胃腸を冷やさない大切さを実感

今回の一人旅、

夕食にホテルの人に「近くで美味しい信州そばのお店」を尋ねて出かけました。

あっさりいこう!
山かけとかね。


が!
a0219573_15492256.jpg

通された大テーブルの隣のおじさんが美味しそうな天ぷらほおばってる!

あれにしよ!



滅多に食べない天ぷらを頼んだ。

そして、
夜中にお腹、気持ち悪くなった。



そんなデリケートな胃腸の持ち主ではないはずが、量が多かったようです。
昭和な私は「残す」ということに抵抗感がある。

夜中、足元の湯たんぽをお腹近くに置きました。
消化を助けたいという本能かな??


a0219573_15575175.jpg
朝はいつも通り回復していて、


a0219573_15590564.jpg
たまたまいい席に通されて、北アルプス望みながら朝食を頂けました。



体が弱っているときの保温の大切さを実感しました。







by marrone-marrone | 2017-11-18 16:04 | ひとりごと | Comments(0)