籠の中の小鳥

大掃除をしていたら、未完成のまま放置していたものを見付けました。
a0219573_21051668.jpg
籠の中の小鳥。
なんかかわいそうや。



もともとは絵付け用の白磁。


最近の私の趣向じゃないなぁ。
と思いつつとにかく仕上げないと勿体ないしなあ。



a0219573_21090510.jpg
そうや!
蓋の裏側に「空」を描こう。




いや、
a0219573_21105317.jpg
逃げられるようにこうして開けておこっと!



「かわいい~!」と思って買うたのに今は思わへん。
どういうことやろなあ?





# by marrone-marrone | 2017-12-17 21:21 | ポーセレン | Comments(1)

今年のレッスン終了

昨日、今年のレッスンは終了しました。

ボックスアートは完成した人あり、来年度に仕上げをする人あり
それぞれ納得いくまでやりましょうということで。

a0219573_11343808.jpg


年に一度のガスの安全点検に来てもらったら、来年のカレンダーをもらいました。
とてもかわいいカレンダーでした!

「これは使える!」と
翌日の子供アトリエで「材料」になりまして、皆で切って貼ってボックスアートの仕上げに重宝しました。



a0219573_11351398.jpg
このままだと全部なくなってしまうな


ガス屋さんにすぐに電話してお願い
快くもう一部届けてくださると、
よかった!




a0219573_11345536.jpg
たくさんある中から好きなものを選んではさみで切る。。

画用紙に貼って立たせることもできます。
実は私が子供のころよくやった遊びで、デパートのカラー刷り広告が大好物でした。
昨日も子供たちはこういう作業をとても楽しんでやっていました。
a0219573_11342082.jpg


迎えに来られたお母さんに、自分の工夫どころを解説したり、
床に落ちた切りくずを箒で掃いてくれたり。。

こうして今年も無地に終えることが出来ました。


今日も冷えています。
今年は例年より寒そうです。
風邪をひかないように、
クリスマスの会も、元気に!

# by marrone-marrone | 2017-12-17 20:16 | 子どもアトリエ | Comments(0)

犬も寒がりなんやね?

マロンにダウンベスト着せてみました。
a0219573_21343681.jpg
40年前?!だと思う、アルバイト料で買った初めてのダウン。

着ていないのに思い出があってとってあったもの。
マロンが寒そうにしていたのでちょっと着せてみました。

すると、
a0219573_21450857.jpg
この二日間離さず。




敷物にしている!

a0219573_21465214.jpg
プレゼントするよ!




鼻を突っ込んで寝るからぴゅ~っと寝息がする。





今日は本当に冷えました。
買い物の途中、氏神さんにお参りに立ち寄ると、
a0219573_21521696.jpg
もう来年の大絵馬が飾ってありました。



# by marrone-marrone | 2017-12-14 21:56 | 愛犬 | Comments(2)

ボックスアート、順次完成!

靴箱利用の今回の工作は出来上がりは本人次第、
納得いくまでやろう!
ということで、完成した人、熱い思いを来年度に持ち越しの人といろいろです。


昨日完成の、
a0219573_08230084.jpg
パン屋さん!




a0219573_08234982.jpg
これ、靴箱ですよ!

a0219573_08243233.jpg
彼のこだわりは石を敷き詰めた床なんです。





靴箱。。
ずっと前からこれは使えるなあと思っていました。
私自身が何か作りたくて仕方なかった素材でした。
その思いが伝線したのかな?

みんな素晴らしい力作を製作中です。



もう一点、
a0219573_08264137.jpg
レストラン~!



a0219573_08305549.jpg
彼のこだわりは食材と白い紙を穴あけパンチで開けたレースのカーテン。


特に穴あけ作業は夢中でしたね!
「昔はなあ、切符はこんな風に駅員さんが穴を開けてはったんやね~」とまた遠い話をする私に付き合いながら、
時には熱心に、時には「できひ~ん」とヘルプを要請しながらも見事に完成しましたね。








a0219573_08504886.jpg
現在進行中の作品

a0219573_08514091.jpg


それぞれの思いがいっぱい詰まった靴箱になりそうです!

