岐阜の山中に「プロヴァンス」あり

三連休初日、
息子夫婦に会いに行く。
午後には売り切れる人気のケーキ屋さんがあると言う。
それも山の中に。

ひつまぶしでお腹いっぱい、別腹も満杯のところ
「まだケーキありますか?」と確認の電話を入れているのでついていくことに。。

それは、
a0219573_08253963.jpg
稲刈りも済んだ田んぼの景色を見ながら小高い山を目指して横道に入り、





a0219573_08132034.jpg
ついには林道を走り、

こんな道を向こうから自家用車が下りてくるから大変。




a0219573_08133085.jpg
着きました!


a0219573_08134605.jpg

お店はこの先、
この先にプロヴァンスがあるらしい。。。




a0219573_08144119.jpg

お腹いっぱいでしんどい。。




a0219573_08142030.jpg
今日は店頭で順番を待つ人が居ない、空いているらしい。

この三連休の初日、
小学校や幼稚園の運動会が開催されていて人出が少ないらしい。



a0219573_08152958.jpg
窓いっぱいに広がる景色、

他の建物は一切見えず、遠くの山の稜線と手入れされた庭が広がって気持ちがいい。


a0219573_08150307.jpg




a0219573_08122132.jpg

お任せで選んだケーキはどれも美味しい!

上品で丁寧に作られていて、
この景色と雰囲気、そしてこだわった美味しい紅茶やハーブティー、ジュースなど来る価値はあるかも。

あの林道ですれ違った車もお客さんの車に違いないなあ。
名古屋から一時間かけてやってくる人も多いらしい。



街にはない自然の中。
美味しいお茶時間を求めてお客さんが絶えない、
そんな山の中のカフェ。


a0219573_08153920.jpg



a0219573_08143201.jpg


子供が成長して、
親の知らないことを知って、
親の喜びそうな場所へ案内してくれるというのは何だか嬉しい気持ちになります。



a0219573_09073344.jpg
庭を歩いて足元に小さい秋を見つけ、

遠くの山、広い空を見て、

ここでしかない時間の為にわざわざ遠くから人がやってくるんやねえ。

30年近く続くには魅力を維持する努力も必要。

敬老の日はもうすんだけれど、
わざわざやって来てもらえるカフェのようなお年寄りになりたいわ~
と思った。










# by marrone-marrone | 2018-09-23 09:20 | ひとりごと | Comments(2)

街路樹

嵐山、渡月橋を通ると
台風で倒れた欄干の修理はまだで観光客は片側通行。



a0219573_20295149.jpg

松尾大社

台風以来久しぶりにお参りしたら、


a0219573_20282418.jpg

あらあら、
こんなことになっていました。





建物は人の手で何とかもとに戻せても、
根こそぎ倒れた樹木は元には戻せない。


多分、私が生まれる前から、
そして、私よりずっと長く生き続けるはずだった大木が倒れてしまっているのを見ると残念な気持ちになる。
もの言わぬが歴史を見てきたからね。

昔、こどもが自由研究で街路樹について調べたことがある。

真偽は定かでないけれど(小学生の事由研究。。と親もええ加減でした)
人一人が呼気で出す二酸化炭素は街路樹一本が吸収してくれているらしい。。ということになった。
それ以来、
雨の日も風の日も、そこにずっと立っている街路樹が愛おしく思えるようになりました笑
誰の自由研究やったのか??
本人以上に親が素直にいまだに覚えている。

あの木もこの木も、
私の吐いた息をきれいにしてくれてる。。
と思うと木の見方も変わります。





# by marrone-marrone | 2018-09-19 09:13 | ひとりごと | Comments(4)

ひやあ~!!きゃあ~!




3日前のこと。
さあ寝ようと階段の電気を消して、
廊下の電気をつけたと同時にパラパラ~、  パラパラ~!

ひゃあ~!


飛ぶよ飛ぶよ!
すごいよ
そやけど、ここは洞窟でもなんでもない、家の中!

コウモリが飛んでるんです~


あまりの驚きに記憶が飛んでしまったけれど、
夫がテニスラケットを持ち出し、
気が付いたらうまいことテニスラケットのガットの下にコウモリ居る!

あ、思い出した。
私が台所からゴム手袋、そして軍手を持ってきたんやった。
咄嗟にこんなこと、野生動物やからね素手はあきません。

さてこのラケットの下のコウモリ、どうやって外に逃がすか!?これが問題。

「お父さん、まだいる、二匹いたから!」
「え!錯覚やろ!」
「ちがう!見た見た!」

とかなんとか真夜中の大騒動。
ちょうど孫も居て2歳の彼は大喜びの大興奮!
「ジジ~!」と声援さえ送る始末。


結局コウモリは二匹。
ラケットも二本。

そして、段ボールとのサンドイッチ状態のまま外へ逃がす。(夫の仕事、笑)

びっくりしたのは、
飛んでいると大きかったのに羽根を閉じたこうもりは4、5センチほど。
そして、ええ色してた。
私の好きなグレーがかったブラウン。。

しかし、夫はガットの隙間から仰向けに匍匐前進する顔は怖かったと言う。



コウモリ、
侵入の心当たり
エアコンのホースと壁との隙間、工事で室外機動かしてずれて出来た隙間。
わずか1センチでも侵入可とは、あのガットの下の匍匐前進思えばわかる。

