バラの季節を前に…



バラの季節を目前に、昨日出来たばかりのティーカップ&ソーサー。


a0219573_15203119.jpg

デパートのセールのワゴンの中に、
可哀想なお値段で売られていました。

ちょっとノスタルジックなデザイン。
何を描こうか迷いましたが、バラの季節を前にバラをとりあえず描いてみました。



a0219573_1521158.jpg

ああしようかなあ、
いや、こうしようかなあ…
描きながら心の決まらない私。

金彩の下書きを始めました。




a0219573_15243030.jpg

で、最終的にこうなりましたが




a0219573_1525396.jpg


出来てもなお、これで良かったのか??
どこまでいっても、何個描いても私にこれぞ自信作!と言えるものがないんです…

だから、やめられない、止まらない。
出来上がることより、描いていることこそが楽しいのです。








by marrone-marrone | 2012-04-30 15:47 | ポーセレン | Comments(0)

新緑散歩


清楚なソメイヨシノがお姉さん…
陽気な八重桜は妹…

a0219573_2146491.jpg

いや、やっぱり私は「八重桜=桜餅」の発想だわ…

朝から桜餅が頭の中に並んでる。



今朝のマロンの散歩には、カメラも持って出かけました。
本当にいい天気です。


山肌に桜のピンクが薄れ始めると、もくもくと新緑がわきあがり、山が大きくなったように見えます。



a0219573_21479100.jpg

足下の雑草も柔らかそうで、青虫でなくても食べたい気分!
(朝ご飯、食べてくればよかったかな?)


a0219573_2147234.jpg





a0219573_21473550.jpg






a0219573_21474666.jpg






a0219573_21475467.jpg

雑草の中に 可憐なポピーが咲いています。
毎年、この場所に咲いています。

今年もここに咲いてくれているのを見かけると、
なんだかホッとします。




a0219573_21481962.jpg

家では、こぼれ種で毎年咲く わすれな草、




a0219573_21482721.jpg

イチゴの花。






a0219573_21483689.jpg

同じイチゴのはずが、
なぜかこんなピンクの花が咲いています。





a0219573_21505649.jpg


これも毎年咲きます、「鯛釣り草」。


バラの蕾も葉の間から見えるようになりました。
農薬を使わないと言うことは、予防に徹するということなので、
小さい庭でも一年の中でも最も忙しくなります。

毎日、見てあげていると
植物は、それに応えてくれるようにちゃんと咲いてくれます。

完璧ではない「それなりの咲き方」のバラが自分らしくて落ち着きます。

明日は、唐辛子入りの木酢液の散布です。
これが、うっかり顔にかかるとえらいことで!
そりゃ、虫もお手上げですね!

































by marrone-marrone | 2012-04-27 23:31 | ガーデニング | Comments(0)

スコーンのバースデープレゼント

牧羊犬 マロン、3歳になりました。



a0219573_2384247.jpg


今日は、特別に焼きたてのスコーンを丸一個 プレゼント!

ところが、
彼女は、パンが好きなんです。、
パンをスライスするときは、いつも彼女の熱い視線を感じます。

後ろ足で立って首を長くして、おこぼれを待っています。

「すいません…。パンの耳、いただけますか?」
いつも、私がパン屋さんで言う台詞…

そんなマロンには、パンの耳を積み上げたものをプレゼントしたかったけど…
最近、いつものパン屋さんが撤退してしまい、
パンの耳が貰えなくなりました。

まっ、スコーンも相当喜んでました。(なんでも、いいんです)


a0219573_20513351.jpg

この、スコーンを入れた器は、
フラワーベースとして雑貨店にならんでいました。
まっ白のフラワーベースでした。

……白い陶器を見ると、  何か描きたくなる……
で、思いつくままに描いてしまいました。

やっぱり、白いままの方が良かったなあ…
なんて描いたものの、後悔などして蔵入り…







ところが、


a0219573_20522976.jpg


4年たって最近、あのデザインでカップ&ソーサーを描きたくなる??
なんて、  考えたことなかったけど…
今、こうして下書きを始めました。

色は、変えます。
出来たら、アップします。(また、後悔したり?)



a0219573_22183444.jpg


今日のスコーンのクリームは、
サワークリームがお得に買えたので試してみました。

酸味がジャムの甘さと良い感じにマッチして結構美味しく思いました。

スコーンは、ナイフで横半分に切って、
jam on creamですね!

