紙ひもバスケット

子どもアトリエ、今月は紙ひもを使ってのバスケット作り。

当初は、古紙を使って紙ひも自体を手作りしようと考えました。
しかし、それには子供たちの根気も私の忍耐もついていきそうにない…
で、市販の紙ひもを購入。


a0219573_21581084.jpg

材質、サイズ、色、豊富にあるのには驚きました。
その中で色々考えて選んだのは、ハマナカ「エコクラフト ワイド」



a0219573_22161448.jpg


牛乳パックや米袋など食品の包装材の再生紙から出来ています。
紙と言ってもかなりの強度があります。
コーティング材は、切手の裏やスキンケア用品に使われているポリビニルアルコールというもの。
これならおやつだって入れられますね!



a0219573_22154333.jpg

まあ、驚いたのはお値段。。
材料費を軽くオーバーしちゃった、冷や汗。

これでうまく作れなかったらえらいこっちゃと、事前に試作に励みましたがなかなか楽しいですよ!


a0219573_22205055.jpg

一番ワイドな紙幅なので作業は早いが力仕事になります。

霧吹きでコーティング材を浮かしながら形を整える。
熱い時なので気持ちもイイね。



a0219573_22264978.jpg

ここまで出来たら完成間近!
一人分の紐の裁断と網代組みの方法は伝えて、後半は完成作品を見て自分で考えながら作ってもらいました。



a0219573_22305219.jpg

で、私の作った試作品は、アトリエに移動する時に身の回り品を運ぶのに使ってみました。
白いのにはイラストをアクリル絵の具で描いてみてもイイかも。

小さいお子さんには幅の細い紙ひもの方が扱いやすいでしょう。

by marrone-marrone | 2014-08-27 22:39 | 子どもアトリエ | Comments(0)