亀のコジロー!どこいった~!

25年以上一緒に暮らしたクサガメ、「コジロー」が居なくなっていた!

春夏は外の入れ物で飼っていて、アトリエに来る子供の関心をひいていた。
いっしょに遊んだこともある。

そろそろ寒くなってきたので家の中に入れようと思っていたところだった。



子供たちがまだ小さかった時、大阪の田んぼで見つけた。
石鹸くらいの大きさでポケットにも入った。
今は片手で持つのがきつくなるくらい成長していた。

手のかからない子で、
実は雌だと後でわかったけれど、
もうすでに「コジロー」と子供が命名していたのでそのまま。。
そのあたり気に入らなかったのかも??


人になついていてエサも指先から食べることもあった。

長いこれからの(コジロー)の人生を思うと小さい入れ物の中で一生過ごすのは可哀そうと池に放すことも考えた。
でも、
池の集団になじめるのか?とか、
いや、ほんまは手放したくなかったからか、

そのままだった。。。。



空っぽになった入れ物。
むなしい。


雨の中行きそうな場所を探したけれどいなかった。

せめて、どこかでいきのびておくれよ~

あ~。。。。。


どこかにクサガメ「コジロー」いないかしら。
甲羅に電話番号書いておけばよかった。

# by marrone-marrone | 2017-10-20 12:35 | ひとりごと | Comments(0)

自由に!お気軽に!描きたいものを描く。



今日は絵付け初心者の方のレッスンでした。

a0219573_19491319.jpg
庭にちなんだモチーフを散らした5枚組のパン皿。

同じように見えて、実は季節ごとにデザインは変えてあります。
出来上がったとき小学生のお子さんがその違いに気がついて食卓が楽しくなることを想像しています。
お母さんの手描きのお皿!
どこを探したって同じものは無いのですから嬉しいねえ。


a0219573_19580215.jpg




こちらはお姉さんの5枚組。
体験レッスンで作られたミニバスケットを展開してシリーズに。


お二人は定期レッスンではなく、作りたいものを完成までお手伝いという内容で月一回来られます。


皆さんの個々の希望を聞いて、デザインを考えお手伝いをする。
私にとっても勉強になる楽しいレッスンです。


今年はなぜか早くもクリスマスレッスンの見本も出来上がり、ぼちぼちお申込み頂き感謝です。
紙にイラストを描くように、磁器にも気軽に描きたいものを描く。
一方、
クラシカルなバラなどの花も描く。
どちらもすべて手描きで!

むずかしくないんです、好きになってもらえたら。
好きになってもらえるようにすることが私の仕事で役割と思います。






# by marrone-marrone | 2017-10-19 20:29 | ポーセレン | Comments(0)

信頼を置くドクターとお別れ

a0219573_07535510.jpg
健康診断の結果が返ってきました!
封を開けるのこわっ

一時期指導寸前の数値になった血糖値は正常値。
ただし、コレステロール値は年齢とともにアップ傾向。

こういう美しくおしゃれな軽食はダメね!


にしむら珈琲のバスケットランチ

「いつでも野菜や粘々したものから食べるように!」
「運動してください!」
「食物繊維をとってください!」

長らく担当してもらったドクターの忠告。

物腰は柔らか、しかし厳しく慎重
信頼のおけたこのドクターでしたが他府県へ移動されることになり今回が最後になりました。

以前心ないドクターの言葉に右往左往し、死も覚悟した経験があるので、
私のドクターを見る目はだいぶ肥えてきました(笑)

そうはいっても、選べる立場にありません。
せいぜい人の噂や評判程度。
あとは自分の直観力か?笑

夫婦とも毎年お世話になり信頼を置いた先生とのお別れはさみしい。

女医ゆえにか、私がわずかに凹ました「お腹周り計測」、
見事に見破られ「もう一度!」と怒られた、笑
わずかですよ!わずか。

わずかがわかる、それも信頼置けたポイントだったかな?

次回、どんなドクターと出会うのだろう。

# by marrone-marrone | 2017-10-17 08:47 | ひとりごと | Comments(0)

「くりしぶかわに」

栗の季節です。

今年も丹波栗まつりへ。
私はアトリエがあり、夫に頼みました。

昨年より少しお安く㎏当たり1500円。
a0219573_22535368.jpg
1㎏でいいのに、2㎏も買ってきました。
できれば2Lサイズがよかったのに。。
皮をむくのは私なんだし!


a0219573_22570409.jpg

こう見えて結構あります!

