紙を縫う

今日は京都市内は地蔵盆だったようです。

ここまでが楽しい夏休み。
ここからが苦し紛れの夏休み!
宿題か。。なつかしいなあ~


さて、子どもアトリエは「紙を縫う」でした。

a0219573_21360832.jpg
直接紙に針を刺すのは難しいだろうと
予め穴を開けます。

毛糸のとじ針に極細毛糸を通す。。
毛糸の先が割れてなかなか難しい。



a0219573_21411020.jpg
ただ縫うだけでは面白くないので、
「虹」や「パイナップル」などの下絵を用意しました。



a0219573_21431065.jpg

表から、裏からも、
穴に針を通すこと、

糸の引っ張り具合。

途中で糸が抜けた!などなど。。
大人には簡単なことでも子供には未知の体験ということはたくさんあります。

「それ、したことあるよ!」
「それ、使ったことあるよ!」
これが多い子は目が輝いて見える。


道具を使って創作できるのはヒトに与えられた幸い。

輝く目を見たときは見守り任せる。
初めての不安を見たときは手伝う。



話は宿題に戻りますが、
子供たちには宿題とは無縁になった大人が羨ましくもあるようで。

私は宿題のある子供たちが少し羨ましいわ、笑。

by marrone-marrone | 2018-08-18 22:11 | 子どもアトリエ | Comments(4)

Commented by maribabalondon at 2018-08-18 22:42
こういう体験は、特に子供にとって、将来役立つ
ことなんですよね。
輝く目を見たときは見守り任せる。
初めての不安を見たときは手伝う。
素敵な先生!
私も習いたい。出来ると勘違いしている目だったりして。
Commented by marronmaison at 2018-08-18 22:45
小さな手で一生懸命、縫っている様子はホントにかわいらしいですね(*´ω`)
夏休みの宿題、大人になると懐かしく思いますが 子供時代は「やりたくな~い」の一言でした(笑)

夏休みはもうすぐ終わるけど お教室の子供たちはいい経験ができましたね♫
Commented by marrone-marrone at 2018-08-19 09:51
> maribabalondonさん
こんにちは。

出来ると勘違いは私はいっぱいしてきました!
出来ないとだめなんだと思って分かったふりも。
子供にもプライドがあるので見抜いて傷つけず教えてくれる、
そんな先生と出会いたかったなあ。
Commented by marrone-marrone at 2018-08-19 09:54
> marronmaisonさん
こんにちは。

そうでしたわ!
やっぱり大人になって宿題が無い夏はいいもんです~

子供の真剣なまなざしは本当に愛らしく見ていて飽きません。