人気ブログランキング |

大文字山登山

やっほー!


a0219573_21314836.jpg


この前から、山登りしたくてしたくて。

大文字山に登ってきました!

まずは、京都市内の北に目を向け…
画面 中程に横たわる低い山は、五山送り火の「妙」と「法」、北山通り、松ヶ崎。


a0219573_2133281.jpg

こちらの中程の緑は、下鴨神社の糺の森。




a0219573_21335749.jpg

今度は、南方向…
山裾の大きな建物がウエスティン都ホテル。
そして、写真では、わかりにくいのですが、遠く山の切れ目に大阪のビル群が見えます。

実は、このとき、ひとりのおじいさんが目の前のパノラマの解説して下さったのです。
なんと、「梅田のスカイビル…。あっちは、京橋の……」とか。
「えっ、ほんまに?」
ほんまらしい。
蜃気楼のようで、不思議でしたが ほんまなんです。
で、そのおじいさんは、ひとしきり説明が終わると、スタスタと「大」の文字の左のはらいの方向に下山。

もしかしたら、毎日でもここに来て、誰とはなく解説されているんじゃなかろうか??

そして、これは、送り火の「火床」


a0219573_2135463.jpg

実は、一番下の子が三歳になってから、夏休みは、北アルプス白馬岳や唐松岳などに登っていました。
山登りって、あ~しんど!もう、やめた! と登るときには思うのですが翌朝のご来光を浴びた途端「また、来るぞ!」と 心に決めてしまうんです。
ところが、子どもたちが大きくなるとそれぞれ予定が合わなくなったり
体力に自信もなくなってきまして、すっかりのご無沙汰になってしまいました。、


a0219573_2135385.jpg






a0219573_21362645.jpg

それで、「大文字山」なら まだまだ楽勝~なんて思っていましたら…
とんでもなく…
登りはじめて30分で息が はあ~、はあ~

ところが、上から三歳くらいのお子ちゃまが「コンニチハ~」なんて下山。
その姿が可愛らしいやら、懐かしいやら。
「山ガール 復活!」いや、山ババか?  もう少し、ましな呼び方ないのかなあ?

この、大文字山、銀閣寺や哲学の道近く、すぐに登り始められ
登山者も多くて安全です。
そして、お手軽なのにこのパノラマ、達成感!
ここからの、夕日もさぞ、素晴らしいだろうと思います。


下りたら「哲学の道」もすぐ。


a0219573_2137822.jpg







a0219573_21421621.jpg



最後に、
昨年、紅葉の時期でもないのに京都の山々が茶色に変色してしまった原因…

あのままなら、今頃、もっと「ナラ枯れ」が進んでいたはず。
どう見ても、被害が拡大は、していないと素人ながら思っていたら、ビニールが木の幹に巻かれていたり、しっかり対策されていました。


やはり、山は、いいです。
自然の中に身をおくと、安らぎを感じます。

by marrone-marrone | 2011-09-25 23:28 | 京都おでかけ | Comments(0)

いい色には、ほんの少しの……

子どもが夢中になっているときの姿には、胸が熱くなります。





a0219573_21463398.jpg

写生などしているとき、画用紙とモデルの間を真剣な目が行き来しているのを見ていると、
益々、感動します。

(この感動…我が子の時は、どうだったんだろう??今、感動と思えるのは、ただただ、年の功か??)


a0219573_2147731.jpg


この日は、「けいとう」  「月桃」  「アザミに似た花(名前を思い出せない)」

「けいとうは、漢字で鶏頭と書くよ」
と 言えば
「ほんまやあ~!」

「月桃は、沖縄でとれて、この庭でも虫除けにシュッ シュッとスプレーしているからね。
良いにおいがするし においでみる?」
「いやあ~! くっさい~」





a0219573_21484044.jpg


そんな事を話した後、それぞれにイメージのふくらんだモデルを選び描き始めます。



a0219573_2149970.jpg


元々、おもしろい題材の月桃は、子どもたちの手によってどんな風に描かれるのか
興味の持てるところでもあります。


気を付けたいところは、「色」

絵の具やパスの色は、自然色ではないということ。
大人なら、葉っぱに補色を足したりすることは、知識として理解していても、
子どもたちには、よりわかりやすい説明が必要になります。