圧倒されてこの日は手を付ける気分になれず冷蔵庫へ。

3日ほどしていよいよ今日こそと
一時間で皮むき、
何度も煮てあく抜きをし、
砂糖を加えて煮あがったのはアトリエの子供たちが来る頃になりました。

ちょっとお味見してみようかと言うと、
にわかに熱心になり、後始末の早いこと!

栗一粒でこうとは笑

「栗の渋皮煮て言うんやで」
と言ったら
「くりしぶかわに」
と付箋に書いていました!笑

皮むきの苦労が報われた気になった瞬間です。








# by marrone-marrone | 2017-10-12 23:27 | 食べ物 | Comments(2)

ガラスのお皿に絵付け

最近の子供アトリエは、

a0219573_21413040.jpg
ガラスのお皿への絵付け。



自分が使うものを自分がデザインする、
それは楽しいことだということが感じてもらえたら嬉しいです。



a0219573_21515380.jpg
描きたいものを描くということで、
いろいろ出てきました!

a0219573_21531617.jpg
ガラス故に下絵を写すように描けるのですが、
距離感がつかめず筆がつぶれて太い線になったりします。


それでもあきらめず、
窯に入れて焼くまでは描き直せます。

どこにもない、自分の手作りがうまくできた時の気持ちを味わって
それがまた次の制作意欲につながっていってくれることを願います。


# by marrone-marrone | 2017-10-08 22:13 | 子どもアトリエ | Comments(0)

月より団子かな

お月さんを眺めての帰り道は、

嵐山「渡月橋」を渡り、
a0219573_21311115.jpg
そこからのお月さん、
少し雲が出てきました。

羽根のように見えます。





a0219573_21464927.jpg
お月さん、お月さんと言いながら、
月より団子の夜です。





満月は明後日とか。
その明後日は雨の予報。

今夜見られなかった人のために、あすもう一度姿見せてください、お月さん。



a0219573_21523439.jpg

# by marrone-marrone | 2017-10-04 21:57 | ひとりごと | Comments(3)

お月さん、きれいやなあ

今夜は十五夜。
お月さん、もう見はりましたか?

a0219573_21044293.jpg
京都、広沢の池に登るお月さんです。



子供のころ、
暗くなった帰り道を
まるく明るいお月さんがどこまでもいっしょに歩いてくれました。

今夜のように雲のない夜空は格別の安心感があります。


a0219573_21184978.jpg







a0219573_21194420.jpg
今日一日が終わります。


一日の美しい終わりの中でいろいろと思いが巡ります。




# by marrone-marrone | 2017-10-04 21:23 | ひとりごと | Comments(0)

粘土の壺

すっかり秋になりました。

日没後の空気が冷たく感じられます。

子どもアトリエは粘土で壺を製作しました。
a0219573_09554701.jpg

着色後の完成作品
a0219573_09564167.jpg
子どもの自由な発想、
a0219573_09574450.jpg
お姉ちゃんの葡萄の実、お月見のお団子のアイディアを真似るうちに、
人の顔になった妹さん。

小さい手の中でコロコロ転がすうちに作りたいものが浮かび上がる、
粘土のおもしろさです。

# by marrone-marrone | 2017-10-04 10:03 | 子どもアトリエ | Comments(0)

箱根

箱根で見つけた愉快な造形!


a0219573_21020511.jpg
a0219573_21021866.jpg
a0219573_21024007.jpg
木を組んだジャングルジムのような中にこんなネットでできた遊具がありました。

私も入ってみたかったけれど、小学生までです!

造形作家堀内紀子氏と建築家手塚貴晴、由比氏によるコラボレーション作品。
手染めナイロン紐が編まれており、子供が中に入って遊べます。
丁度ハンモックのような感覚でしょうか、

a0219573_21012069.jpg

箱根にはミュージアムが点在していますが、
今回選んだのがこの遊具のある「彫刻の森美術館」
小さい子供連れでも十分楽しめると聞き決めました。




a0219573_21030103.jpg

a0219573_21031025.jpg


a0219573_21035338.jpg
広くて空気も美味しく、
解放感いっぱいで、作品たちものびのび展示。

どこにカメラを向けても絵になる美術館でした。



小さなお子さんからお年を召した方まで、
安全で興味深い理想の美術館でした。


# by marrone-marrone | 2017-09-30 15:29 | ひとりごと | Comments(0)

女子トーク!

