苗を見ると
何とかしたくなってしまう…


a0219573_14104422.jpg

ありったけのプラ鉢を出してきて、
見栄えの良くない写真になった。



a0219573_1411430.jpg

秋に既に地植えをした苗は、一足お先に成長。
この野菜のような苗は…


a0219573_14145187.jpg

5月頃から咲き始めるジキタリスの苗。

背が高く存在感がありながら、気取らない野性的な花。

イチゴの種よりまだ小さいくらいの種が、地にこぼれて煉瓦の目地の隙間にさえ芽吹く。

私は、地植えの他に鉢植えも用意します。
鉢植えだとコンパクトに育ち、移動させてレイアウトを楽しめるから。

いつも不思議と、
私が種まきや植え替えなどすると翌日雨がふる。

そうだ、もうひとつあった。

私の母、そして主人が出かけると雨がやむ…。
父が出かけると雨が降った。
おまけに、バスが早めに来て乗り損なうというパターン…

空を味方に出来なかった父は、米寿を前に空へ…。
もう、雨、降ってないでしょう!

by marrone-marrone | 2013-01-23 14:55 | ガーデニング | Comments(0)

子どもアトリエ 冬野菜を描く

今週のアトリエのモデルは、冬野菜。
葉付の元気な野菜を求めて農家の多い大原野の街道へ…。

お婆さんが一人でお店番。




a0219573_23492448.jpg

「寒おすなあ。」に始まり、すぐに帰るつもりが
近くに間もなく開通する高速道路のこと、100歳のお姑さんの介護のことなど…
お婆さん、お話が止まらない。(初対面なんだけどなあ~。まあ、聞いておこうか)



a0219573_2349535.jpg


今朝、雨の中、畑から収穫されたばかりの野菜。
スーパーに並ぶものより「やんちゃ」で生き生きしていた。
これを絵に描くと言うと、お婆さん嬉しそう。




a0219573_23501776.jpg

子どもの作品


a0219573_2350309.jpg


この野菜の育った大原野は「大枝の柿」で有名。
西山の山裾には、柿畑が拡がる。

空…山…柿畑…と層をなして美しい田舎の風景は、近くの芸大生の絵画にも度々登場してきた。


お婆さんと別れての帰り道、かつて拡がっていたその景色の方を見ると
高速道路のコンクリートの直線で別の景色になっていた。

「もう、戻らしません…」
お婆さんの言葉を思い出した。


a0219573_2350517.jpg

もう一つ、メバルも用意したけれど…
誰も描かなかったね。
やっぱり、今朝採れた新鮮野菜にはかなわない。

by marrone-marrone | 2013-01-23 00:58 | 子どもアトリエ | Comments(0)

最近のレッスンから



先週のレッスンのテーブルは…





a0219573_0194180.jpg

お重箱制作中のKさん、第一段階のマスキング。


a0219573_0134059.jpg

同じくAさん、桜の花びらに薄紅をさし、
次回は、金とプラチナで流水とにおいを入れたら完成!

桜の季節に間に合います!
(桜餅を入れる!とのこと)

お重の中に花びらを…
壱の重、一枚…
弐の重、二枚…と入れて柄合わせも兼ねる。


私は、白梅にしました。


a0219573_020506.jpg




こちらは、Tさん。


a0219573_0174759.jpg

奥が完成作品。

by marrone-marrone | 2013-01-20 00:37 | ポーセレン | Comments(0)

トランスパレント紙の花




a0219573_22555930.jpg

うっすら雪化粧の今朝。


a0219573_23131856.jpg

昨日アップした子どもアトリエで作ったトランスパレントの折り紙…


a0219573_230120.jpg

窓ガラスに貼ると光を通してきれい。

さみしい冬の景色に花が咲いたよう。






by marrone-marrone | 2013-01-18 23:25 | 手作り | Comments(0)