焼きたてのスコーンにクリームを先にのせるとクリームが溶けて、手や洋服を汚してしまうから
と聞いたことがあります。

そらそうや。

by marrone-marrone | 2012-04-22 22:39 | 愛犬 | Comments(0)

子どもアトリエ……「貼り絵」



a0219573_2192832.jpg

今、子どもアトリエでは、「貼り絵」を制作中。




a0219573_2195430.jpg

下書きの絵に絵の具の代わりに 色紙で「着色」しています。





a0219573_21101225.jpg

毎月の制作の合間に、自分たちでオリジナルの「色紙」を作り貯めていました。

紙は、トレーシングペーパーを使用。
これなら、簡単に絵を写せます。

子どもって、いえ、大人もですが…
写すのがスキ?? 

意図的にチェック柄にしたり、無造作に着色したオリジナル色紙が
下書きの絵の上で思いがけない模様になるおもしろさ。






a0219573_21102426.jpg

乳歯が抜けたT君…

一生のうちのほんのひととき、
前歯のないこの時期の笑顔って ほんまに可愛らしい。


完成は、まだ少し先になりそうです。
絵の具での着色も併用を予定。

どんな作品になるでしょう。たのしみ。





by marrone-marrone | 2012-04-21 21:42 | 子どもアトリエ | Comments(0)

庭の賑わい

庭が賑やかになってきました。



a0219573_2119985.jpg

以前は、見られることを意識して、あれこれ植栽していましたが、
今は、ローメンテナンス、それからローコストを考えて…。
そうでなければ、長く続けることは難しいと思うからです。




a0219573_21194458.jpg





a0219573_21195141.jpg






a0219573_21203672.jpg



「Forget-Me-Not」    わすれな草


a0219573_21233093.jpg


忘れませんよっ!
毎年、こぼれ種で砂利敷きの通路にも花を咲かせてくれるから。



a0219573_21232477.jpg





a0219573_2124241.jpg






a0219573_2124082.jpg

これは、何年か前に
どこからかやって来て、どんどん殖えてこんなふうに住み着いてしまいました。

ツルニチニチソウだったと思います。


そうかと思えば、何度植えてもうまくいかないものもあります。
そういうものは、植物にとっても私にとってもストレスになるので、諦めて
よその庭に咲いているのを眺めて楽しむ…ということにします。



a0219573_21245415.jpg

これは、ピオニーの新芽ですが、
こんな風に螺旋を描いて伸びてくるんですねえ!?

見事なスピン!
初めて知りました。

そういえば、人も螺旋を描きながら誕生する…

自然は、やっぱり曲線…

クルクルクル

右にゆらり、左にゆらり。
子どもの成長もそうだなあ。

おとなになってもゆらり、ゆらり…?

それなのに、おとなは簡単に言うんです。
「まっすぐ育ちなさい!」 なんて。

by marrone-marrone | 2012-04-19 22:12 | ガーデニング | Comments(0)