「葉っぱは、土から栄養をもらっているから、ちょっと土の色を混ぜてみようか…」
すると、ぱっと目の前のホンモノの葉っぱに似てくる…
こういうことを体験しておくと、描くことがいっそう面白くなるものだと思います。



これに似た事として
いつも思っていること…

それは、
楽しいこと、嬉しいこと、愉快なことは、確かに健康に良いと思います。
悲しいこと、辛いことが続くのは、健康上 良いとは思えない。

でも、心の片隅に悲しみなどを受け止めるスペースをとっておくことは、いい色の大人になるために必要なことだと思います。

私は、どんな色を持っているだろう……

ん?黒??
そうかもしれないなあ~
あんまり多くなってしまうと「腹黒な人」になってしまうしまう。
気をつけようっと。


あの、三月の震災以来、多くの日本人が心の隅に今までにない悲しみ、気がかりという感情をもっているのではないでしょうか。
そんな悲しみに共感する気持ちを持ち続けることと、悲しみを否定するばかりでなく、ちょっと抱いておくことが土色を混ぜてホンモノの葉っぱの色を出せたように
遠い将来、子どもたちが理解して人生の一助になればと願います。


まっ、そんなこととは知らず、この日も超~賑やかなアトリエだったわ。


by marrone-marrone | 2011-09-23 23:53 | 子どもアトリエ | Comments(0)

本日のおでかけ



a0219573_22232935.jpg


こんな可愛らしいものに出会いました。

水差しの蓋にちょこんと…


a0219573_2224136.jpg


出会った所は、「俵屋吉富」、京菓子資料館のお茶席です。



a0219573_22244196.jpg

年間、二万人の来館者があると言うことですが、
夕方近かったせいか、このときは、私たち二人だけでした。

昭和53年、京菓子文化の総合的資料館としてオープン。

干菓子の木型や生菓子の意匠を書いた帳面などが展示されています。
何と言っても、圧巻なのは、砂糖菓子の牡丹や薔薇などの花々!
写真撮影不可なので うまくお伝え出来ませんが、
一点、二点ならどこかで目にした記憶はあるもの。
でも、
さすがに資料館ともなれば、数が違います。
種類も豊富です。


と、展示物に感心しながらも…

私の心は、一階にあるお茶席へ…


a0219573_2225535.jpg


季節の上生菓子とお薄
お菓子は、「こぼれ萩」


a0219573_22252846.jpg


えっ?
もう、食べてるん??  せっかく写真に撮ろうと思ったのに、もう~

「かぶせ綿」
今月9日の菊の節句にちなんで…
菊についた露を綿にふくませ、それを体に触れると長寿になるという言い伝えから名付けられたお菓子なんだそうです。(本日、敬老の日。お土産にすればよかったあ。うっかりしていた。)


お薄が とても美しい!
「丸久小山園、又玄(ゆうげん)」


a0219573_22255134.jpg





帰り道、ここに立ち寄りました。
まるで、リゾートホテルのような…


a0219573_22261539.jpg

宇多野ユースホステルです。


a0219573_22264176.jpg

こんなに、きれいになって!

世界に4000ある中で、もしかしたら一番美しい?




a0219573_2227336.jpg

子どもたちが小さかった頃、ここの桜がとてもきれいで遊びに来ていました。



築50年近くたっていた建物は確かに老朽化していて、暗かったし…
でも、古いもの好きとしましては、何だか寂しくて…。

今日、立て替え以来初めて行って、   驚きました。
す すばらしい!
中庭を囲むように木の暖かみの感じられる開放的な設計で とても良い感じ。

ちょっと、今度、ここに「家出」してみようかな!

シニアでも泊まれますから!



