夏旅 上高地、大正池

ちらり耳に入ってきた先週の京都の最高気温、38℃!?  恐ろしいことです。溶けます。
実際、北側の窓辺に置いてあったキャンドルは、くにゃ~とお辞儀をしていた。

僅かの間留守にするにもあれよこれよと考えます。
マロンを預け、メダカの置き場を涼しいところへ。 
亀のコジローにも餌をたっぷりあげる。。。
植木鉢も影に移動。。。  ああ、もうこれだけでも十分暑いんです!
でも、きっと長野は涼しいはず!

と思っていたけれど、、、そうでもなかった。


a0219573_2150319.jpg

そうは言っても標高が上がるにつれ清涼な空気に包まれる。
ここ大正池は標高1490m。


a0219573_21583337.jpg

あれれ?
思い描いていた立ち枯れの木々のある景色とは違うなあ。

昭和4年の焼岳噴火で梓川がせき止められ出来た大正池。
当初2000本以上あった立ち枯れの木々も年々減り、今や数本。
次に来た時はもう見られないかも。



a0219573_2292498.jpg

案内は息子とYちゃん。
彼らは、よくここから穂高連峰を登っている。
雲の向こうが穂高。あの雲の様子ならお昼には稜線が見えるだろうと歩く、歩く。


a0219573_22182567.jpg

木道で歩きやすい。
何年も山に登っていないので助かる、助かる。(でも、ちょっと物足りない)


a0219573_22232838.jpg



a0219573_222443.jpg



a0219573_22244332.jpg

妖精が息をひそめているような景色。
楽しい会話に時間を忘れていたけれど、5、6時間歩いていました。
上高地のシンボル、河童橋まであと少し。

by marrone-marrone | 2014-07-29 22:36 | ひとりごと | Comments(0)