アトリエの卒業生がやってきました。

私服に着替えて、インターホンの画面に映った彼女たちはまたまた背丈が伸びて、
大人っぽく見えます。


「おじゃましま~す!」
「久しぶりやなあ」


今日はレッスン有ったのでアップルクランブル焼きました。
それを出すと素直に大喜び!
気を使ってか彼女たちもお菓子を持参していて、今回は盛りだくさんのお茶時間になりました。

「もっと食べていい?」
「もうひとつ!」とくったくない。
相変わらずよく笑い、よく食べる。笑


でも、
一つだけ今までと違うのは、
「恋ばな」が出てきたこと(笑)

いつのまにそんな~
とは言ってもかわいらしい話で、
私など年寄りには何の刺激にもならず、お目出度く愛らしい話です。


これから、どんどん成長していく彼女たち、
アトリエの子供たち、自分の孫の将来のドラマが、
平和な舞台で繰り広げられますようにと願います。

受験が終わったらまた会いましょう!





# by marrone-marrone | 2017-09-28 20:53 | 子どもアトリエ | Comments(0)

ぬいぐるみ

a0219573_17420963.jpg
まさかのぬいぐるみ、手作り。

絵本「ぐりとぐら」から。



a0219573_17452228.jpg
お話のことはあまり知らなくて、
アトリエの子供たちが教えてくれた情報では、二人は(あ、二匹でしたね!)友だちなんだとか?

いいですねえ。


いい友達の関係って、ちょっと遠慮と言うか気遣いがあって付かず離れずの関係。
これが身内となると遠慮なく物申す。

時には大切なお友達と思えばいいんだな?!
そんなこと考えながら作った。


手元が見えにくくなってきて、aboutな仕上がりです。。。

そこで!
こんなの見つけましたよ。
a0219573_18035755.jpg
糸通しが楽です!


オススメ

# by marrone-marrone | 2017-09-22 18:07 | 手作り | Comments(0)

シンプル、美味しいショコラ

a0219573_20424290.jpg
最後の一切れになりました!


ショコラです。
あまりに美味しかったので紹介します。

材料
ココナツオイル100ℊ

ココア(無糖)30ℊ

メイプルシロップ50ℊ


これだけです。


ココナッツオイルにココアを加え泡だて器でよく混ぜる。
滑らかになったところでメイプルシロップを加え更に混ぜて乳化させる。
平らな金属製などの容器にクッキングシートを敷いてショコラを流し、冷蔵庫で冷やし固める。


これは、オーガニック料理教室「白崎茶会」を主宰する白崎裕子さんのレシピです。
簡単すぎて「ほんまかいな???」と思い試してみたらなんと美味しい!

この頃はいろいろな「数値」も気になり始め、
それでも甘いものはほしいので、少しずつ考えを変え始めているところです。


手に入りやすい材料で簡単に、体に負担の少ないお菓子を作りたいと思います。


今回、冷蔵庫に貯蔵してあるブランデー漬けのドライフルーツを刻んで入れましたが、シンプルにそのままでも十分美味しいショコラです。


# by marrone-marrone | 2017-09-07 21:41 | 食べ物 | Comments(0)

粘土

粘土に触れて手先を動かす。

それだけで形が出来てくる。

もっと触れていくうちにできた形を変えてみたくなる。
壊す。
また作る。

a0219573_17155816.jpg
目まぐるしく変わる子供の創作意欲を粘土はおおらかに受け止めてくれる素材かもしれない。



でも、
手がヌルヌルしたり汚れることには過敏です。
「手がこんなになったあ~!」と言うので、
「ほんまや!パン屋さんみたいやね!」と返している間に洗いに行っています。

