来てよし、帰って尚よし!とは?

週末、一週間ほど里帰りしていた娘と孫を見送りに行きました。

a0219573_07495150.jpg
夫は搭乗始まるころから雨の中デッキに立ち、二人が乗る機体を見ている。


私は空港内にあるアクタスのセールを覗いていた。
旋回して雲に隠れる前に走って行って一緒に手を振った。


普通でいこう
と思いつつ、
毎回かなりのオーバーワーク。
朝から晩まで、ねじ巻きのおもちゃのように動き出したら止まらない。
止まらないほど忙しい。


「遠くに住んでいるからこそ出来るだけのことをしてあげたいと思うもの。
そして、また元気に帰っていけば頑張るだろう。」

忙しくてボランティアの例会を欠席するメールをした時の
友人からの返信に心打たれた。


一人で孫を植物園に連れて行って、娘の毎日の大変さがよく分かった。
でも、楽しかった!

孫はいくつかの言葉を覚え、いっぱい食べていっぱい運動して帰っていった。
a0219573_08343534.jpg
そして、
かわいい忘れ物。


私「わすれものしてるで!」

娘「思い出して泣ける??」

とんでもないわさ。
でも、またいらっしゃい!




幼子と過ごして幼子の心を知り、
親になって親の気持ちを知る。
今日という一日で精いっぱい。
これは大変なようで実は有難いことなのかもしれないと思う。

来てよし、帰って尚よし!とは孫のことを言うらしい。(笑)

by marrone-marrone | 2017-10-31 08:57 | ひとりごと | Comments(0)