まずはそれから

庭の花が少なくなり、
部屋に飾るものが無くなってきました。

そこで今年豊作だったレモンでも置いてみました!


a0219573_19222709.jpg
まだ木になっていますが、使う分だけ取ってきて暫く飾っています。

小振りですが、皮が薄く種が少なくほのかに甘味のある美味しいレモンです。
アゲハ蝶が卵を産み、その幼虫がモリモリ葉を食べるので、こんなふうに切れ切れの葉っぱ付きのレモン。





今日は隅っこで咲いているミニバラを見付けました。
a0219573_19371854.jpg
このまま枯れてしまうより、毎日見てあげる方がいいかとキッチンに飾りました。

秋のバラは、春のバラの華やぎには及びませんが
忍耐強さと、寛容さを持っているようで好きです。

この頃は、こういう植物を見ては自分の人生を思ったりします。
私は今どの季節に居るのだろうとか。笑

芽が出て、
花咲き、
実がなり、
種ができる。

朽ちて倒れて、また芽が出る。

人間はあれこれ余計に考える動物ですが、考え過ぎて良いとは限りません。
ふと、身近な自然の中に目を向けたとき、
咲いている花や遊んでいる鳥に教えられる時があります。

「もしもし?考え過ぎやで。
私らみたいに毎日を精いっぱい生きてるか~。
精いっぱい生きてへんから迷うんや~。」
とかなんとか??

久しぶりにシジュウガラが来ていました。



a0219573_20075484.jpg
そして、
恒例のドングリ!



マロンの散歩へ行くたびに夫が拾って帰る。

犬を待たせて無邪気にドングリ拾う夫の姿を思うと可笑しくなる。



夏の喧騒が過ぎ秋深まるこの頃、
シニアな私たちは、何だかしっくり収まるこの季節の中で
これからどんな風に??
と考え始めました。

でも、答えが出ません。
そうだ!お茶にしよう!

まずはそれからや!笑

by marrone-marrone | 2017-11-05 20:26 | ひとりごと | Comments(2)

Commented by maribabalondon at 2017-12-05 23:17
たまたま、この記事をピックアップして、読みました。
何か心に響くものがありました。

レモンにしても、バラにしてもセンスも抜群、
やることが憎い。

文章、こんなふうに書けたらいいな・・・見習おう。
年ばかりとり、未熟な私です。
Commented by marrone-marrone at 2017-12-06 08:01
コメント嬉しいです。

でも、私はずっと前からmaribabalonndonnさんのセンスに憧れていています!
そして、ピップの愛らしい眼差しとスコットランドにも惹かれています。