琳派  京を彩る

国立京都博物館で開催中の「琳派…京を彩る」へ行ってきました。



a0219573_2056588.jpg

夜の博物館は初めてです。


琳派はこちら新しい平成知新館で金曜日は夜8じまで。


a0219573_2154338.jpg

夜、美しいです~

楽しみにしていた展だけゆっくりしっかり観たかった。
それで夜に行ってみたというわけです。
正解だったかなあ。

光悦、宗達による「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」
13,5メートル、ゆっくり歩きながら思わず顔がにやけてくる。
宗達の描く鶴は雄大な空を飛び立ち、舞い降りる。
広い広いパノラマが広がるようで、実はその高さはわずか30㎝ほどの絵巻の中でのこと。
空間のとりかたに魅せられた。

それから、屏風の中の草木の筆致。
特に酒井抱一に魅せられて、



a0219573_22162100.jpg

珍しく図録を買おうとおもったのに、どういうわけか「もっと知りたいシリーズ 抱一」などを買っている。

いや~、日本人に生まれて良かった!
もっともっと見るべきものがたくさんある!
などと思いつつ、鑑賞後の晩ご飯はイタリアン??



a0219573_22202561.jpg

夫も感動したと食事しながら抱一本をペラペラ。
私は久しぶりのワインに酔っぱらい気味。

最近の私は、描くこと以外の事にふらふら酔っぱらい気味だった。
迷っていた。



a0219573_22274787.jpg

ホンモノを観て心の底から感動をして、少々酔っぱらった解放感が言わせてしまった「ワタシ、がんばる!」
なんだかわかったような、
いや、多分わかってないと思う。

がんばろうとか、いいものを観たあ~という元気な気持になって帰ったのは事実。

23日まで開催中。
おすすめです。

by marrone-marrone | 2015-11-14 22:45 | ひとりごと | Comments(2)

Commented by desire_san at 2015-12-02 09:06
こんにちは。
私も琳派誕生400年記念展を見てきましたので、楽しくブログを拝見しました。国宝5点、重要文化財36点の琳派の絵画や工芸品が揃って見られて圧巻でした。まとめて幅広く琳派の芸術や工芸品が見られても琳派の全体像が見られてよかったです。

私は、特に俵屋宗達に魅力を感じ、ブログに「風神雷神図屏風」と他で観た宗達の傑作も含めて、宗達の美術について整理してみました。一部でも読んでいただいて、感想などコメントをいただける感謝致します。


Commented by marrone-marrone at 2015-12-05 21:54
コメント頂きありがとうございます!

私も拝読させて頂きました。
充実した内容に深く頷きながら、
そして他の記事も興味を持って読ませて頂きました。
色々なジャンルの芸術に触れていらっしゃるご様子で感心致しました。
それ故、私の拙いブログにコメント頂いたことに驚いております。