# by marrone-marrone | 2017-12-13 08:52 | 子どもアトリエ | Comments(1)

今日が大事なんや

冷蔵庫の掃除をしました。



何も「お宝」は出てきませんでした。。。
忘れていた何かおいしいもんとか、
こんなとこにあったんやあというような賞味期限切れの何かとか。
ちょっとがっかり。

家族が多かったころは余計なものも多かったな。

この頃は物に関しても、気持ちの上でも、
「今」に意識を置くようにしている。


昨日じゃなく、明日でもなく
「今日」

昨日はもう過去。
明日は「今日」を一生懸命過ごしてやってくるのだから、
だから「今日」が大事。

そんなふうに思うようになったら用事が何だかとてもはかどる様になりました!


# by marrone-marrone | 2017-12-12 20:55 | ひとりごと | Comments(2)

招き猫出発!

ここしばらくクリスマス関連の作品作りに追われていましたが、
合間に「招き猫」も描いていました。

そして、やっと完成です。
a0219573_20511407.jpg
この猫ちゃんはあす東京へ旅に出ます。


時々画材を購入するお店の「招き猫選手権」という企画に参加です。

締め切りギリギリだ~
いってらっしゃい!

# by marrone-marrone | 2017-12-11 21:01 | ポーセレン | Comments(0)

もうすぐクリスマスですよ!

クリスマスが近づいて来ましたね。

クリスマスのお話をしながら絵を描きました。
a0219573_10165785.jpg
サンタさんですね!?

袋にいっぱい、プレゼント。
今頃はサンタさんもさぞ忙しく準備中かなあ?



a0219573_08165797.jpg
そういう話になると、
最近は子供たちの方から「真実」の指摘を受けるようになりました。笑


私が子供だった頃の遠い話をそっと聞いてくれる場面もあります。
勉強が必要ですな。



a0219573_08153533.jpg
アトリエでもクリスマスンの会を予定。
今年は趣向を変えてホットプレートでいろいろ作ります。


風邪をひかないように!

# by marrone-marrone | 2017-12-11 10:25 | 子どもアトリエ | Comments(0)

来年は戌年!

a0219573_23220556.jpg
マロンです。



毎朝の散歩、
私が靴を履き、戸締りをしてこの扉を開けるまでこうして待っています。



「シッコシ~!」と言えばオシッコをするし、
「寝んね~」と言うと瞼を閉じる。
素直過ぎておもしろい。


毎日同じことをしてもらえることにマロンは安心を感じている。
散歩から帰ったら水道の蛇口を開けてもらって水を飲む。
もういいだろうと閉めると「もっと」と、言わないけれど目で訴え離れようとしない。
開けて閉めて三回繰り返すとボールをくわえて遊んで!と言わないけれど、訴える。

ボールを投げてやりマロンが持ってくる、
これは4、5回繰り返さないと。

それから、仰向けになる。
お腹やももの裏側を「触って~」と言わないけれど言ってるような目をする。

種類が違うのに、会話が無いのに、
分かり合えた気になるから犬はおもしろい。

来年は戌年!









# by marrone-marrone | 2017-12-09 00:10 | 愛犬 | Comments(2)

旧三井邸下賀茂別邸へ

a0219573_15052916.jpg
陽だまりがとても気持ち良かったです。


ここは旧三井家下賀茂別邸、一階のお座敷です。
古い建物、
強いて言うと社寺仏閣以外の旅館や個人邸宅の明治以降の建物にとても興味があります。

というわけで、今年最後のお出かけに秋の特別公開中の三井家別邸を選びました。



a0219573_15160756.jpg
庭から見た母屋と茶室


a0219573_15165925.jpg
木造三階建ての三階部分が望楼になっていて木々の緑の向こうに大文字山など東山が望めます。
残念ながら望楼は非公開でしたが。