「花の寺」   「大原野神社」

これ以上の見頃はない、と言えるほどの満開の桜が出迎えてくれたのは、
西山の山裾、勝持寺…通称「花の寺」。




a0219573_21243070.jpg

西行がここで出家したと伝わる天台宗の古刹です。

西行法師が植樹した八重桜「西行桜」があることから花の寺と呼ばれているのだそうです。



a0219573_21251931.jpg


満開の桜の向こうの山腹には、「善峰寺」も見えます。


a0219573_21254420.jpg





a0219573_212618100.jpg





a0219573_2126372.jpg

今年の桜は、長く厳しかった冬を辛抱強く待っていたからでしょうか、
美しく、長くたのしませてくれているように感じます。




a0219573_2127256.jpg





a0219573_21272425.jpg

大原野神社に向かって下り、
振り向いた花の寺の入り口。


水路にひらひら散り始めた桜が散ってもなお目を楽しませてくれます。

おまけに、すぐ頭の上を鶯が見事な美声を披露していました。




a0219573_21274781.jpg

大原野神社に向かう坂道の足下には、スミレが。




a0219573_21282697.jpg


大原野神社


a0219573_21284920.jpg






a0219573_2129565.jpg





a0219573_2131171.jpg





池には亀が甲羅干し!

子供たちが小さかった頃には、この池の隣に鹿がいました。
今は、何もいない。


a0219573_21311518.jpg






a0219573_2131298.jpg

実は、
花の寺と大原野神社の間には、高速道路が建設中。
毎日、たくさんの大型トラックが行き交っています。


右手、竹林が明るいのは、
その向こうに


a0219573_21331595.jpg


こんな景色が広がっているからです。


a0219573_21334462.jpg


この、高速道路建設の計画が持ち上がった頃と今とでは
社会情勢も環境への意識も変化しているはずですが、
一度決めた計画を柔軟に見直すということを この国はなかなか出来ない。
原発にしても、ダム建設にしても…

私たちが新鮮な食べ物を口に出来るのも、こういう道路があるからで、
府の北部から名神高速へのアクセスが格段に便利になると言います。

だけど、
やっぱり、そのくらいのことでは喜べない気持ちです。
山を削り、木を倒し…
人よりも遙か昔から歴史を見てきたものを壊すことへの抵抗感の方が大きい。

まだまだ、便利にならなあきませんか?
もうこのへんでよろしいやん?

のどかな山裾の拡がりを高速道路の直線が分断する…
人間がいじるのは、最小限にとどめておくべきではと思います。


この先の変化を時々は見に行ってみる…
何にもならないけれど、私の小さい抵抗。


「花の寺」へは、洛西ニュータウン内の府立洛西高校正門前を西へ
          花の寺の道案内に従い山手へ登ります。

「花の寺」には、無料駐車場があります。
「大原野神社」は、400円なんて看板が。  有料ということですね!














by marrone-marrone | 2012-04-16 22:54 | 京都おでかけ | Comments(0)

waitroseの紅茶

はいっ。  みつけてきました!
先日アップしたwaitroseの紅茶を。



a0219573_11545043.jpg

いろいろ調べていたら、大丸直営のスーパー、ピーコックにあるということがわかりました。

一番近そうな高槻市松が丘店へ。

トラックいっぱいの国道、丘を上り下り…
はじめての道は、ドキドキ、でも、たのしいわ!

着いた先は、駅から離れた住宅の中、
郊外型小規模店舗。

週末なのにお客さんは、少ない。
ほんまにここにあるの??とちょと不安…



うろうろ探していると…
ありました!
確かにwaitroseです。



a0219573_11551824.jpg


他には、オリーブオイルとグレープシードオイル、パスタ。

紅茶は、ダージリンとアールグレイの2種類だけでしたが、
とりあえずどちらも飲んだことがあるので、10年前の自分の舌の記憶を確かめてみようと思います。



a0219573_11565330.jpg

ダージリンは、このように賞味期限間近のためセール品のワゴンに入っていました。


これ、おいくらだと思います?



いずれもタイプは、ラージリーフティーで125グラム、  370円。
ダージリンは200円ちょっと。フェアートレード商品も魅力です。


早速、ダージリンをいれてみました。

みずいろは、こんな感じです。


a0219573_11571568.jpg

素直にダージリン…



もう一つのアールグレイ…

うん、うん。これだった。
複雑に花の香りも加えられたものや柑橘系の香りなど、
それも楽しいけれど、私にとってのアールグレイは、natural bergamotのちょっと強めのこれ!