子供のころ、「ドラキュラ」観たからね、
この後じきに吸血鬼がくる。。来ませんでした。
中国あたりでは縁起良い生き物で2匹、5匹入ってくるのは福を呼ぶと言われていると知る。
(日本石油、カステラの福砂屋はコウモリ使ってます)

殺すなんてとんでもない。
今までいろんな飛ぶもの保護してきたが、まさかコウモリが来るとは思わへんかったなあ。


もし、あなたのお家に入ってきたら、
痛めず逃がしてあげてください。
決して悪い子やありません。
かなりびっくりしたけど、
かわいい目をしていた。
でもほとんど見えていない目。
だから、意外に簡単に捕獲?できる。

逃がしてからは、モップ掛けをして
目が冴えてしまいました。



# by marrone-marrone | 2018-09-17 21:46 | ひとりごと | Comments(8)

慮る難しさ

もう少し停滞するはずだった「台風」は走って帰りました。
「くつろげへん」と帰っていった。

娘、(と孫)
こちらでの用事が済んだら本来は帰るべきところ、
当初長いなと思った滞在を認め、
来れば、
すぐお風呂に入れるように、
ご飯を食べられるように、
寝られるように、遊べるように

あれこれ考え優先順位第一位で動く。
帰れば元に戻すのに数日要する。


それでもそれは有難き幸せと嬉々として体を動かす。
が、年々体に疲れが残るようにはなってきている。
そんな中、あちらから切り上げて帰っていった。



「こうだろうなあ。」
「ああだろうなあ。。」と相手を慮ることはとても大切なことで、
この気持ちを持っている人と持っていない人とでは付き合うしんどさが違う。

他人ならこちらが工面して予定を組み替えたり、「しゃーないなあ」と諦めればそれでおしまい!
しかし、我が子となると「なんでわからへんのや、おいこら!」となる。
「おいこら」と言うのも人の気持ちを慮れるようにという親心がまだあるから。
しかし、これがむずかしい。


むずかしい関係、難しい組み合わせほど神さんは親兄弟や夫婦に組み合わせはるみたいや。
ようよう苦労しながら人生を全うしなさいやと。

どんな時も、どんな相手でも
神さんが組み合わせはったんやったら文句言わんと知恵と工夫で全うしなあかんのです。

そやから、わたしも「くそ~!」とよう心で叫んで笑って終わるよう努めていますが
今日はちょっと悲しくなって呟きました。
「おいこら」と言う気持ちより、
孫の忘れ物をみつけて心がしくしくなります。


若い人は、
相手の非を声高に言いますが、
年をとると、
議論する前に相手を見て悲しく寂しくなります。


# by marrone-marrone | 2018-09-16 15:30 | ひとりごと | Comments(6)

ハーブティ、飲みたい

台風21号が壊していったフェンス4枚、
裏一回、表は二回ペンキ塗り、3時間かかった。

片付けがまだのところ、
昨日からかわいい台風が来ています。


a0219573_21075685.jpg

お茶一杯飲むのも難しいけれど、
レモンバーベナを一杯分収穫。

そろそろ温かい飲み物飲みたいですね。
ちょっとハチミツ入れてスッと爽やかなハーブです。



かわいい台風に気を取られ、摘んだことも忘れてザルの中でドライハーブ(笑)


この台風、勢力は強く、
速度は遅くあと少し停滞とか。
孫台風。。
ふう。。

# by marrone-marrone | 2018-09-15 21:24 | ひとりごと | Comments(3)

あやつり人形制作中



子どもアトリエ、あやつり人形。。。

a0219573_20150632.jpg
体が出来て、




a0219573_20133850.jpg
洋服作りです。





a0219573_20135189.jpg

端切れの山の中から、オリジナルデザイン。




a0219573_20141115.jpg
この布は人気です。

a0219573_20132408.jpg
透けてしまうので、アンダーも作っています。笑!



a0219573_20140268.jpg


髪は、
昔母の編み物のお手伝いで両手首に糸をかけてクルクル。
それを子供たちとやってボンドでポンと頭にのせて。。。
これで随分表情が出てきます。



a0219573_20133249.jpg

S君はうさぎを制作。

ベストを着せて、
蝶ネクタイ、凝っています!



まだ、完成には時間がかかりそうです。

次の予定もあるにはあるのですが、
学校ではない少人数ゆえ、本人が出来たと思う時が完成ということになっています。

# by marrone-marrone | 2018-09-11 20:32 | 子どもアトリエ | Comments(2)

閉店間際

a0219573_14522351.jpg
天ぷら専門のお店やないけど、天ぷらも麺も美味しい行列のできるおうどん屋さんに行きました。


用事が長引いて6時の閉店15分ほど前に入店。



お出汁が少し甘めで、これがまた美味しい。
a0219573_14521751.jpg
(私はお蕎麦派です)



ところが、
どうしゃはったんやろ?