大正14年建築、
昭和24年、国に譲渡されその二年後から平成19年まではすぐ北隣にある京都家庭裁判所の所長宿舎として使用されていたそうです。



a0219573_15261314.jpg
茶室への渡り廊下の軒下、




a0219573_15265294.jpg
浴室の天井のユニークな意匠は湯気を逃すための機能を備えているそうです。


a0219573_15295223.jpg
南に苔庭、そして瓢箪型の池に石橋、



a0219573_15311376.jpg
天気も良く池に映る建物も美しい。

建物は開口部が広く陽ざしが差し込み、また天井が高く感じました。
洋式の生活に使われたようです。

12月15日から25日は茶室で現代作家の作品展示「現代アート展」を開催。
18時から21時はライトアップ演出が開催予定。


入場料はおとな1200円とか。
通常の倍だな。。


紅葉も歴史的建造物も妙に色付き光にあてなくてもええのに。

と、
思ったりしてしまう私は古いタイプ??かな。




# by marrone-marrone | 2017-12-04 15:48 | 京都おでかけ | Comments(0)

出町はバードサンクチュアリ??

今日はいい天気でした。

a0219573_22582813.jpg
陽ざしがいっぱいでした。



暮れでやること山積ですが、陽ざしに誘われ出かけました。
a0219573_23014319.jpg
出町にはあのトンビが多数旋回していました。
多すぎる!


思い出しました。。。
トンビの向こうに見える「大文字山」で夏におにぎりを奪われそうになったことを。
袖に穴が開いた。

河原にいる人は気をつけてください。


a0219573_23085824.jpg



それにしても、きれいに飛ぶなあ。

カラスも鳩も及ばない悠然と旋回する様には思わず見とれてしまう。



水面には鴨も遊び、
鷺も、ユリカモメも来るんでしょう。
出町はバードサンクチュアリのようです。


今日は公開中の旧三井家下賀茂別邸へ行ってきました。


# by marrone-marrone | 2017-12-03 23:19 | 京都おでかけ | Comments(4)

次の芽

法事で夫の実家に集まりました。


両親はもとより、夫のおじ、おば、
甥っ子たちとそのお嫁さんに子供たちと総勢20名超。

3歳だったかな、
「おじいちゃん!」と小さい手が襖を開けて呼ぶ。

すると、
4、5人が自分が呼ばれたと振り向く。笑。

みんなおじいちゃん!


世代交代

a0219573_19092555.jpg
おおばあちゃんの25回忌。

きっと目を細めて喜んでおられると思えた。


もう葉っぱは散って無くなってしまったけれど、その枝には次の芽が準備されている。
命を繋ぐ意味を教えられる。



# by marrone-marrone | 2017-11-26 19:14 | ひとりごと | Comments(0)

金戒光明寺の紅葉を見に。

先週のことですが、
左京区にある金戒光明寺(京都では黒谷さんと呼ぶことが多い)へ行ってきました。
a0219573_21241068.jpg
山門、
秋の特別公開中(12月3日まで)です。
だいたい京都の紅葉の見頃がこの期間に集中するので、混雑は必須です。


a0219573_21274006.jpg
紅葉の一番ええ時を遠くから来てくれはる方々に見てもらうとして、
私らはいつでも見られるし、
とか言うてると、これがあかんのです。
見逃してもう何年。

むしろ、よその人の方が京都に詳しくて教えてもらうことまで出てきました!

a0219573_21242178.jpg
名の知れた所は人がいっぱい。



a0219573_21252320.jpg
それでというわけやないですが、
こんな写真を撮ってみたり。
墓地の脇道に咲く菊の花。

金戒光明寺には、京都の守護職だった会津藩の墓地があります。
ここ黒谷に本陣がおかれていたからです。



秋の特別公開中は、京都Skyクラブのボランティアによる案内があります。
その中で御影堂の虎の襖絵は興味深かったです。

この襖絵は比較的新しく、それまでは想像で描かれていた虎を
動物園での写生を経て描かれているため一段と写実的です。

そして、仕掛けがあります。
4頭の虎が描かれているのですが、
「お待たせしました」とふすまが開くことで2頭になったり、

見る角度により、お腹の大きな母虎が子を産んで細くなって見えたりと、
客人を退屈させないための仕掛けです。

ボランティアの肉声で説明を聞くと理解しやすく印象に残ります。



a0219573_18502860.jpg
亀や~!