a0219573_17261026.jpg
秋を表現して爪楊枝は栗のイガのようです。



a0219573_17281898.jpg

# by marrone-marrone | 2017-09-06 17:30 | 子どもアトリエ | Comments(0)

休日のお茶時間、一保堂

しばらく多忙な時間が続いていたので、今日は外でのお茶時間。

洋菓子もいいけれど、少し体に重い気がして
日本茶、
a0219573_21100349.jpg
寺町「一保堂」


私は茎玉露を。
夫はお煎茶。
a0219573_21332128.jpg
それぞれの茶葉の特性を引き出せるよう急須も選ばれています。

a0219573_21352916.jpg
茎玉露は、二煎目以降急須の蓋を少しずらします。
こうすることで茶葉が蒸れて開きすぎるのを防ぎます。

一保堂では、ぜひお茶の淹れ方の説明を聞いてください。
家ではなかなか意識できない本当に美味しい淹れ方、勉強になります。



さて、お菓子は二人で行けばいつも別種類を出してくれます。
半分っこして楽しめます。


今日は「重陽の節句」も近いことで「着せ綿」




そして、
a0219573_21461317.jpg
「こぼれ萩」でした。


お菓子から秋を感じました。
そして、茎玉露は渋みと甘みのバランス良く、二煎目まで美味しく
後口にジャスミンの花の香りを彷彿とさせる香りが残りました。



あ~生き返ったわ~と大袈裟に喜んで店を出ようとしたら、
入ってこられたのは俳優の國村隼さん!?でした!

よくいらっしゃる様子で、車を停めサンダル履きで小さい車の助手席に。
アウトレイジからいいオヤジさんまで幅広く好演出来る好きな俳優さんです。
今日の國村さんは、後者、
一保堂にアウトレイジでは目立ち過ぎだな(笑)


たまに見かける著名人、
京都ではオフな様子で声などかけられません。
そっと見て、
後でニヤニヤ、「見たでえ~」と。


思いがけずおまけ付きのお茶時間、
さあ、また一週間頑張ります!

# by marrone-marrone | 2017-09-03 22:18 | 京都おでかけ | Comments(0)

新学期

秋の気配がしてきました。



最後の力をふり絞って夜に鳴く蝉。
カサッと地面に落ちる音。

物悲しくなるが、
与えられた命を全うして次へつなげている。

終わりは始まりでもある。
そう思わずにはいられない、夏の終わりです。
a0219573_23093490.jpg
一方、
暑さで萎れていた鉢植えが元気を取り戻し始めました。

新学期も始まりました。
アトリエには明日から新しい小さいお友達もやってきます。
今から準備、始めます。

# by marrone-marrone | 2017-09-01 23:22 | ひとりごと | Comments(0)

おかえり!帽子。

新幹線内で忘れた帽子が戻ってきました。


a0219573_22373081.jpg
「くるくる丸めて紙袋に入れて送ってください」

お願い通り広島忘れ物センターから送られてきました。
丁寧にビニール袋に入っていました。


少しは型崩れしているものの、付き合って長いこの帽子。
こうして帰ってきたのだから益々愛着もわく。

帽子の型で整え、ささくれをカットして
これからもよろしく。

帽子の広島迷子旅の料金は620円也。


# by marrone-marrone | 2017-08-31 23:03 | ひとりごと | Comments(0)

旅した帽子

東京発のぞみで帽子をわすれてしまいました!


京都で降車してホームを少し歩いて気付く。


おお!ドアは開いている!
戻れるか!?

あかんあかん。
いくら何でも、そんな変な自信、もう若くない。

日本が世界に誇る定時運行を妙なことで汚してはならぬ!
と、言うか帰宅して夫曰く、
「帽子は見つけても発車して、どこまでいくつもり??」と。
ほんまや~


事情を伝えて渡された「お忘れ物をされたお客様へ」という紙は、わら半紙で文字が小さくて老眼には解読不能~
問い合わせの電話番号は小さすぎてつぶれて8なのか6なのか?
こうなったら好きな方の数字で決めるしかない!


電話をかけると、自動音声さんがウェブサイトの問い合わせもあると言う。
それもしたが、機械より人の声がいいの。

大阪までは東海、
広島は西日本と、そんなの知りません!でも、人の声で聞くと仕方ないなあと納得できる。
機械苦手、
喋りは得意!