美味しない。



天ぷらは一目見た時からあかんなあ~とは見たが、
揚げ油がくたびれたのか、油臭く重い。
野菜の味がしいひん。



昼間は観光客で長蛇の列。
ゆえに夜なら空いていると、
鼻歌出るほど期待していったのに、
お店の人も疲れた様相、
天ぷらも、
自慢のお出汁も香りが立ってこない。


a0219573_14523100.jpg
何処とは言いませんが、
閉店前でもくたびれんと美味しい天ざる食べたかったのになあ、がっかり。

ここのお出汁なら浸かりたい、浴びたいとまで思った気持ちはどっか飛んでった。


駐車サービス券まで出したはるのに、特定のお客さんの路上駐車は許すというのもあきません。
閉店間際。。。。
人生も閉店間際になっても質は落としたらあきません。

まずい天ざるからの教訓。笑

悔しいし、海老のしっぽの先まで食べた。
そこが一番美味しかった!

# by marrone-marrone | 2018-09-10 15:14 | 食べ物 | Comments(2)

ガラムマサラ

昨夜、トウモロコシのスープを作りました。
a0219573_08044248.jpg
粒をこそげた後のヒゲと芯を先に煮て濾しました。




a0219573_08051032.jpg
後から粒を加えミキサーにかけ、粒の感触の残る濃いスープになりました。


a0219573_08051071.jpg

ガラムマサラ、
これを加えたら甘いだけでないコクが出て本当に美味しかったのでブログにアップしました。


それから、
何と言っても
台所に立つ人間として幸せやなあ~と思えるのが、
こそげて煮て取り出した、
芯に残ったトウモロコシの美味しいとこ、シガシガ出来る事!

桃もやけどね。
芯の周りの実をシガシガ、独占!

最近は歯に残る繊維がいけませんけどね。


# by marrone-marrone | 2018-09-09 08:18 | 食べ物 | Comments(6)

宝物、私の場合。

自分のものではないけれど、
心の中でキュンとなるもの、それも宝物と言うなら
色々あります。
そのひとつ、、、

a0219573_15030336.jpg


左京区にある「銀月アパートメント」


何度かブログに書いてきましたが、今回の台風でここが気になり、
昨日上京区の用事の帰り見に行ってきました。





a0219573_15180204.jpg

来るたびに看板の文字が消えていって、もう何なのかわかりません。


写真には写っていませんが、この時期はサルスベリと艶々のヤツデの葉が出迎えます。
ヤツデは、子供のころの昭和のお家ではポピュラーな植栽で懐かしい。

この植栽といい、古い建物から漂ってくる匂いといい
前に立つだけで遠い昔に時間旅行が出来る。




ここでの植栽で最も人を魅了しているのが春の枝垂桜。
数年前にはNHKの取材もありました。



a0219573_14572807.jpg
生まれ育った場所でもあり、学生も多くリベラルな空気感が魅力の左京区は一番好きな京都です。
左京区は古い建物も多く、それだけに今回の台風被害は気になるところ。



「銀月、大丈夫やろか。。」




a0219573_15175110.jpg

いやあ~
壁、落ちてる。


瓦も!



そやけど、皆さん住んだはります。
また建物、傾いた気がする。。。


a0219573_15032406.jpg
西の部屋から。




実は前にも紹介しましたが、
ここには「カフェ」もあります。




a0219573_15035881.jpg
二度ほど行きました。
行き方が難しいんです。笑


設計が複雑でこの部屋にたどり着くのに迷いました。

a0219573_15035138.jpg



a0219573_15033422.jpg
オーナーの、確かマリーさんという女性、
素敵なアンティークコレクションに囲まれた部屋で手作りのお菓子を頂きました。


今もカフェ、あるかなあ。



a0219573_15040551.jpg

ここでお茶を飲みながら、
ここの住人の人から銀月の魅力をたくさん聞きました。

戦前から存在する木造アパートメント。
京大に近く、若いころの大島渚、また竹久夢二も住んでいたと言われる。
過去には庭でミツバチの巣箱を置いていたとか。
庭で黒焼きにした茄子で歯を磨いていた住人が居たとか。
夜にカメラのシャッターがおりなかったことがあるとか。。(大島てる物件ではありません)


a0219573_15023502.jpg



近所にも一体いつからこのアパートメントが存在するのか知る人がいない。

だけど、今も住む人があって、
そして、かなり愛されている。

倒壊したらどうするんだろうと思って尋ねた質問には笑顔で
その時はその時でと言う風だった。
運命を共にということなのか。

台風大丈夫でしたか?
地震大丈夫でしたか?