子どもアトリエ 折り紙



今週の子どもアトリエは、トランスパレント紙使用の折り紙クラフト。


a0219573_034434.jpg



トランスパレント紙は薄くて透過性があるので、作品を窓ガラスに貼ってみると美しい。


a0219573_042057.jpg


面白い素材ながら色がちょっときつい。
中間色があるといいのになあ。

赤色などは、子どもの頃の「頓服」の包みを連想して
口の中が苦くなるよ~

って、今の子供たちに「頓服」のこと通じなかった…

by marrone-marrone | 2013-01-18 00:10 | 子どもアトリエ | Comments(0)

今日のメジロちゃん



メジロちゃんが二日間食べたリンゴ…
a0219573_0414064.jpg


見事にほとんど皮だけになった。


a0219573_0421959.jpg

こんなふうに、一羽が食べている間、もう一羽はこっちを見ている。
見張っているの??

で、ちゃんと良いタイミングで交代するから不思議!



by marrone-marrone | 2013-01-16 00:52 | ガーデニング | Comments(0)

「マルチグレインパンミックス 」

久しぶりにパンを焼いた。


a0219573_1127142.jpg

と言っても、実はすごく楽をさせてもらって、結構おいしいのでアップしてみた。



先月、IKEAで見つけた「マルチグレイン パンミックス」というもの。


a0219573_11272637.jpg

こんな紙パックに原材料が入っていて、
お湯を入れて「激しく45秒ほど振る」…
これをやりたくて買った…

結構重くて二の腕に効きそうなええ運動…
面白くて120秒くらいは振ったけど、混ざっていなかった。

作り方は、こんなふうに混ぜて型に流して45分発酵させて焼くだけ。


原材料は
小麦粉、ライ麦粉、ヒマワリ種子、乾燥酵母…
変なものも入ってなさそうで、おいしい。

サワークリームやスモークドサーモンで食べると良い感じ。

ただ、振って混ぜるだけでは混ざらないので、お箸でグルグルかき混ぜた方がよさそう。

最後に、200℃で1時間焼く間、換気扇を回しっぱなしで
とても寒かったあ~。


by marrone-marrone | 2013-01-12 11:50 | 食べ物 | Comments(0)

メジロちゃん、いらっしゃい~

今年もやって来ました。



a0219573_151846.jpg

キッチンで作業しながら、
そして、
アトリエからも見えるので、
愛らしい姿に、つい見とれてしまいます。


a0219573_15104323.jpg

メジロって本当に可愛い。

姿が可愛いというだけでなく、メジロには思い入れがあります。
(よろしければ、2011年7月の奇跡をご覧下さい)



a0219573_1511475.jpg


でも、もうすぐヒヨドリがやって来る。
メジロは追い払われ、ごっついヒヨドリがあっという間にリンゴの一個や二個など二日ほどで平らげる。

こんなガード付きの餌入れなどどうかと吊してみたが…
ひまわりの種ぐらいの大きさがないとこぼれ落ちてしまうなあ。

最近、台湾リスを見たとか、
昨日は、イタチのようでイタチでなさそうな生き物も目撃したし、
ひまわりの種で何がやってくるのか、ちょっと気になる。

もしかしたら!



a0219573_15472890.jpg

マロンが飛びついていたり??

寒くなると、お腹に少しだけ毛が生えてきた。
でも、丸まっている。
毛が足りない……

by marrone-marrone | 2013-01-10 15:56 | ガーデニング | Comments(0)

冬の茜空



a0219573_238247.jpg

毎朝、カーテンを開けるとき
東の空の色がたのしみ。

今朝はこんな色
小野竹喬の絵が思い浮かび、昔の図録を出してみた。



a0219573_2382559.jpg

1999年生誕110年記念展での図録より


a0219573_2383960.jpg

確か等持院の辺りに住まいがあったと。
竹喬が好んで描いた茜空は、殆どが京都の西空というから
私の見る東の空とは反対。

東の空の美しさに、よし!今日は頑張るぞ!と誓い、

西の空の美しさに、まあ、明日があるさ、オッケー!

こんなワタシに竹喬なぞ語れません…
でも、本当に冬の空、
裸木の黒いシルエットと茜空は、こんなワタシも寒さを忘れ感動する冬の朝の芸術です。



by marrone-marrone | 2013-01-09 23:51 | ひとりごと | Comments(0)