俵屋吉富 京菓子資料館      水曜定休 
                      10時~17時
電話 432ー3101



宇多野ユースホステル 
                     
電話 462ー2288          相部屋 3300円
                       ツイン 4000円


          

                     
            

by marrone-marrone | 2011-09-19 21:28 | 京都おでかけ | Comments(0)

欧風食堂  マ カンティーヌ

今日は、お気に入りお店の一軒を紹介します。
欧風食堂…
食堂っていうのが 良いんですが、とても良心的なお店です。



a0219573_1521338.jpg

昨年、秋、たまたま通りがかって見つけました。

まずは、ランチメニューを見て下さい。


a0219573_1522580.jpg

「ワンプレート」ですが充実の内容です。
ちゃんと、スープとブレッドもつきます。

ランチのスープ付きというものの中には、具のちょびっと泳いでるお湯のようなものがスープだったなんて所もたまにあったりしますが、ここのスープは、おいしいのです!

前回は、蕪のポタージュでした。





a0219573_1544839.jpg


今回は、旬のかぼちゃです。
かぼちゃの形を少し残したものが入っていることと
シナモンが香って食欲をそそり、良い感じでメインの「ワンプレート」に移れます。



a0219573_15225861.jpg


日替わりのワンプレートで、この日は、チキンのバーベキューチーズ焼き。
茄子としめじのサラダ甘酢漬け。
生ハムメロン。

ワンプレートにたくさんの食材が盛り込まれています。

そうそう、
ここは、ブレッドもおいしいのです。
バケットとハーブ入りのブレッドが温められて出されます。
私は、ハーブのこのブレッドとワインだけでも「こんにちは~」なんて行きたいくらいです。

ここまでで 850円です!
(これなら、お仕事ガンバリ中のお父ちゃんにも申し訳ないなあ~なんて思わなくいただけます!)



a0219573_15232227.jpg


そして、
食後のお飲み物に小さなアントルメ。

これで十分ですが、「本日のデザート」もおいしいですよ。
この日は、オーダーしませんでしたが、  ガトーショコラ フランボワーズソースだったと思います。

この、食後のお飲み物などは、追加メニューですが、
かわいらしいお値段で、ホント、良心的なのです。


ブレッドのお代わり40円って!
50円でいいじゃありませんか?
でもでも、こういうところに一番大切なハートが見えてきて、とっても良い感じ^^







a0219573_15235124.jpg


お店の外に こんなの書いてありました。

恐らくパーティープランの案内かとおもうのですが。

それから、アルバイト急募!!とも…


そうなんです。
お一人で作り、もうお一人でサーブで、この前行ったときは、アルバイトさんがお休みで臨時休業だったのです。
それから、混でいるとお昼過ぎでも本日のランチ終了という日もありました。
早く、いいアルバイトさんが決まりますように…

また行きますね^^


営業案内

ランチ  11:30~14:30
ディナー 18:00~22:00
定休日  日曜

臨時休業もありますので、確認してお出かけ下さい。
でんわ  075 200 9628
左京区田中門前町103の3
百万遍交差点 北へ 東側

by marrone-marrone | 2011-09-11 17:06 | 京都おでかけ | Comments(0)

素麺の木箱に絵を

素麺の木箱って、捨てるにはもったいなくて、何かに使うということなく、とってある…ということはないでしょうか。
私は、随分前に包装紙を貼って、今は、封筒入れとして使っています。






a0219573_0365789.jpg


子どもアトリエでは、この木箱に「夏休みの楽しかった一日」を描きました。



a0219573_0374465.jpg


花火大会。飛んでくる火の粉が迫力満点!