(逃げたコジロー思い出す。。。。)



私個人的感想ですが、
今年の京都の紅葉は赤の色が冴えない気がしています。


12月最後の日曜まで特別公開中です。

名所旧跡のみならず日常の景色の中に美しい色を探したいと思います。








# by marrone-marrone | 2017-11-26 18:58 | 京都おでかけ | Comments(0)

お喋りしながら、

先週に引き続きボックスアートの続きですが、
インフルエンザでお休みあり、今日は一人。

ゆっくりペースでお喋りしながら
a0219573_20261285.jpg

今日は紙粘土を使い始め、
お店にパンが並び始めました!





a0219573_20255199.jpg
陳列棚を付けるときののりしろの場所、

パンを入れるバスケットなどなど。


少しアイディアを提供してあげると一層楽しんで制作してくれます。
そして、自分の手で作った経験と自信が次の創作の意欲につながります。

私も、多分そうやって大人になってきたように思います。



# by marrone-marrone | 2017-11-21 20:44 | 子どもアトリエ | Comments(0)

ボックスアート

開閉式の蓋付きの箱、
たとえば靴箱。

これを使って箱の中に自分の作りたい「景色」を作っています。

a0219573_09164149.jpg
まずは色塗りから。



a0219573_09171786.jpg
縦にしたり横にしたり、


a0219573_09184525.jpg
まだ制作中ですが、これは宇宙空間。
天の川を挟んでひこぼしさんと織姫さんです。

二人が会えるように「橋」も付けました。




a0219573_09220969.jpg
こちらは、「竜宮城」
紙に粘土を付けて、ここは作者にとっての一番の見せ場だそうで「よっしゃー!」と夢中でした。笑



他にもよく行くというレストラン、
パン屋さん、
八百屋さんなどなど、
靴箱が少しずつ自分の作りたい「景色」に変身中。


捨てるもの、
身近な材料で思いがけずいい自己表現ができたときはとても嬉しくなりますよね!
そういうことを体験してほしいと思います。


急に冷え込んできて、アトリエをお休みする子供たちが出てきました。
インフルエンザも流行りだしたようです。
行きたいからとお母さんに熱をなかなか測らせてくれなかったとか。

しっかり養生してくださいね。
待っています!


# by marrone-marrone | 2017-11-20 09:36 | 子どもアトリエ | Comments(0)

愚痴

こんなこと書いちゃっていいのかなあ、


松本で一人晩御飯で食べた信州そばは、今思えば笑えるほどまずかったのです!
天ぷらで気持悪くなる以前に、お蕎麦がいけなさ過ぎた。
a0219573_19471728.jpg
お箸でそばを取ろうにも、固まりあってほどけない。
ほどけないので大口開けてほおばったけれど、団子を食べているようでとても蕎麦を食べている気がしなかった。
目隠しをしていたらでんぷん団子。風味もなかった。


その場ではこんなもんかと思っておいて、
後から、それも数日たってから「あの時の~!」と思い返しては悔しがる事がよくあるちょっとズレたいやらしさのあるワタシ。

特にお金を払ってまずいものを食べた時の思いは尚更で。


ちょっと愚痴ってみました!スミマセン

a0219573_19590596.jpg

その店には干支の絵皿が飾ってあって、
これは、おもしろかったな。

巳年、「ことしは、ひとかわむくよ」とか。

戌年、「わたしはまけいぬにあらず」とか。

でんぷん団子ほおばりながら一人笑った。


でも、二度と行かない、と思える蕎麦屋さんでした!

# by marrone-marrone | 2017-11-19 20:10 | 食べ物 | Comments(0)

胃腸を冷やさない大切さを実感

今回の一人旅、

夕食にホテルの人に「近くで美味しい信州そばのお店」を尋ねて出かけました。

あっさりいこう!
山かけとかね。


が!
a0219573_15492256.jpg

通された大テーブルの隣のおじさんが美味しそうな天ぷらほおばってる!

あれにしよ!