こう聞いたら、
壊れているところは沢山あるから、今回壊れたところがわからない
なんて笑顔で言われそう。。




叶わなかったが、家賃を聞いて本気で友人とシェアしようかと思ったこともある。

a0219573_15025689.jpg

映画「クローズドノート」、「鴨川ホルモー」
にも登場しています。


こんなに愛されているなら何とかならへんのかいな。。

昨日様子を見に来て、銀月のなくなったここを想像したら悲しい。
がんばれ、銀月。
なんか、いい年をして泣きそうになった。




# by marrone-marrone | 2018-09-08 16:32 | 京都おでかけ | Comments(8)

今日をしっかり



北海道での自衛隊による給水。
作業する手元に結婚指輪が光っていました。

あ、この人にも家族が居るんや。。
こういう時頼りになる人にも小さいお子さんが居る。

お父さん、なかなかお家に帰れないねえ。


ほんまにご苦労さんです。



人を助けられるのは人しかない。

台風被害で身をもって知る。
隣近所、お互い様の助け合い、再認識できたことは台風の良い置き土産。

関空の気が遠くなるような長蛇の列、
辛抱強く並べる国に生まれた幸い。

苦しいこと悲しいことの山の中から幸せを掘り出すのが上手な母に習って、
私も今日をしっかり過ごす。

と、思いました。

# by marrone-marrone | 2018-09-07 12:42 | ひとりごと | Comments(2)

どうするんがいいんやろう。。

a0219573_08410320.jpg
車、電車、電気。


当たり前にあるものが地球が寝返りする度当たり前でなくなる。

大型台風が去ったら地震とは。。


最近の押しよせる災害の波に心がすぼんでしまっている。。



a0219573_08495043.jpg
きれいなもの、便利なものいっぱい作ってきたから人間は大したもんや思うけれど、







a0219573_08532205.jpg


災害の翌日、飛んでいるすずめや、





a0219573_08533729.jpg



小さい虫を見ると

無心という言葉が思い浮かぶ。




子供たち、孫たち、
これからも暮らし繋いでいけるように
どうするのがいいんやろう。。。

この頃いつも頭の隅っこに、

笑っていても、

ご飯を作っていても、

ある。



# by marrone-marrone | 2018-09-06 09:09 | ひとりごと | Comments(4)

吹き寄せ

台風一過の今日、

腕が痛くなるほど門掃き。



a0219573_23455890.jpg

「吹き寄せ」

そんなお菓子がありますね。
こんなにいろんな種類の葉っぱが集まっておもしろい。



これ、全部お菓子やったらええのになあ~

疲れたら出てくる
妄想癖、笑!

# by marrone-marrone | 2018-09-05 23:51 | ひとりごと | Comments(2)

嵐の後

今朝のニュースで関西の被害が徐々に明らかになってきました。


桜の名所、平野神社の拝殿が倒壊してしまった。

身近に私の近辺でも色々な「落下物」、いや「飛来物」を見つけました。

a0219573_09464381.jpg
マロンもびっくり!

これなんですか?




a0219573_09473381.jpg

春に愛らしい白い花を、実をつけ鳥が集まったジューンベリーも無残に。。






a0219573_09491362.jpg
公園の大木も根が浮いて傾いてしまいました。。

もう、ダメでしょう。
市はすぐに処分するなあ。
危険だから仕方ないな。



a0219573_09520593.jpg

メジロの巣を見つけました。

巣立った後の巣です。






a0219573_20240467.jpg
昨日飛んできた瓦は、いまだに謎。
マロンの散歩でよその屋根も目を凝らしてみたけれど近辺にはない。


「門履き」の習慣のないご近所さんも今朝は竹ぼうきの音が聞こえてくる。
出会う人に声をかけ様子を聞いた。
立ち話の間、マロンじっと待っている。
すると、皆飛んできた瓦が自分の家の物ではないかと心配されている。
中には車が凹んだという人も。


外に出て来られたら確認しあえるが、
外に出られない人とのコンタクトが取り辛い。

a0219573_10032070.jpg
灯台下暗し、

瓦の一種類はお隣のようだ。


あとは謎。


そして、
アトリエはまたもや、雨漏り!
工事終わって一週間。
いくら何でも。
「ぷぷ!」どころか「ぷぷぷのぷ~!」や。




# by marrone-marrone | 2018-09-05 10:08 | ひとりごと | Comments(2)

怖い

台風21号、皆さんは大丈夫でしたか!?

a0219573_20164839.jpg


夫は在宅で、何かお菓子でも食べたいと、有るものでスコーンを焼いたまでは良かったが、

午後からの空模様の急変に恐れおののき何もできなくなった。
焼いたことも、食べることも忘れるほど恐ろしかったんです。

風が、風が、ピ~っと笛を吹くんです!
電線が揺れに揺れ、二階にいると家が揺れます。



a0219573_20100516.jpg
アトリエはコイン洗車機の中の車のようです。
雨漏り、先週直ってほんまに良かった!



a0219573_20261904.jpg

窓ガラスにはどこからか飛んできた葉っぱが叩きつけられています。
怖い空です。




もっと恐ろしいことに、

a0219573_20240467.jpg
こんなものが庭や道路に落ちています。

スレート瓦じゃありませんか!?


大きいものは
a0219573_20235017.jpg
!!びっくりです!!