で、電話ですぐに帽子がどこに行ったかわかりました!
広島にて「保護」されてると。
帽子の特徴を説明するうちに、昔我が子がショッピングセンターで迷子になったのを思い出す。
(兄弟はあの時、母親より早く迷子になっていることに気づき母親の名をアナウンスしてもらいに行った)笑

丁寧な対応で、広島まで受け取り行くか、着払いでお届けかと。


ここまで円滑に進んだのは、指定席だったから、号車や座席番号がわかっていたためです。


広島、私も行きたかったな~
帰ってきたら帽子に広島珍道中聞いてみよう。



# by marrone-marrone | 2017-08-30 00:36 | ひとりごと | Comments(0)

冷凍むかん??

新幹線のホームにて。
a0219573_23130064.jpg
え・?



あ、
もしや皮を剝いて冷凍したみかん?


ちょっと見てみたかったな。

「あります」でなく「こざいます」がいいな!

# by marrone-marrone | 2017-08-29 23:17 | ひとりごと | Comments(0)

出来ました。

この前のカップは完成して、

a0219573_20223561.jpg



ソーサーは、
a0219573_20234911.jpg
それぞれ色を変えてみました。



これで良かったのか良くないのか、
自分でやっているとわからなくなるんだな、これが。


とにかく、老眼が進んで
眼鏡が二つに、
コンタクトに、
超接近の裸眼というときもあって、
頭に眼鏡二つ乗っけておいて、「眼鏡はどこだ!」笑


さて、
このカップではコーヒーを飲みたいな
そんなことを思いながら描きました。




# by marrone-marrone | 2017-08-25 21:06 | ポーセレン | Comments(0)

今、描いてます

a0219573_20074688.jpg
先日買った深川製磁のプレートは……







今日現在、
a0219573_20123002.jpg
こんな感じになりまして。。。


思いつく「秋」を散らしました。
まだ未完成。
このお皿には大きくカットしたきなこクリームたっぷりのシフォンケーキ、乗っけたいな!





同時に
a0219573_20145793.jpg
途中でやめてしまったセットをまた描き始める。



最終的には飼い犬マロンがチラリ、入ります。

変??





# by marrone-marrone | 2017-08-25 20:31 | ポーセレン | Comments(0)

展開癖

結婚前、寝具メーカーのデザイン室に勤務していました。

もとになるデザインを価格や用途により展開することも多かったのでいまだに
それが私のものつくりの癖になっているようです。


今描いているカップ、
a0219573_14044600.jpg
一客ずつ別柄で展開。。。


同柄でもええのに展開したくなるというか、気が付いたらしてしまっている。
だから、ああでもないこうでもないと時間ばかりかかって。。。


a0219573_14074145.jpg
売れ筋や価格帯を考えなくてもいい自由なものつくりが出来るようになった今も、展開展開と思っています。

昔付いた癖はなかなか取れないということか。




また、在職中はベビーものやメルヘン調の仕事が回ってくることが多く、もっとク~ルな図案描きたい!(描けないのに笑)と心が叫んでいた。
しかし、それも、
a0219573_14215210.jpg
やはり染みついた自分の癖というのか。


この前の深川製磁、
a0219573_14263729.jpg
昨夜デザインを下描き。
またまた四枚、四季に展開。

展開展開

抜けない展開癖は私の影法師のようについてくる。

# by marrone-marrone | 2017-08-19 14:30 | ポーセレン | Comments(0)

アボカド~!

a0219573_13034158.jpg
大きくなりました!



どんどん伸びて、
a0219573_13041489.jpg
天井にあたりそう。

試しに「剪定」したら、
「枝分かれ」して、おもしろい樹形になってきました~。


もとは、食べた後の種を植えたもの。
a0219573_13054282.jpg
こちらは一昨年もの。



お客さんはたいていこう尋ねます、「実はなるの??」


???
食べた後の種がここまで育つことが面白くて実がなるとか、その前に花が咲くとか、
そんなこと考えたこともなく、ただ面白いわあと喜んでいるだけです。
そして、愛おしい(笑)