水しぶきをあげて、何を捕まえたのかな?


a0219573_038261.jpg


サファリパークの夕焼けがとてもきれいだったんだねえ。





a0219573_0382342.jpg



沖縄の海へ!
ビーチの砂は、ホンモノの沖縄の砂をボンドで貼りました。





a0219573_038495.jpg



満員の夏休みの映画館。

色使いから伝わる楽しい一日。





a0219573_03910100.jpg


食べたカレーがとってもおいしかったんだねえ!









a0219573_0393253.jpg


海面にひとすじの白い釣り糸が緊張感を表しています、海釣り。





a0219573_039546.jpg


動物園も花火大会も、どこも人は、いっぱいですよね。
シロクマが堂々と愉快に描かれて、一番印象的な出会いだったのかな?


a0219573_0442733.jpg

スイカ割りに海水浴。

子どもの描く絵の魅力は、勢い。
ものすごく賑やかに、それで描き上げられる。

おとなになってもなくしてしまいたくないもの…
それは、こどものような柔らかい心。


この出来上がった木箱のなかに、お手紙や大事にしているものを入れておく…

そうして、忘れた頃にみつけたら、2011年の楽しかった夏休みの一日が思い出されたらいいですね。





今日は、夕方に広沢の池を通りかかりました。

残照が素晴らしいグラデーションを描いて、風もなく
水面は翡翠色。
だんだん色をなくしていく地上とゆっくりと暮れていく西の空。

夕焼けって、何度見ても、いつも違う。
もっともっと見ていたかったけれど、
実は、運転中~

カメラ、持っていればよかった。残念。




by marrone-marrone | 2011-09-10 01:30 | 子どもアトリエ | Comments(0)

紅茶…訂正と新たな情報を…

昨日、ハロゲートの紅茶をおすすめしましたが、
訂正と新しい情報を お知らせします。

訂正 
明治屋の毎月末 土日のセールは、今は、実施していないとのこと…
ただし、年一回、あるそうで
次回は、11月末 土日になると思います、とのこと。
(3年ほど前には、あったらしいと電話に出た人は、おっしゃるけれど、私は、もっと最近あったよと、まだ思っています…なんだか、浦島太郎になったようで…)
そういうわけで、訂正いたします。


明治屋には、250グラム袋入りのと缶入りがありますが、おすすめは、袋入りです。


ところがです!
同じものを探せばお安く買えるところをみつけました。

englishmarket.co.uk

こちらでイギリス紅茶で調べて下さい。
明治屋より、ハロゲートで日本で買うよりずっとお得です。
英国からの送料込みで価格表示されています。

昨日アップした箱入りティーパックは80入り 1800円。
香りも色もしっかり出るので、おいしくて、リーズナブルです。

今の茶葉が無くなったら試してみようと思いますが、もし、どなたかお先にご注文されましたら
ご意見などコメント頂けるとありがたいです。


それから、
今年の阪急梅田店、英国フェアーは、10月5日から11日だそうです。
狭い範囲でたくさんの紅茶に出会うには、便利な催しです。
でも、おなじみの高級デパートや陶磁器メーカーのものが集まっていますが…。

価格が高ければ、ある程度は失敗無く美味しいかもしれませんが、
普段から美味しいお茶を飲みたいのに、それだと続きません。

余談ですが、英国に行ったらスーパーマーケットで紅茶をいっぱい買うのが一番かと思います。
オリジナルで種類豊富、パッケージも素敵です。
スーツケースを開けたら、箱が飛び出す!ほど買っても後悔無しです。

そうそう、最後に…
私がおすすめするより、こんなところでハロゲートティーがいただけると言った方がいいかな?

ザ リッツ カールトン大阪のロビーラウンジでのアフタヌーンティー。


これからの季節、リッツまで行かずとも、おうちで手の届く 本当においしい紅茶時間を持てたらいいですね!

by marrone-marrone | 2011-09-06 11:43 | 食べ物 | Comments(0)

紅茶の美味しい季節に…



a0219573_17344582.jpg

雨の日曜、出かける用を取りやめ、久しぶりに一日中、家の中で過ごしました。

湿度が高く、気温も今日は低いので
こんな日は、温かいミルクティーとずっしりケーキでゆっくりしよう!
 

そうそう、お弁当配達のアルバイトで濡れて帰ってくる息子もいるし、
休日出勤している娘も帰ってくるのだし、ゆっくりしたいのは、やまやまだけど、
ずっしりケーキを焼こう!