しかも二種類。



我が家の物ではなさそうです。

ちなみにお向かいの木製デッキの手すりは根こそぎ道路に放り出されていました。唖然です。。
我が家の庭のラティスフェンスもバラバラで、お隣さんと「コンニチハ~」となりました。
えらいこっちゃ。


a0219573_20364540.jpg


後で知った。。。
渡月橋の欄干が暴風で横倒しになって、
京都駅のガラスが割れて落ちてきた。。
橋の上ではトラックが横転。

関空では連絡橋にコンテナ船が風に煽られ衝突。
関空も浸水して、いまだに3000人近い人が孤立状態。
洋上の24時間空港、
飛行機乗るより橋一本の命綱が怖い。


風、恐るべし!
瓦も予想外に遠くから、まるで木の葉のように飛んできたのか。。
鉄板も飴細工のようにへしゃげる。
ほんまに風、恐るべし。


海の上に空港作れても、
ヒコーキ飛ばせても、
大型台風が来ますよ~とわかっても、
気候クライシス止められへん。

今また豪雨になりました。

毎晩庭で秋の虫がきれいに鳴いていました。
どうしてるんやろう。
明日の晩、また鳴いてな。



# by marrone-marrone | 2018-09-04 21:06 | 手作り | Comments(8)

大型台風の前日

母の入院では、優しい言葉をいただきありがとうございました。
母、安定して穏やかにしています。
栄養はゼリーだけですが、はっきり目を開け意思疎通が出来るのが嬉しいです。

a0219573_19451956.jpg
(先日の横浜「えの木てい」のドアサイン。)




明日は大型の台風がやってくると言うことで、
用事を済ませるため午前中のうちに色々出かけました。




近くの信用金庫では、
行員の大きな声が「相談」窓口から聞こえてきます。。
向かい合って座っているのは80代くらいのおばあさん。
どうやら何かを紛失されたのか再発行の様子。
しかし、行員の物言いが気になる。
「もう何回も何回も」とか「はいはい、娘さんに聞いてください」
お客さんへの言い方として如何なものかと思いながら順番待ち。

分かったようなわからんような。。お婆さんは手押し車を押して出口に。
行員のほっとしたような顔、私は見てしまったえ。


a0219573_19455424.jpg

ちょっと心曇った気分で次の用事でクリーニングを出しに行く。
先客はおじいさん。

シーツ二枚をクリーニングに出されている。
~わあ~、クリーニングに出すの?。。

2枚で1700円ほど


好んでクリーニングに出したはるのかもしれないが、
おばあさんがもういらっしゃらないのかもしれない。


先ほど夫に言った。
「シーツ、洗濯機で洗えるしな。」念のため


明日来る台風、
一人暮らしのお年寄りならずっと心細いだろう。
明日は学校も休校です。
アトリエもお休みします。









# by marrone-marrone | 2018-09-03 21:17 | ひとりごと | Comments(6)

あやつり人形


子供アトリエでは
いま、あやつり人形を作っています。

a0219573_16492071.jpg

クリップが大活躍、「関節」になります。


S君は「お父さん」を制作中。



たくさんある端切れの中からお父さんの普段着らしきものを着せています。

a0219573_16493110.jpg

ズボンの筒縫いは低学年にはちょっと難しかったのでホッチキスで「縫い」ました。







一方。5年生のМちゃんは
ブラウスをパフスリーブにしたいとのこと。
a0219573_16494347.jpg


彼女は人形作り以上に着せるお洋服に興味があるようで、
人形制作中から「布、見てもいい?」「布。見せてほしい」


出来上がったらまたアップしたいと思いますが、
希望のパフスリーブ、なかなかの出来栄えです。








他にも、
a0219573_16503114.jpg
動物を作る子も。

丁寧に図鑑でチェックしながらウサギを作っているところです。


図鑑を見てリアリティを求める子もいれば想像の物を作る子も。
材料はクリップと粘土に始まり、あとは子供たちのやる気と創造力。
&ちょっとワタシのお手伝い。




# by marrone-marrone | 2018-09-02 17:13 | 子どもアトリエ | Comments(4)

月の始まり

今日から9月ですね。

月初めの今日を「おついたち」と言って、小豆ご飯を炊くようにしています。
お赤飯のようにもち米ではなく白米です。
今月も何事もなく健康で過ごせますように。。。

さて、
8月はいろいろあってあっという間に走り去っていった感。
絵付けをする時間もなかった。


a0219573_19120852.jpg

離乳食の始まる頃、孫の食器に描いたもの。
先日、毎日使っていると聞いて嬉しかった。

オタマジャクシはもっと少なかったけれど、
うっかり絵の具が流れて、それを隠すため不本意に増えた。笑


a0219573_19115061.jpg
この器、
小さい子どもがうまく食べられるよう「かえし」がついている。

こぼしにくい器なら子供もお母さんもイライラしなくていいでしょう。

こちらの食器は砥部焼。
もともとは白い、それだけでも美しい完成品に
勝手にカエルやらオタマジャクシを描かれて作り手もビックリやわ、すんません。。





a0219573_19125875.jpg

中川政七商店の花ふきん
(画像は婦人画報から拝借)

食器拭きの優れもの!

でも、

a0219573_19111214.jpg
またまた、別物に!
丸見えだったかごバッグの蓋にしてしまった。

ふきんに見えるやろうか??
手も拭けますえ~って何とずぼらな発想。
でも、ちと便利!