味覚や嗅覚って一気に記憶を蘇らせることがありますよね。  懐かしい気持ちになります。

とにかく、香りも色もよくでて美味しい紅茶。
高ければ美味しいというのではないと改めて思いました。

イギリスでは、紅茶は高くはないのですから。
紅茶と言えば、気取ったものとか、あれこれ難しいなんて思うのはもったいない。


もっと身近にお手軽に!
大切なのは、一杯のお茶が心を仕切り直ししてくれると気づくこと。

イギリスでは、teaにまつわるたくさんの言い回しがあるそうです。

「everything stops for tea」
「you are my cup of tea」

後者は、君って僕の好みだよってことらしいんです。



話は、waitroseに戻りますが、
このスーパーは、王室御用達ですので、品質は信頼できます。

大丸ピーコックに尋ねたら、
定期的に直接買い付けに行かれているそうですが、もっと色々仕入れてほしいな!
以前は、ジャムやお菓子もあったのだそうですが、認知度がイマイチで、
そのあたり、もうちょっと頑張ってほしいなあ。


高くておいしい紅茶は、おもしろくないんです。
安くておいしい紅茶がいいんです。


そうそう!
美味しいからと、いつも同じteaを飲んでばかりいると、味覚が慣れてきて
それも おもしろくないんです。
先日、つなぎのつもりで飲んだリプトンイエローラベル、
ミルクと合って食事のお茶としていいなあと思いました。

要は、わずかの味覚の違いに気づける健康な舌を維持すること?
なのかもしれません。



大丸ピーコック   高槻松が丘店  072ー687-5001
            
            塚原店       072-696-8291
         
            西梅田店      06-6345-3475

            堂島クロスウォーク06-6343-7556

他にも千里や香里園などにも店舗はありますが、大丸京都での取り扱いは、ないようです。












by marrone-marrone | 2012-04-14 13:09 | 食べ物 | Comments(0)

お花見散歩



a0219573_0153678.jpg

天気予報では、夕方から雨模様と…

今の間に お花見散歩へ。




a0219573_0155944.jpg





a0219573_0162518.jpg

この並木、植樹されて30年ということで、年々風格が増してきて見応えがあります。





a0219573_0235150.jpg





a0219573_0292833.jpg

真っ先に咲く桜に春が来た!と皆が注目するけれど、
遅れて咲く桜もいいものです。



a0219573_0183313.jpg

空に向かい凛と咲く 椿。


寒さが続いた今年は、一斉に花開き、美しい春の色に溢れています。



a0219573_0192070.jpg


桜の花天井ばかり見上げていたら、
こんな足下にも…





a0219573_030012.jpg

今日は、マロンも一緒。
でも、桜はそっちのけで早く家に帰りたいって…



a0219573_0312281.jpg

これです!
彼女が一番うれしいこと。



a0219573_0314397.jpg

庭に出ると真っ先に 「ワニのピイー」を探しに行って カミカミカミ。























by marrone-marrone | 2012-04-14 01:13 | 愛犬 | Comments(0)

安くておいしい紅茶は、どこに…


引き出しを開けてさがしものをしていたら、随分前の紅茶のパッケージが出てきました。

「waitrose」…
イギリスのスーパー。



a0219573_22365957.jpg

でも、これは、日本の「平和堂、アルプラザ」でみつけたのです。
10年以上前です。
お手軽な価格でおいしい紅茶でした。

残念ながらwaitroseの取り扱いは一時的なものだったらしく、問い合わせても
その店名すら通じません。

waitroseは、日本での紀伊国屋や成城石井のようなスーパーでクオリティーの高いオリジナル商品が並んでいました。




こちらも一緒に出てきた紅茶のパッケージ。



a0219573_22371627.jpg


whittard
こちらは、2年ほど前までJR伊勢丹でコーナーがあったのでよく買っていました。
ところが、少しずつ縮小され今は、代わってTEA PALACE,
そしてフランスのHEDIARDに模様替えされてしまいました。
それもそのはず、whittardは倒産してしまったらしいのです。