滅多に食べない天ぷらを頼んだ。

そして、
夜中にお腹、気持ち悪くなった。



そんなデリケートな胃腸の持ち主ではないはずが、量が多かったようです。
昭和な私は「残す」ということに抵抗感がある。

夜中、足元の湯たんぽをお腹近くに置きました。
消化を助けたいという本能かな??


a0219573_15575175.jpg
朝はいつも通り回復していて、


a0219573_15590564.jpg
たまたまいい席に通されて、北アルプス望みながら朝食を頂けました。



体が弱っているときの保温の大切さを実感しました。







# by marrone-marrone | 2017-11-18 16:04 | ひとりごと | Comments(0)

何年振りだろう、ひとりホテル泊


a0219573_09194243.jpg
松本の朝



用事で長野へ行っていました。

今回はひとり「鉄旅」でした。


きっと寒いだろうと厚着をして出かけた松本は、京都と同じくらいの寒さでした。


冬の旅の必携、
a0219573_09270494.jpg

a0219573_09283347.jpg
これ、旅行用加湿器です。




a0219573_09291187.jpg
小さいながら抜群の性能。


ホテルの加湿器プラス、枕元に置くと顔の乾燥、喉の乾燥から守ってくれます。






a0219573_09320489.jpg

書店で興味ある本に出合ったので、
一気に読みました。

いい本でした。



# by marrone-marrone | 2017-11-18 09:36 | ひとりごと | Comments(0)

秋の優しい雨。

このところの晴天続きで
毎年美しく紅葉するトウカエデは色づく前に地面に落ち始めていました。

今日は雨、そして霧の一日。
必要な水分を得て
にわかに美しく色づいた様に見えます。

秋が深まってきました。

a0219573_20085734.jpg
アジサイの葉も季節の色をまといはじめ、






a0219573_20102702.jpg
クレマチス「ヴィクトリア」が最後の花を咲かせています。




a0219573_20130494.jpg
「これ何??」とみんなに聞かれた小さい双葉は「ジキタリス」の芽。
先日ポットに移しました。




今日のように雨が降り、

おいしそうなお芋があり、
牛乳と卵も冷蔵庫にあったので、

サツマイモプリン焼きました。
a0219573_20181178.jpg

こう見えて、プリンです。




晴れた日は用事が多くて、何も作らない。
今日のように秋に降る優しい雨は何か作りたい気持になる。

丁度明日はレッスンです。
美味しく出来ていたら出してみよ。




# by marrone-marrone | 2017-11-08 20:46 | 食べ物 | Comments(0)

まずはそれから

庭の花が少なくなり、
部屋に飾るものが無くなってきました。

そこで今年豊作だったレモンでも置いてみました!


a0219573_19222709.jpg
まだ木になっていますが、使う分だけ取ってきて暫く飾っています。

小振りですが、皮が薄く種が少なくほのかに甘味のある美味しいレモンです。
アゲハ蝶が卵を産み、その幼虫がモリモリ葉を食べるので、こんなふうに切れ切れの葉っぱ付きのレモン。





今日は隅っこで咲いているミニバラを見付けました。
a0219573_19371854.jpg
このまま枯れてしまうより、毎日見てあげる方がいいかとキッチンに飾りました。

秋のバラは、春のバラの華やぎには及びませんが
忍耐強さと、寛容さを持っているようで好きです。

この頃は、こういう植物を見ては自分の人生を思ったりします。
私は今どの季節に居るのだろうとか。笑

芽が出て、
花咲き、
実がなり、
種ができる。

朽ちて倒れて、また芽が出る。

人間はあれこれ余計に考える動物ですが、考え過ぎて良いとは限りません。
ふと、身近な自然の中に目を向けたとき、
咲いている花や遊んでいる鳥に教えられる時があります。

「もしもし?考え過ぎやで。
私らみたいに毎日を精いっぱい生きてるか~。
精いっぱい生きてへんから迷うんや~。」
とかなんとか??

久しぶりにシジュウガラが来ていました。



a0219573_20075484.jpg
そして、
恒例のドングリ!



マロンの散歩へ行くたびに夫が拾って帰る。

犬を待たせて無邪気にドングリ拾う夫の姿を思うと可笑しくなる。



夏の喧騒が過ぎ秋深まるこの頃、
シニアな私たちは、何だかしっくり収まるこの季節の中で
これからどんな風に??
と考え始めました。

でも、答えが出ません。
そうだ!お茶にしよう!