鉢に植える前に、ヒヤシンスなどの球根花の水栽培の要領で根っこを出してください。
あとは、あきらめず期待して待ってあげて。


# by marrone-marrone | 2017-08-18 14:21 | ガーデニング | Comments(0)

ブラックベリーのジャム

庭の片隅に植えているブラックベリーが黒くなったら摘んで、冷凍保存。

お盆ごろに、
a0219573_18260202.jpg
冷凍庫から出してジャムにします。



a0219573_18271130.jpg
ブラックベリーは種が固く食感が良くないので煮てから濾します。

更に量は減ります。


しかし、毎年の作業なのでやめるのが気持ち悪い。
面倒だけど作ってしまう。
カマンベールチーズに添えると美しい。


庭に少し残した実はカメムシとかナメクジとか、
あまり歓迎できない虫が食べるようです。
それもいいやと置いときます。

a0219573_18342784.jpg
今年は、多く成ったので飾ってみました。







# by marrone-marrone | 2017-08-16 18:40 | 食べ物 | Comments(0)

サマーカット!

a0219573_17495162.jpg
ちょっとびっくりしました!


a0219573_17510999.jpg
いつものマロン










a0219573_17521348.jpg

「サマーカット」したと夫曰く。



犬用バリカンに買い替えたら、あまりに気持ちよく刈れるからとお盆休みはカットばかりしている。


マロンはどう思っているのかわからないけれど、ええの??
五分刈りの少年みたいやなあ、女の子やのに。





# by marrone-marrone | 2017-08-15 18:10 | 愛犬 | Comments(0)

清水寺、千日参り



今年も夕方から出かけました。
清水寺千日参りです。

お盆を迎えて風が涼しくなりました。

a0219573_13153954.jpg
この日一日のお参りは千日分の功徳に相当すると言われ、多くの参拝者が訪れます。

本堂内内陣を拝観し、願い事を書いたろうそくを献灯し、新しいお札をもらって帰ります。
30分ほど列に並びましたが、今年はお参りの列に観光客を多く感じました。

更に列に並ぶことになる「胎内巡り」はやめて、音羽の滝へ。

a0219573_13322453.jpg
滝は三つありまして、

列の手前から、「健康」「恋愛」「学業」のご利益が授かるのだとか??
順を待つ人がある中で思う滝を選んでいるゆとりはありません。
空いた滝の前に立つ。。。

夫は「学業」
私は「恋愛」とは???

ちょっと困りながら頂いてきました!

a0219573_13404522.jpg
舞台は修理工事のため2020年まで巣屋根に覆われています。



a0219573_13453492.jpg
夏の夜の京都清水寺
年間550万人が訪れる屈指の世界遺産。
京都に生まれ暮らしていると、わざわざ人の多い観光名所に行かないわとなるところ。

しかし、行ってこそ感じるその魅力というのもあります。


a0219573_13503226.jpg
清水寺までの東大路から八坂の塔を正面に、
推定創建592年、
その後の焼失で再建が室町時代中期1440年頃という塔を見上げ、
二年坂を通り清水寺へ。

参道の魅力、舞台からの眺め、
清水には人を引き寄せる魅力が確かにあります。

千日参りは16日まで
夜間拝観は16時30分~21時















# by marrone-marrone | 2017-08-15 14:39 | 京都おでかけ | Comments(0)

お母さんのかぎ針編み

夫の母がくれました。
a0219573_22272267.jpg

最近、手先を動かすのがよいとかぎ針編みをしているんだそう。

エコたわしです。


私だけでなく、お嫁さんたちや娘の分も編んでくれました。
ばらばらなようで色々と顔を思い浮かべて編んでくれたらしく。ひまわりの好きなお嫁さんにはひまわりなんだとか。


うれしかった。


自分のためでなく誰かのために手を動かす時間は幸せな時間だから、お母さんがしっかりそういう時間を持っていてくれていることが嬉しいな。
嫁や孫、曾孫にと贈りたい人が周りにたくさん居るのもお母さんにとっての幸せです。