前出のwaitroseは、気に入って実際にロンドンでの宿泊は、美術館とこのスーパーに近い安ホテルに泊まり、お総菜など買って外食する予算を節約したりしていました。

お土産もイギリスでは紅茶は安くおいしく軽いので、ほとんどここで買っていました。
あー、これが日本で買えたらなあ~



というわけで、
今では空っぽのパッケージを眺めることしかないんです…
高くておいしい紅茶は、おもしろくないんです。
安くておいしい紅茶が飲みたい。



そして、家にはポットが絵付けをするので幾つもありますが、一番気に入っているのが、


a0219573_22374420.jpg

この、トマトのようなポット。
分厚くて冷めにくく、コロンとまるいお尻は茶葉がよくジャンピング出来て、
美味しいお茶になります。



口が小さくて中に手が入らず洗いにくいですが、中まで釉薬がかかっているので茶渋がつきにくいので助かります。
こちらは、5£ほどですが、全10色ほどありますが、日本では「アフタヌーンティー リビング」で1500円ほどで1,2色取り扱っていました。


さがしものから開けた引き出しの中から、どんどん紅茶の話になって…
あ~、お茶が飲みたくなってきた…





a0219573_2238256.jpg







a0219573_22383986.jpg











by marrone-marrone | 2012-04-11 00:26 | 食べ物 | Comments(0)

うれしい報告

小学生の頃に子どもアトリエに通ってくれていたNちゃんが
お母さんと一緒に顔を見せに来てくれました。

およそ10年振りです。




a0219573_2246426.jpg


「もしもし?
 ずーーっと前にアトリエでお世話になっていた○○です。
 先生、覚えてはりますか?」  


「あー、覚えてますよ!    まだ ぼけてません。ハハハ~。」

と、その報告は始まりました。
近くまで来ているので会えるということ。


なんと、「宝塚音楽学校」に合格したと言うのです。



あの小っちゃな頃のNちゃんが、どういう道へ進むのか
何も想像出来ない頃に引っ越され、別れたきりでしたが、
毎年、年賀状を送ってくれていました。


待っている間、Nちゃんのことを思いました。
Nちゃんは、何かしら可能性を秘めたお子さんのように感じていましたので、
今日のような報告を驚くというより納得…
そして、彼女ならこの先もきっと大丈夫という確信さえ持てる…

あ~、早くあいたいなあと気がはやりました。



しばらくして、玄関にスッと立つNちゃんは、美しく成長され、希望に溢れる目がキラキラと輝き、
眩しいかぎりです!
こんな私にまで報告に来てくれるなんて嬉しいじゃありませんか。
あの頃のNちゃんとの思い出話に笑えました。

本当に嬉しい報告です。



a0219573_22465939.jpg


その晩、
あー、本当に子どもって宝物だなあ!と思いました
それは、我が子のみならず、あの子もこの子も。

色々な環境や事情の中でそれぞれに悩み、時には挫折しそうになりながらも
私たち大人を楽しませてくれているではありませんか、
夢を見させてくれているではありませんか。

大人は、出来る限り子の思いに沿って望みを叶えてやりたいものだと改めて思いました。


当初、反対されていたというお父さん、
その中で道を整えられたお母さん。
子の思いに沿って行動された結果と、頭が下がります。

もちろん!
ご本人の努力の結果は言うまでもありません。
聞けば、初めて観た宝塚の舞台で、これをやりたい!と思い
1年だけのレッスン、初受験での合格だったそうです。


宝塚は、雲の上の世界で、今まであまり関心がなかった私ですが、
Nちゃんの入学をきっかけに一つ 世界を広げてみようと思います。


人が夢を叶えていく話を聞くと、
私ひとりの人生では味わうことの出来ない歓びを味わえます。


Nちゃんの初舞台が楽しみです。

by marrone-marrone | 2012-04-06 23:43 | 子どもアトリエ | Comments(0)