まずはそれからや!笑

# by marrone-marrone | 2017-11-05 20:26 | ひとりごと | Comments(2)

来てよし、帰って尚よし!とは?

週末、一週間ほど里帰りしていた娘と孫を見送りに行きました。

a0219573_07495150.jpg
夫は搭乗始まるころから雨の中デッキに立ち、二人が乗る機体を見ている。


私は空港内にあるアクタスのセールを覗いていた。
旋回して雲に隠れる前に走って行って一緒に手を振った。


普通でいこう
と思いつつ、
毎回かなりのオーバーワーク。
朝から晩まで、ねじ巻きのおもちゃのように動き出したら止まらない。
止まらないほど忙しい。


「遠くに住んでいるからこそ出来るだけのことをしてあげたいと思うもの。
そして、また元気に帰っていけば頑張るだろう。」

忙しくてボランティアの例会を欠席するメールをした時の
友人からの返信に心打たれた。


一人で孫を植物園に連れて行って、娘の毎日の大変さがよく分かった。
でも、楽しかった!

孫はいくつかの言葉を覚え、いっぱい食べていっぱい運動して帰っていった。
a0219573_08343534.jpg
そして、
かわいい忘れ物。


私「わすれものしてるで!」

娘「思い出して泣ける??」

とんでもないわさ。
でも、またいらっしゃい!




幼子と過ごして幼子の心を知り、
親になって親の気持ちを知る。
今日という一日で精いっぱい。
これは大変なようで実は有難いことなのかもしれないと思う。

来てよし、帰って尚よし!とは孫のことを言うらしい。(笑)

# by marrone-marrone | 2017-10-31 08:57 | ひとりごと | Comments(0)

「デカルコマニー」

最近の子供アトリエはデカルコマニー。

ケント紙を二つ折りにし、折った片面に絵の具を乗せます。
再び二つ折りにして、
また広げてサンドイッチした絵の具の形から加筆して絵を完成させます。

a0219573_18480577.jpg
4年生女子作品

偶然できた形から想像力を駆使して絵を完成させます。
タイトルも自分で考えます。
「陽気な蝶の女王」だそうです!



a0219573_18561380.jpg
一年生女子
「お花とキラキラパーティー」
左の絵はクラッカーから飛び出したカラフルな紙だそうです。
この部分を描いているときの彼女は、次々に色を変えるのにクレヨンが吹っ飛んでいました!





a0219573_18574761.jpg
こちらも一年生。
タイヤを付けて、車になりました。
タイトルはありません。

私からの提案もしてみましたが、付けないというのも彼女の意思ですから尊重です。



a0219573_19013938.jpg
4年生作品。
現れた丸い形は虫たちになりまして、赤ちゃんが居たり
ピアノを弾いていたり、お化粧をしていたりします。




どの子も描きながら普段の倍近く「せんせい!」と呼びます。
で、自分の描く絵の物語を聞かせてくれます。

子供の生き生きのっている様子、
それは私もテンションがアップします。
一人がしゃべり終わる前に一人がしゃべり始める。
アトリエではよくあることですが、
出来る限り応えたいのであと二つくらい耳が欲しいです(笑)


描きながら、
作りながら、
自分を解放する。
会話する。

ヒトに与えられた歓び。

子供のそういう姿には、たとえ体は疲れても心が満たされます。
そして、またどんなことをしてそういう時間を作り出そうかと
予定をあれこれ考えます。



# by marrone-marrone | 2017-10-29 19:28 | 子どもアトリエ | Comments(0)

亀のコジロー!どこいった~!

25年以上一緒に暮らしたクサガメ、「コジロー」が居なくなっていた!

春夏は外の入れ物で飼っていて、アトリエに来る子供の関心をひいていた。
いっしょに遊んだこともある。

そろそろ寒くなってきたので家の中に入れようと思っていたところだった。



子供たちがまだ小さかった時、大阪の田んぼで見つけた。
石鹸くらいの大きさでポケットにも入った。
今は片手で持つのがきつくなるくらい成長していた。

手のかからない子で、
実は雌だと後でわかったけれど、
もうすでに「コジロー」と子供が命名していたのでそのまま。。
そのあたり気に入らなかったのかも??