また、「甘いもん、いらん。」
なんて 言われそうだけど…




a0219573_173539.jpg


このティーセットは、20年近く使い続けています。
スコットランドのANTAのもの。
お皿は、丈夫ですが、カップが弱くて、ひびが入ったり、既に割れてしまって不揃いになってしまいました。

これからの季節、紅茶がおいしく感じられます。

私は、ミルクティー派ですが、ミルクを入れても美味しいお茶は、そんなにないなあと思います。
その中で、これは、おいしい!と思ったものを紹介します。


a0219573_17351870.jpg


一番は、右の缶入りでヨークシャーの「ベティーズ ティールーム」のティールームブレンド。
もし、ヨークシャーに行かれたら是非、立ち寄って美味しいお茶をためしてみて下さい。
恐らく、日本では販売されていないかもしれません。
(ネットで購入できるかもしれません)

左の箱入り、「テイラーズ オブ ハロゲート」のヨークシャーティーは、日本でも買えます。

ヨークシャーの茶葉をおすすめするのは、ブレンドが軟水用で日本の水で美味しく入れられるからです。
茶葉も細かく くせもなく、まろやかなミルクティーが楽しめます。

このお茶は、京都なら「明治屋」で買えます。
少しお値段アップの「ゴールド」は、さらに美味しいように思いますが、気のせいかな?

ちなみに、変更なければ、毎月月末の土 日は、割引セールデーです。




a0219573_17353326.jpg


これは、フレーバーティーになりますが、
この夏、アイスティーにして、とても美味しかったので紹介します。

「A.C.PERCH`S THEHANDEL」のグリーンジンジャーレモン。
紅茶ではなく、緑茶がベースで後口が爽やかです。

デンマークのブレンドです。

パッケージにお国らしいデザインが表れているのも、お茶の楽しみのひとつです。
あっ、このお茶は、大丸梅田店で見つけました。


紅茶の話になると終わらなくなってしまいます…

それでは、あと、ひとつだけ。
「Mackwoods」のお茶もおいしいですよ。

これは、ここ2年、大阪梅田 阪急の毎年秋、開催の「英国フェアー」に出展されます。
今年もきっとあると思うのですが…


ああ、紅茶の話、終わりたくないなあ…
今日は、このへんで…。


以上、私の独断と偏見で失礼いたしました。








by marrone-marrone | 2011-09-04 19:51 | 食べ物 | Comments(0)

想像力

猛暑に耐えて、秋 ふたたび咲こうと蕾をふくらませるハニーサックルが台風の強風にクルクル
目を回しています。




a0219573_21503782.jpg







a0219573_21505957.jpg



大型で速度が遅い今回の台風は、各地で被害がひろがっています。

今年は、震災に夏の豪雨、そして台風、
自然災害で家族や住まいを失った方が多数おられます。

ニュースで被害の状況を見ているだけの自分に無力感を感じます。

そんな中、ひとときでも、もし、我が身に起こっていたら、どんな気持ちでいるのだろうと想像してみたいと思います。


さて、
一際、問題山積の日本にまた、新 内閣が誕生しました。
さて、野田内閣の想像力は、たくましいでしょうか…
国民のこと、将来の国のことをしかっり想像して下さいと願います。

余談ですが…
私なら、リーダーを決める最終選考に「肩もみ」テストをしてみたい!

なぜって、
肩もみには、ふか~い人間性が見える…
もみ方、もむ時間、見えてしまう人間性…

いろんな人に肩をもんでもらって、ほぼ間違いなく「肩もみに人間性は、出る。」と思っています。
よろしかったら、やってみて下さい。
あー、結婚を決める前に肩もみおねだり なんていいかも…

で、下手だからダメか?といえば そうではなくて、
ここが こってる、そこそこ!
あ~、そこそこ!
なんて やりとりをしていく中で肩もみ上手になっていきますから。

あ~なんだか、肩がこってきました。
お願いしてこよう、
25年かけて、昨年あたりから肩もみ上手に昇格したヒトに!

by marrone-marrone | 2011-09-04 01:29 | ひとりごと | Comments(0)