さて、
今月は何つくろう。。









# by marrone-marrone | 2018-09-01 19:58 | 手作り | Comments(6)

「姿勢」


やっと工事が終わりました。

いろいろありました。


a0219573_19352282.jpg
このボリュームが、




a0219573_19334442.jpg
こうなって仕上がってきたり、





a0219573_19332890.jpg
「上」の裾仕上げが「下」の仕上がりだったり、



a0219573_19321644.jpg
カーテンボックスにきっちり収まるはずが、



a0219573_19315858.jpg
こうだったり。



a0219573_19343053.jpg
最後にはこんなことも、
ほんまに「ぷぷ!」です。




このクロスは全部剥がしての一からの張り替えと。



ああ勿体ない、時間も物も。。。

出来高不足だったカーテンは処分されるという。
それなら下さいと頂いた。
切って、縫って、何かに使うから!貧乏性だからね(笑)

クロス再張替えに来られた職人さんは大層気持ちの良い仕事っぷり。
姿勢がいい。

やはり、生き方とか仕事に対する熱意と責任感は第一印象から感じる。

仕事。。。
今やっていることに懸命に取り組んでいる人はかっこよく見える!
だらだら、ぺちゃくちゃ、は嫌いやな。

今回は長年生きてきてた勘、第一印象が的中。
生き方、取り組み方が姿勢に出るんだな。。

余談
仕事っぷりのいい職人さんは「にしきのあきら」似でした(笑)

大工さんは衆議院議員「前原誠司」氏似!
もうお一人は同じく「河野太郎」氏似でした。










# by marrone-marrone | 2018-08-31 20:36 | ひとりごと | Comments(4)

この次は、走らないヨコハマで。。

みなとみらい、ヨコハマ


a0219573_09375773.jpg

「お布団ならあるよ」と娘。

「お父さんがホテルとったから」と私。
孫との時間、夜間休養は必須なり。




a0219573_09003331.jpg
都会の夜、久しぶりやなあ~

休養前に外のテラス席でお茶にする。








a0219573_09000499.jpg

きれいやなあ。




a0219573_08593599.jpg
これもきれいやわ!



a0219573_08592877.jpg
これはいまいち。


とか、

シニア夫婦、どうでもよい会話でつながる笑


隣のテーブルから、
若い女の子たちの会話が聞き耳立てずとも聞こえてくる。
「顔か?スタイルか?」という会話のもよう。。



a0219573_09485293.jpg

「早く家に帰らないと親が心配する」と夫。

「かわいいもんよ、私にもあんな時があったわ~」と私。
親になるとかけていた心配を棚に上げ、心配する側になる。







翌日は、曇り。
a0219573_09005923.jpg


一日が動き出した!


私たちも「ご出勤」
シーバス乗り場で待ち合わせ。

お船に乗って、
飲茶を食べて、
山手町えの木ていでお茶にして、

a0219573_09011703.jpg

彼、「おいちっ!」「おいちっ!」と一人前に食べた。

そして、
やはり走る、走る!



この次は走らないヨコハマを希望します。

# by marrone-marrone | 2018-08-30 10:01 | ひとりごと | Comments(8)

追いかけっこヨコハマ

横浜から戻りました。

「孫パンツ」は、、、

a0219573_22331664.jpg
喜んでくれました。笑





a0219573_22325634.jpg
早速履いて、
走る。




a0219573_22323815.jpg
あっ!

すぐ見えなくなる。








a0219573_22321263.jpg
中華街でも、


やっぱり走る!



走る孫の後を、

走る、走る。。。。


ハア~


a0219573_22340698.jpg
一泊の荷物にしてはちと多いな。

走れる靴を履いてきて正解!


走って通り過ぎた横浜でした。笑

# by marrone-marrone | 2018-08-29 22:46 | ひとりごと | Comments(6)

ばあばも出張

色々あった今回のリフォーム工事。

そういう私も。。。

a0219573_07373022.jpg
孫パンツ、右ばかり裁断してしまってトホホ。



a0219573_07371947.jpg
昨日は左パンツばかり作って、






出来ました~
孫、パンツばかりは衣装もち!だよ

老眼進んで疲れも倍増!



a0219573_07375406.jpg
お猿のジョージがお気に入りの申年生まれの孫。

これからお届け、

夫の出張に私も同じ新幹線でヨコハマへ!行ってきます。



# by marrone-marrone | 2018-08-28 07:46 | 手作り | Comments(8)

ぷぷ!

a0219573_19590239.jpg
天井のダウンライト。。




a0219573_19591283.jpg
もうひとつのダウンライト!



同じもの。




a0219573_19582981.jpg
壁紙。。

今日張り替え完了!
これで。。。。。




a0219573_19585089.jpg




夕方、作業終了と帰られる。
「それはご苦労さんでした!クロスの工事は今日で終わりですか?」

「はい、終わりました」



見送り締めきっていたアトリエにちょっとワクワクして入って
「へっ!!」

ダウンライトの一つは、なんと壁紙で覆われてるで~笑う!
元に戻した棚下のは派手に破れている!
もう怒った。

職人さんのお二人、お喋りばかりしたはったからな、夕方になって急に慌てたはるような「音」がしていたと思ったらこれやん。


自分の仕事、振り返らないのかなあ。
それをしないのはプロやない。
破れは心が痛むけれど、
ライトの雲がくれには笑った!