人になついていてエサも指先から食べることもあった。

長いこれからの(コジロー)の人生を思うと小さい入れ物の中で一生過ごすのは可哀そうと池に放すことも考えた。
でも、
池の集団になじめるのか?とか、
いや、ほんまは手放したくなかったからか、

そのままだった。。。。



空っぽになった入れ物。
むなしい。


雨の中行きそうな場所を探したけれどいなかった。

せめて、どこかでいきのびておくれよ~

あ~。。。。。


どこかにクサガメ「コジロー」いないかしら。
甲羅に電話番号書いておけばよかった。

# by marrone-marrone | 2017-10-20 12:35 | ひとりごと | Comments(0)

自由に!お気軽に!描きたいものを描く。



今日は絵付け初心者の方のレッスンでした。

a0219573_19491319.jpg
庭にちなんだモチーフを散らした5枚組のパン皿。

同じように見えて、実は季節ごとにデザインは変えてあります。
出来上がったとき小学生のお子さんがその違いに気がついて食卓が楽しくなることを想像しています。
お母さんの手描きのお皿!
どこを探したって同じものは無いのですから嬉しいねえ。


a0219573_19580215.jpg




こちらはお姉さんの5枚組。
体験レッスンで作られたミニバスケットを展開してシリーズに。


お二人は定期レッスンではなく、作りたいものを完成までお手伝いという内容で月一回来られます。


皆さんの個々の希望を聞いて、デザインを考えお手伝いをする。
私にとっても勉強になる楽しいレッスンです。


今年はなぜか早くもクリスマスレッスンの見本も出来上がり、ぼちぼちお申込み頂き感謝です。
紙にイラストを描くように、磁器にも気軽に描きたいものを描く。
一方、
クラシカルなバラなどの花も描く。
どちらもすべて手描きで!

むずかしくないんです、好きになってもらえたら。
好きになってもらえるようにすることが私の仕事で役割と思います。






# by marrone-marrone | 2017-10-19 20:29 | ポーセレン | Comments(0)

信頼を置くドクターとお別れ

a0219573_07535510.jpg
健康診断の結果が返ってきました!
封を開けるのこわっ

一時期指導寸前の数値になった血糖値は正常値。
ただし、コレステロール値は年齢とともにアップ傾向。

こういう美しくおしゃれな軽食はダメね!


にしむら珈琲のバスケットランチ

「いつでも野菜や粘々したものから食べるように!」
「運動してください!」
「食物繊維をとってください!」

長らく担当してもらったドクターの忠告。

物腰は柔らか、しかし厳しく慎重
信頼のおけたこのドクターでしたが他府県へ移動されることになり今回が最後になりました。

以前心ないドクターの言葉に右往左往し、死も覚悟した経験があるので、
私のドクターを見る目はだいぶ肥えてきました(笑)

そうはいっても、選べる立場にありません。
せいぜい人の噂や評判程度。
あとは自分の直観力か?笑

夫婦とも毎年お世話になり信頼を置いた先生とのお別れはさみしい。

女医ゆえにか、私がわずかに凹ました「お腹周り計測」、
見事に見破られ「もう一度!」と怒られた、笑
わずかですよ!わずか。

わずかがわかる、それも信頼置けたポイントだったかな?

次回、どんなドクターと出会うのだろう。

# by marrone-marrone | 2017-10-17 08:47 | ひとりごと | Comments(0)

「くりしぶかわに」

栗の季節です。

今年も丹波栗まつりへ。
私はアトリエがあり、夫に頼みました。

昨年より少しお安く㎏当たり1500円。
a0219573_22535368.jpg
1㎏でいいのに、2㎏も買ってきました。
できれば2Lサイズがよかったのに。。
皮をむくのは私なんだし!


a0219573_22570409.jpg

こう見えて結構あります!

圧倒されてこの日は手を付ける気分になれず冷蔵庫へ。

3日ほどしていよいよ今日こそと
一時間で皮むき、
何度も煮てあく抜きをし、
砂糖を加えて煮あがったのはアトリエの子供たちが来る頃になりました。

ちょっとお味見してみようかと言うと、
にわかに熱心になり、後始末の早いこと!

