「鍵」

主人をバス停までマロンと一緒に見送り、そのまま20分ほど散歩して帰る。。

帰って家のドアを開ける。。

が、鍵がない?

今朝はいつになく夫が鍵を閉めていた。
そして私の鍵は家の中。。
ひゃあ~!。。。。。。。


寒い!
お腹空いた。
トイレ行きたい。
用事が山積、何もできない!
泣きたい気持ち。
そやけど、泣いてられへん。


私は散歩にケータイ持って出ません。

これについては無防備と自分で思ってはいたが思うだけだった。
夫と連絡とるにも手段がない。

マロンがブツブツ私が独り言を言うので寄り添ってくる。
「困ったなあ、  あー。」
「困った!  あ~」
こればっかりの繰り返し。
まさか、夫の帰宅時間までこのままとはいかない。

八時過ぎるまで待って、
意を決してお隣の家のチャイムを鳴らし電話をお借りする。
が!
夫のケータイの番号分からない。



てなことで、
「検索」いろいろしてなんとか連絡がとれました!

職場に「家内ですが。。」なんて電話したのはどの昔だったか。


夫、Uターン帰還までの間草引きにお隣近所の門はきに、防寒対策で働きますた!
その後の猛ダッシュの用事に夜は疲労困憊!

小学生の頃鍵忘れ、忍者のように屋根伝いに二階の窓から「自宅侵入」した「前科者」も年の功には抗えず、
落ちて骨折でもしたら笑いもの、ぷ!



そう言えばもう一件、あった。

末っ子が二歳にもなっていないころ
洗濯もの干している最中、中からガラス戸の鍵を閉めた。
「こうしてそこを開けるのよ!」と「手引き」しても彼には通じないお年頃!
笑っていた~

この時も、裏の家の人に固定電話の子機をスーパーの袋に入れてもらい
炉端焼きさながらに物干し竿で「運搬」してもらい助かった。


平成最後のワタシのキーワードはまさに「鍵」
&ケータイは身を守る。。
でした!








by marrone-marrone | 2018-12-28 09:05 | Comments(14)

Commented by hahakobento at 2018-12-28 09:19
うわぁぁ~(・.・;)この寒いのに~
大変でしたね!!!でも連絡がとれて良かったです。
わたしも息子が2歳か3歳の頃、ベランダで洗濯物を
干していたら鍵を閉められてしまいました(+o+)
その頃は2階に住んでいたので、家の前の
レストランのコックさんに『おねがいしまーす!』と
大声を出してどうにか助かりました。
締め出しは怖いです・・・(..)
Commented by marronmaison at 2018-12-28 10:23
今朝は特に寒かったでしょう? 大丈夫でしたか?
鍵の忘れ、締め出し、ありますねえ(笑)
ウチのお隣の部屋に住んでいた家族も、小さい息子さんに玄関のカギを閉められてしかも、本人は焦って開けられなくて^_^;
ウチのベランダ伝いになんとか部屋に入れました。
同じおうちで、玄関ドアノブに鍵を差しっぱなし (゚∀゚;) 見つけてお知らせした事がありましたっけ…(笑)
ご主人は警察官だったので 奥さんが「バレたら怒られるわ」と笑っていました。懐かしい思い出です。

そうそう、鍵もそうですが携帯は絶対、持っていた方がいいですよ。
何かあったときのためにも、連絡・証拠撮影などすべて利用できますから。
Commented by olion3754cona at 2018-12-28 10:27
marroneさん、これは昨日のことですか?
まさに私も昨日の夕方、鍵を持たずに近くのスーパーに出かけ、帰ったら夫がいない、鍵がない。
仕方なく徒歩15分のスタバに行ってコーヒーで温まりましたが、帰り、雪がちらついて踏切は開かずの踏切になり、寒くて大変でした。
鍵は命のカギですね。
Commented by genki1024 at 2018-12-28 12:30
こんにちは、ポニョです。
最近はなんでも携帯に保存するので、無くした時とても困りました。自宅電話の時はするっと電話番号が暗号のように出てきてたのに、いまでは思い出すこともできません。
Commented by marrone-marrone at 2018-12-28 17:37
> hahakobentoさん
笑!あるある事件なんですね?!

カワイイはずの吾子もあの時ばかりは鬼に見えました、ぷ!
Commented by marrone-marrone at 2018-12-28 17:43
> marronmaisonさん
いえ、昨日の朝だったのでまだ陽ざしがあり助かりました~

ドアに鍵差しっぱなし!
それ、今回助けてもらったお隣でありました~
スキー旅行に出られた出先からうちに電話があり、現場急行したらば
しっかり差したまま、笑!
遠くの親戚より近くの他人のお互い様やね。
Commented by marrone-marrone at 2018-12-28 17:47
> olion3754conaさん

ほんまですね!
同じ日に鍵をめぐり肝の冷える体験をしましたね!

私は犬の散歩故、「お金」もありましぇん!
もう草引いたりとにかく動いて暖まりました!
Commented by marrone-marrone at 2018-12-28 17:52
> genki1024さん
自分のケータイ番号はすらすら言えるのに、
それが何の役にも立たないこともあると知りました!
せめて、夫の番号くらい脳みそに押し込めないと。。

将来、自分の名前忘れても(ぷ)、
夫呼び出せれば何とかなる。。
Commented by blue721b at 2018-12-29 07:11
寒さに凍える時間でしたね
それでも
働き者のmarroneさんに感心してます😍

人の一大事なのに
少し ほっこりしたのは
文章のうまさ かしら😆

今年 たくさん楽しませて頂きました
絵付けも いつかやってみたい物のひとつです
来年もよろしくお願いします🙇🏻‍♀️
Commented by marrone-marrone at 2018-12-29 08:12
> blue721bさん
起こったことを思うままに書いているのにお付き合いいただけただけで嬉しいです!

自信をもって誇れるものが無いので、
困りごとの側面のなんか面白いところを探してしまう癖かな。

来る年もまた探します!
良いお年をお迎えください。
Commented by maribabalondon at 2018-12-29 10:41
どきどきしながら、読みました。

あるんですよね、こいうこと。
我が家は鍵を庭に隠しています。
そしてご近所さんにも、預けてあります。

前の家で、鍵を無くし、主人が塀をよじのぼり、庭に面したガラス戸をこじ開けようとしたら、閉めるのを忘れ、開いていました。
やーだ、でも良かった~。

マロンはその間大丈夫でしたか?
Commented by karibu-chai at 2018-12-29 11:30
あ~~あるある…私も何回か同じ失敗しましたが、
ここのところないかな?5年間ぐらいは。・・
想像して・・お察ししました。
お疲れ様でした。
(昔は長い梯子をかけて二階の物干し場から入って…
事なきを得ましたが、今はできませんね)
でも一日棒に振るなら…慎重に・慎重に…やっちゃうかもしれません。
Commented by marrone-marrone at 2018-12-29 19:10
> maribabalondonさん

「締めるのを忘れ、開いていました」笑
よそのお家でもあることなんだなあと。

マロンは、大丈夫でした。
というか、散歩から帰ってきて私が家に入れず
ずっと一緒に遊べて嬉しそうでした。
私が腰かけるとピッタリくっ付いて並んでんいました。
Commented by marrone-marrone at 2018-12-29 19:15
> karibu-chaiさん
今回どうでも良さげな失敗談でしたが、
同じような経験がある方がいらっしゃって、嬉しく驚きました!

最近空き巣が多いと聞いて万全の戸締りして出るので、
魔法でも使えない限りは入れず。。
自分の家なのに!