# by marrone-marrone | 2017-08-14 23:07 | ひとりごと | Comments(0)

年はとるもの、されど。。

10代のころの友人たちとのライン。

今日は愛宕山に登ってきたという友人が皆の健康長寿を祈願したよと。
皆、ありがと~と感謝の返信。


そのあと、首や腰や膝云々、、
それぞれに痛いところがあると。
掃除をして熱中症になりかけたのもどうやら私だけではないと知る。


a0219573_20304476.jpg
それぞれの持ち場で、それぞれ齢を重ねてるんだな~なんて思った。

ちょっと足りないなあ、潤い。
ちょっと足りないなあ。馬力。
いろいろ感じるようにはなってきた、そんな年頃ですから。

それで、
いつも自分に問いたい言葉、
子どものような柔らかい心と大人の品性、持ってますか~??と。

これがなかなか難しい。

肉体の衰えに反して魂の成長は永遠と思いたい。


# by marrone-marrone | 2017-08-12 21:00 | ひとりごと | Comments(0)

深川製磁の白磁

楽しみにしていた五条坂陶器市。
夕方涼しくなったら行こうと、昼間家具のけ掃除などやっていたら目が回ってしまった。トホホ。。。行けなかった。



そして今日、久しぶりに出かけたデパートで珍しい白磁を見付けました。
a0219573_21215592.jpg
深川製磁
もともとは絵付けが施されるものが白磁のまま。
珍しいとのこと。

a0219573_21223847.jpg
ローマ字表記


二枚組で販売。
良品ですからお安くはなく、下手に絵付けしてもなあと迷う。
横で夫は販売員さんと「買う気」で会話をしている。
どうしよう。。

じゃあ、4枚!ください!


あ、決断してしまったよ。

一応、何を描こうか、決まったから買いました。
四季です。


さて、その前にもう一つ

a0219573_21212330.jpg
こちらも深川製磁

期間限定のスターターセットやらで大鉢、中鉢、豆小皿のセットです。



a0219573_21213885.jpg
このように重ねて収納できるので助かります。


思い浮かんだのはおはぎ!と黒豆!
まだ自分の物にもなっていない器を眺めて何を盛るか?すぐに絵を描いてしまう癖が昔から抜けません。

すると、
横で「おはぎでも盛ったらええなあ~」と夫が言うのでびっくり!



深川製磁は私にとって特別なもの。
祖母が桜と流水絵付けの煎茶揃いを譲ってくれたのが初めての出会いでした。
陶磁器の価値もわからないその頃の私でも、手にしたときの感触は特別感がありました。
言われずとも大切にしなければならないと、
もしかしたらその出来事が磁器や絵模様に興味を持つきっかけになったのかも知れません。



陶器市へ出かけることができなかった今年ですが、
思いがけず深川製磁の器と出会い、また自分に課題も作ってしまいました。


大丸京都店で数量限定で販売されています。
スターターセットは別種類のものも素敵でした。(私のは古いタイプ)


# by marrone-marrone | 2017-08-11 22:19 | ポーセレン | Comments(0)

有るもの賄い晩ごはん

今日は本当に暑かった~!

買い物に行くのが億劫で、夫と二人ゆえ家にあるもので賄いサンデーです。

おやつが欲しいなあ~
と言われて
はい!
a0219573_14435275.jpg
ちとさみしいな。。。





晩御飯は、
a0219573_14572501.jpg

タンドリーチキン



これに小豆ご飯、夏野菜のカレー炒め、トマトのサラダ、納豆汁に毎日のぬか漬け
インドと日本とイタリアと、
テーブルの上で世界旅行やん?ヴァカンスやん?!
と有るもの賄いを楽しく弁解。


明日は雨の予報。
買い物行かないと。

明日から五条坂陶器市が始まります。
台風の雨の影響気になります。

# by marrone-marrone | 2017-08-06 19:09 | 食べ物 | Comments(0)

下山後のたのしみ

a0219573_13190522.jpg
安曇野





a0219573_13242817.jpg
梅雨明けをしてもなお梅雨空続きという安曇野。

広がるりんご畑、
秋の収穫、日照不足による影響がありませんように。


a0219573_15385092.jpg
水辺の景色、

ここではアジサイが見頃でした。




a0219573_15414819.jpg
a0219573_15423780.jpg
たまたま通りがかり、美しい景色に出会うと心が躍ります!


山ではカメラを持って歩く余裕はなく、下山してカメラを手にしたとき、
そして、
美味しいその土地ならではの農産物を選ぶというのが私の下山後の楽しみです。



京都では買えない、朝摘みのブルーベリーとルバーブを買いました。


私の夏休みはこれでおしまい!
明日からまたがんばる!























































































































































































































































































































































































# by marrone-marrone | 2017-08-04 15:58 | ひとりごと | Comments(0)