栗一粒でこうとは笑

「栗の渋皮煮て言うんやで」
と言ったら
「くりしぶかわに」
と付箋に書いていました!笑

皮むきの苦労が報われた気になった瞬間です。








# by marrone-marrone | 2017-10-12 23:27 | 食べ物 | Comments(2)

ガラスのお皿に絵付け

最近の子供アトリエは、

a0219573_21413040.jpg
ガラスのお皿への絵付け。



自分が使うものを自分がデザインする、
それは楽しいことだということが感じてもらえたら嬉しいです。



a0219573_21515380.jpg
描きたいものを描くということで、
いろいろ出てきました!

a0219573_21531617.jpg
ガラス故に下絵を写すように描けるのですが、
距離感がつかめず筆がつぶれて太い線になったりします。


それでもあきらめず、
窯に入れて焼くまでは描き直せます。

どこにもない、自分の手作りがうまくできた時の気持ちを味わって
それがまた次の制作意欲につながっていってくれることを願います。


# by marrone-marrone | 2017-10-08 22:13 | 子どもアトリエ | Comments(0)

月より団子かな

お月さんを眺めての帰り道は、

嵐山「渡月橋」を渡り、
a0219573_21311115.jpg
そこからのお月さん、
少し雲が出てきました。

羽根のように見えます。





a0219573_21464927.jpg
お月さん、お月さんと言いながら、
月より団子の夜です。





満月は明後日とか。
その明後日は雨の予報。

今夜見られなかった人のために、あすもう一度姿見せてください、お月さん。



a0219573_21523439.jpg

# by marrone-marrone | 2017-10-04 21:57 | ひとりごと | Comments(3)

お月さん、きれいやなあ

今夜は十五夜。
お月さん、もう見はりましたか?

a0219573_21044293.jpg
京都、広沢の池に登るお月さんです。



子供のころ、
暗くなった帰り道を
まるく明るいお月さんがどこまでもいっしょに歩いてくれました。

今夜のように雲のない夜空は格別の安心感があります。


a0219573_21184978.jpg







a0219573_21194420.jpg
今日一日が終わります。


一日の美しい終わりの中でいろいろと思いが巡ります。




# by marrone-marrone | 2017-10-04 21:23 | ひとりごと | Comments(0)

粘土の壺

すっかり秋になりました。

日没後の空気が冷たく感じられます。

子どもアトリエは粘土で壺を製作しました。
a0219573_09554701.jpg

着色後の完成作品
a0219573_09564167.jpg
子どもの自由な発想、
a0219573_09574450.jpg
お姉ちゃんの葡萄の実、お月見のお団子のアイディアを真似るうちに、
人の顔になった妹さん。

小さい手の中でコロコロ転がすうちに作りたいものが浮かび上がる、
粘土のおもしろさです。

# by marrone-marrone | 2017-10-04 10:03 | 子どもアトリエ | Comments(0)

箱根

箱根で見つけた愉快な造形!


a0219573_21020511.jpg
a0219573_21021866.jpg
a0219573_21024007.jpg
木を組んだジャングルジムのような中にこんなネットでできた遊具がありました。

私も入ってみたかったけれど、小学生までです!

造形作家堀内紀子氏と建築家手塚貴晴、由比氏によるコラボレーション作品。
手染めナイロン紐が編まれており、子供が中に入って遊べます。
丁度ハンモックのような感覚でしょうか、

a0219573_21012069.jpg

箱根にはミュージアムが点在していますが、
今回選んだのがこの遊具のある「彫刻の森美術館」
小さい子供連れでも十分楽しめると聞き決めました。




a0219573_21030103.jpg

a0219573_21031025.jpg


a0219573_21035338.jpg
広くて空気も美味しく、
解放感いっぱいで、作品たちものびのび展示。

どこにカメラを向けても絵になる美術館でした。



小さなお子さんからお年を召した方まで、
安全で興味深い理想の美術館でした。


# by marrone-marrone | 2017-09-30 15:29 | ひとりごと | Comments(0)