いや、笑ってばかりいられない。
許さへんで~

と、論より証拠の写真を撮って
厳しくかつ品性も大事やし、そこらへんは気をつけながら会社に報告。






















# by marrone-marrone | 2018-08-27 20:47 | ひとりごと | Comments(4)

それにしても紅茶です。。。


a0219573_09411135.jpg
ゴリラ喜ぶ組み合わせかしらん?



a0219573_09410373.jpg


スムージー。




これにバケット一切れ、

a0219573_09404937.jpg
ミルクティー一杯。

これが定番の朝ご飯。



以前血糖値ギリギリセーフと指摘され、食べる順番に気を付けた。

にんじんとリンゴの生ジュースを粗めにジューサーにかけ一番に飲用。
それ以外何も努力しなかったが血糖値は正常数値を保っている。
先生からは、ジュースの食物繊維が功をなしていると言われた。
が、
私は食べたいものを我慢するのは悲しいので、食べる順番だけ気にした。



スムージーは草笛光子さんがテレビ番組の中で毎日飲んでいると言うのを聞いた夫に飲みたいと言われたので。。
お豆腐とバナナがあるときだけのスペシャル。




それにしても、
紅茶です。

どんなに美味しいケーキを頂けても、紅茶も美味しいところが無くて残念です。
ミルクティーにコーヒーフレッシュが付いてきたり、
頼んでいないのにアールグレイティーだったり、
温めたミルクだったり。

昨日アップした美味しそうなタルトは、
後からドンと来ました。
もう、生クリームあきません!
体がついていきません。笑

焼きっぱなしの田舎っぽいケーキ、
見た目より中味のケーキが年相応に良いようです。
母が退院したからと調子にのりすぎたわ。。。

# by marrone-marrone | 2018-08-27 10:13 | 食べ物 | Comments(4)

驚きと感謝

夢かと思った!!



母が退院した!


明日どうなるか、
そう言われて皆会いに行った。
酸素チューブがはずれ、次は点滴が外れ、
ついにホームの自分の部屋に戻ってきた。
すごい、
神さんが「よしこさん、あんたはまだやで」と返さはったんやね、ありがとう!


張りつめていた気持ちがちょっとほっとした。
なにか甘いもんたべよっか?!
と帰り道。。。。

a0219573_20473513.jpg



ホーム近くのカワイイカフェ、久しぶりに立派なケーキらしいケーキを選ぶ。
「夕張メロンタルト」
「アップルマンゴータルト」

ちょっと上等。笑


でも、今日はええの。

a0219573_20481608.jpg

ここには母も連れてやってきたことがある。



a0219573_20474882.jpg


色々なアンティーク、
これは教会の椅子?


しかし、
食事は食べられないので、母は母の生命力だけで生きている。
病院は長くいられないし、酸素チューブが外せない限りホームにも帰れなかった。

もう食介は出来ないけれど、
ホームの母の部屋でなら心置きなく歌も歌える。

母への恩返し、
時間が与えられたことにただ感謝です。





# by marrone-marrone | 2018-08-26 21:31 | ひとりごと | Comments(8)

健康診断にて留守にします。

今日は朝から家を空けての工事。


明日は朝から子どもアトリエがあるため大工さんに。。

a0219573_18111987.jpg

テーブルの上を空けてくださいとお手紙書いて出かける。

これではどうしようもないからね!




a0219573_18110090.jpg

天井は、
まあこれもええやろうと思っていたけれど、
帰ったらきれいになっていた~


いつもは所長さんとメールで連絡しているけれど、
現場の人が頑張っているからものが出来上がる。

今日も留守で顔を見れなかった大工さんには月曜におっいし~いグリーンティーを出そう!


今日は夫婦で健康診断へ。

アバウトな骨密度検査で70代の骨!!とか
それだけで老けた気持になった半年間。
精密な今日の検査では50代初め!!
よし!
若返ったぞ。

夫はピロリちゃんを飼っていたらしく、保険治療適応になった時すぐに治療をした。
ピロリちゃんはいなくなったが、その痕跡は胃カメラの画像で分かる。
一方の相方の胃袋は毎年美しいと褒められどや顔。笑
そう、胃だけはワタシ美人なん。

見えへんとこがざんねん!


おまけ。
ピロリ菌が胃がんに関与していると言われるようになって夫のように除菌する人が増えてきました。
除菌は出来るだけ早くして少しでもピロリが居ない胃にすることが大事だそうです。
ぜひ、検査をしてピロリの居ない胃にしてください。

まずは美味しくない胃カメラを飲むことからすべては始まるわけですが、慣れるしかないですね。
今回は、
医師と会話できるという経鼻胃カメラを試しましたが、やはり無痛でもないし1000円余計に出すなら経口でよいと思いました。
結局会話などする気にならない。
鼻の穴が大きくて鼻腔も広い夫は「口よりいい」と言っていますが、
一般的には女性はサイズが小さい分きついということでした。

鼻からの吸気で味もわかるから、
検査後の腹ペコの待ちに待ったランチの味がようわからんと言うのが
私にとっての一番おもしろくない点でした!


# by marrone-marrone | 2018-08-24 18:33 | ひとりごと | Comments(8)

左が無い?!




孫パンツ、好評につきあと二枚縫ってあげる!
a0219573_20105276.jpg
マカセナサイ!


