深川製磁の白磁

楽しみにしていた五条坂陶器市。
夕方涼しくなったら行こうと、昼間家具のけ掃除などやっていたら目が回ってしまった。トホホ。。。行けなかった。



そして今日、久しぶりに出かけたデパートで珍しい白磁を見付けました。
a0219573_21215592.jpg
深川製磁
もともとは絵付けが施されるものが白磁のまま。
珍しいとのこと。

a0219573_21223847.jpg
ローマ字表記


二枚組で販売。
良品ですからお安くはなく、下手に絵付けしてもなあと迷う。
横で夫は販売員さんと「買う気」で会話をしている。
どうしよう。。

じゃあ、4枚!ください!


あ、決断してしまったよ。

一応、何を描こうか、決まったから買いました。
四季です。


さて、その前にもう一つ

a0219573_21212330.jpg
こちらも深川製磁

期間限定のスターターセットやらで大鉢、中鉢、豆小皿のセットです。



a0219573_21213885.jpg
このように重ねて収納できるので助かります。


思い浮かんだのはおはぎ!と黒豆!
まだ自分の物にもなっていない器を眺めて何を盛るか?すぐに絵を描いてしまう癖が昔から抜けません。

すると、
横で「おはぎでも盛ったらええなあ~」と夫が言うのでびっくり!



深川製磁は私にとって特別なもの。
祖母が桜と流水絵付けの煎茶揃いを譲ってくれたのが初めての出会いでした。
陶磁器の価値もわからないその頃の私でも、手にしたときの感触は特別感がありました。
言われずとも大切にしなければならないと、
もしかしたらその出来事が磁器や絵模様に興味を持つきっかけになったのかも知れません。



陶器市へ出かけることができなかった今年ですが、
思いがけず深川製磁の器と出会い、また自分に課題も作ってしまいました。


大丸京都店で数量限定で販売されています。
スターターセットは別種類のものも素敵でした。(私のは古いタイプ)


by marrone-marrone | 2017-08-11 22:19 | ポーセレン | Comments(0)