今日半日でちょいちょいや~






ところが!


a0219573_20113682.jpg
あれれ!?


右パンツ2枚?
左が無い!?


かなんわあ~
喜んで作っていた気持ちが急にすぼむ。。


よし!
こうなったら左パンツも2枚ずつ作ればいいんや。
そうする、そうしよ!




# by marrone-marrone | 2018-08-23 20:31 | 手作り | Comments(2)

自分の気持ちが決める

昨日の空です。



a0219573_09422927.jpg


人はこの世を去る前、
痛みや苦しみから解放されるひと時を与えられ、
懐かしい場所や会いたい人に別れを告げられたらいいのになあ
と、いつも思っています。

魂が、
滑らかに無音無風の中を自由に飛んで旅する。
ああ、楽しい人生やったなあ、とか。
ほなさいなら~と去っていく。。

母にもそういう時間くださいと願っているけれど、
この頃の母は、目をしっかり開けて待っている。

手は痩せ細く冷たく、
けれどしっかり私の手は掴むし、肩に触れようとする。
歌も途中からついて歌う。

手がしきりに動いていて、忙し好きの母は何か作っているようだ。



私の子育てが一段落したら母娘で旅行などしたかった。
ランチくらいご馳走したかった。

早くに認知症になったことも悲しかった。
出来なかったことをつい数えてしまう。
すると、
隣で夫が出来たことを教えてくれた。


そうやったなあ。
数えるのはそっちやね!そして感謝の数。
忘れると自分が不幸に思えるのも感謝やったなあ。

ありがとう。
ほんまに。

そうやった、そうやったわ。
何事も受け入れて消化して、
幸か不幸か、方向は自分の気持ちが決めるんやった。

夫はたまにはええこと言わはる。
と、ブログに書いとこっと。



# by marrone-marrone | 2018-08-22 12:45 | ひとりごと | Comments(12)

スズメバチ、食べた?!

今日からアトリエの雨漏り修理工事です。

家を空けられないので、
普段出来そうで出来ない用事をする。

a0219573_20461280.jpg
アトリエの月謝袋の補充

ゴム版画に手書きをプラスして毎度のデザイン。



三時にはお茶どうぞ~
と見たらいつものアトリエは養生シートに見え隠れ、
まるで舞台裏。

a0219573_21513548.jpg
わっ!

なんとスズメバチの巣!?

空っぽでした。
大工さんに取ってもらいました。

そういえば5年ほど前、
スズメバチが換気口から入るのを見て、
薬をやって息子にネットで覆ってもらったこと思い出した。

そして、マロンが、、
飛んでるスズメバチをパクっ!!??

死ぬと思いました!マロンが。
でも、死んだのは、
スズメバチの方だったんです。

一応、近くの獣医に診てもらいましたが。

飛んでる虫に口を開けるのは目にもとまらぬ早業で、
9歳になった今も抑えられぬ本能。

スズメバチ、
どうなったんやろう。。。
ほんまに食べたのなら、
どんな味??

あ~、こわ。



# by marrone-marrone | 2018-08-21 22:24 | 愛犬 | Comments(6)

「多忙にて、失礼」と言ったのに。

涼しくなりました!

しかし、
明後日からアトリエの雨漏り修理工事が始まるため
部屋のすべてを空っぽにするため、朝から汗だく。

ハウスメーカー担当者来訪も「多忙」にて夫にお任せ。
「多忙」とは、一日お化粧っ気なしの作業着で通すことの意味。
とっても簡単な契約書に押印のみだからね、頼むよ夫!

何やら聞こえてきた会話。。
「奥様は?」とか??
そんなんいちいち聞くかいな、私は「多忙」ですから!


それに対し夫の一言
「奥さん、すっぴん。笑」



おい!
こらっ。

夫は正直者。

# by marrone-marrone | 2018-08-19 10:28 | Comments(2)

紙を縫う

今日は京都市内は地蔵盆だったようです。

ここまでが楽しい夏休み。
ここからが苦し紛れの夏休み!
宿題か。。なつかしいなあ~


さて、子どもアトリエは「紙を縫う」でした。

a0219573_21360832.jpg
直接紙に針を刺すのは難しいだろうと
予め穴を開けます。

毛糸のとじ針に極細毛糸を通す。。
毛糸の先が割れてなかなか難しい。



a0219573_21411020.jpg
ただ縫うだけでは面白くないので、
「虹」や「パイナップル」などの下絵を用意しました。



a0219573_21431065.jpg

表から、裏からも、
穴に針を通すこと、

糸の引っ張り具合。

途中で糸が抜けた!などなど。。
大人には簡単なことでも子供には未知の体験ということはたくさんあります。

「それ、したことあるよ!」
「それ、使ったことあるよ!」
これが多い子は目が輝いて見える。


道具を使って創作できるのはヒトに与えられた幸い。

輝く目を見たときは見守り任せる。
初めての不安を見たときは手伝う。



話は宿題に戻りますが、
子供たちには宿題とは無縁になった大人が羨ましくもあるようで。

私は宿題のある子供たちが少し羨ましいわ、笑。

# by marrone-marrone | 2018-08-18 22:11 | 子どもアトリエ | Comments(4)